2017年7月31日月曜日

木造家屋と冷房設定28℃の罠

大阪も
スーパー猛暑日まであと少し
(そんな気温まで行かなくて良い)

ヤバイ暑さだった昨日
完全オフの相方は終日インドアを決め込み

エアコンを入れていたのだけど

夕方には
「何かしんどい……」
と つぶやいていた

ちょうデリケート自律神経の持ち主だし
これだけ湿度も凄けりゃ誰でもしんどいわな

と言う事でスルーしたのだけど


本日もヤバイ暑さだった中
完全オフの私が今度はインドア派

そしてエアコンを入れていたのだけど

14時くらいか

「アカンしんどい」

炎天下を自転車で走って帰宅した相方の腕を触ってみると
そっちのほうがヒンヤリ感じて

汗の冷却効果って凄いな!と感心
(気化熱)


いや待て
感心してる場合ちゃう

これは
屋内に居た私のほうが体内に熱が籠もっちゃってるのでは

と ここへ来てようやく気付いた

エアコンの温度設定は28℃だったけど
気密性の低い木造家屋の しかも2階建ての2階

涼しい空気は あちこちから侵入してくる熱波と闘い続けて

室温は30℃あったとさ

という事で

本日の私も
昨日の相方も

おそらく軽く 屋内熱中症

しかもこのパターンは
間違い無く去年もやらかしている

やらかしてから思い出す
1年前の失態

学習しないねえ(´Д` )

2017年7月29日土曜日

お腹がたぷたぷしてきた人、正直に手を挙げなさい

暑さもひどいが
湿度もひどい

真夏を乗り切る体力が試される期間
それが7月下旬

脱水や それに続くヤバイ不調を警戒する相方は
とにかく水分補給だけは怠らず

ぐびぐび

その内容は

湯冷まし&ペットボトル茶が5割
ペプシコーラが1割
コーヒーが1割
倍に薄めた冷蔵ポカリ的なのが1.5割
残り0.5割はアルコール

結果

「ついにお腹がたぷたぷしてきた……」

氷入りのモノは飲んでないけど
冷たい飲み物が大半

それで この有様

この場合のお腹たぷたぷは 胃袋だね
ビール腹たぷたぷ 下腹ぽっこりは元からだからね

( ´_ゝ`)

分かっちゃいるけど止められない
暑い日の冷たい飲み物

お腹が冷えると 機能低下
胃なら当然 消化力の低下
胃袋たぷたぷは 弱ってる証拠

胴体(体幹)の奥は37℃
冬の寒い時期 手足は冷えても
胴体の奥は37℃
肝臓なんかは38℃とかいう話も

活動に必要な温度なんだろうね
或いは 正常に活動していたら
その温度になるのが普通なんだろうね


飲み物に
氷入れるな
しんどいぞ

温かいうどん・そばなどを食べて
なんだかホッコリ落ち着くのも
こんな時期だったりするモンよ


明日の晩ご飯は にゅうめんでもするか


2017年7月26日水曜日

無事終了(だと思うけど)

ひとまずの放送大学第1学期

本日 試験終了した人間だよ

たぶん「無事」終了だと思うけど
こればかりは結果を見なければ分からない

 ともあれ

 ここから





















ここまで











ワンサイクルやってみて

「学習する」という感覚を思い出し
記憶力の低下を嘆きつつ
それでも

また新しい事が分かる楽しさったらないね!
(´∀`)


とはいえ
テストは「単位を取るため」のテストに過ぎない、というのもあって
到底「今回の学びは完了した」とは言えないのだけど

以前 どこかで見た文言

学んだ事は
人に説明出来るようになって
初めて自分の身についたと言えるんだよ

っていうのを 自分なりに実行していかねば!

とは思ってる


学ぶ権利
学べる自由
学びの楽しさ

ありがたいねえ(  ´ω`)

2017年7月23日日曜日

思えば遠くへ来たもんだ

先日 ちょっと思うところがあって

というか

ちょっと血迷って かもしれないけど

買ってみたんですよ























エンディングノート

もちろん自分用

形から入る人間なので こんな立派なのを買ってしまった
(もっと安くて手軽なのもあるようですよ)

ひとまずざっと眺めてみれば
「もしもの時」にどんな情報が必要なのかを確認出来るだろうし
まさに「もしもの時」がやって来たら
身内全員が慌てふためくのは目に見えてるので

ちなみに父は数年前
「終活講座」なるものを受講して
エンディングの段取りはバッチリ

「俺、シューカツしたでな!」と胸を張る父がカワイイ

(  ´ω`)

ネットニュースで流れてくる有名人の訃報を見ていると
自分より若い方々もちらほらと

思えば遠くへ来たもんだ
気付けば人生半世紀の一歩手前
「今は年齢は8掛けで良いくらいだよ」と言われるし
気持ちは永遠の23歳くらいだけど
肉体は確実に衰える

せっかくなら 生きている間は健康に
自分で自分の身の回りを律する事が出来る程度には
元気に日々を送りたいもの

実家に電話をしてみたら
雑談ついでに 傘寿間近の母が言う

「○○(ワタシの姉)が最近言うじゃんね
  『もう私も若くないんだから』って」

うん知ってる ( ´_ゝ`)

年をとるのだけは平等だよ

2017年7月21日金曜日

気付けば試験5日前

市バスに乗れば
小学生の団体さんがわらわら乗り込んできたり

「何か妙に渋滞してるな」と思えば
子供たちが地車を曳く列に遭遇したり

世間は一気に夏休みモードですな

(  ´ω`)


しかーし
こちらは夏を迎える前に
もう一つ やり遂げねばならない事があって











放送大学

どんな形であれ 入ったからには
単位を取りたいもので

単位を取りたいなら
試験を受けねばならないわけで

7月に入ってから
ちょっと身辺バタバタしていて

気付けば試験5日前

脳の記憶機能は 年々劣化しているので
結晶性知能に全てを託す

2017年7月19日水曜日

土用「明けましておめでとう(梅雨が)」

本日は「土用の入り」

そして一気に関東甲信越まで梅雨明けだそうで
気温はそれに相応しい過ぎるほどの暑さ

陽ざしが痛いなあ

(´Д` )


日焼け止めは常備
ホントはそれも塗りたくないほどのズボラ者だけど
前にも書いた通り
焼け焦げ防止のためには致し方なし


日焼け止めは
紫外線をブロックする というのが使命なわけだけど

アレも「ブロックの仕方」に種類があるんだねぇ

紫外線を跳ね返す=散乱剤
紫外線を肌の手前で吸収する=吸収剤

紫外線吸収剤は 紫外線を吸収するだけじゃなく
紫外線を熱エネルギーとかに変えて放出しちゃうんだそうな

吸収された紫外線は
ずっとお肌の上でとどまってるワケじゃないんだね

そんな技を繰り出せるのも 化学のおかげ


すごいな
メトキシケイヒ酸オクチル
ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル
ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
その他 吸収剤の様々な成分
(名前長いけど)


もちろん 紫外線散乱剤も
化学のお陰で どんどん改良されていってるはず

活躍する成分としては

酸化チタン
酸化亜鉛 など

こっちは
ケミカルフリー(ノンケミカル)ですよ
鉱物由来で化学化合物ではありませんよ

とか説明があったりするけど

酸化チタンは TiO
酸化亜鉛は ZnO

どちらも「酸化物」だし
普通に化学式で表せるし という事で

何がどう「ケミカルフリー」なのさ!

と調べれてみれば

どうやら

「ケミカルフリー=紫外線吸収剤入ってません」

という意味なのね(  ´ω`)


およそ 地球上に存在する全ての物質は

生き物にとって「アレルギーの元=アレルゲン」になり得るので

酸化チタンも酸化亜鉛も100%安全とは言えないけども

「ケミカル入り」よりはお肌に優しいというのは あるようだ


モノには必ず裏表

散乱剤はお肌に優しいけど
紫外線ブロックの強さは吸収剤よりも弱い

そして吸収剤は 紫外線ブロックの強さが素晴らしい
けど お肌が荒れてしまう人も少なからずいらっしゃる

日焼け止めへの期待と
日焼け止めとの相性
 メリットデメリット

そのバランスを考えて

それぞれのお肌に合ったものを上手に使って

この夏もどうぞご無事に

2017年7月17日月曜日

そう言えば最近は日射病・熱射病ってあんま言わない

20世紀の頃は
暑さにやられると「日射病」とか「熱射病」とか言っていた記憶

ざっくり違いを述べれば

日射病=夏の陽ざしにやられる
熱射病=高温多湿な環境にやられる

イメージ的には熱射病のほうが重度だったけど
当然 日射病でも命の危険はあるよ

昔なつかしの水銀体温計
 子供の頃
その体温計を ちょいとお湯に突っ込んで
ちょう高速で水銀が動く様を見て遊んだなあ

一度 突っ込みすぎて体温計割れたなあ
(危険)

あの水銀体温計
最高でも42℃までしか表示が無かった

それ以上は測っても無駄だから だね
(恐怖)



21世紀になって すっかりメジャーになった「熱中症」
説明としては

『暑熱環境下において身体の適応の障害によっておこる様々な状態の総称』

建物の外にいるのか中にいるのかは関係無し
熱帯夜になれば 寝ている間にもやられる可能性があるわけで
なんかもうホント 24時間サバイバル

区分は3段階

I度は軽症 日陰で休んで水分補給で何とかなるレベル
II度で中等症 病院にかかり補液=点滴を受ける必要アリ
III度が重症 救急車出動 当然入院レベルだよ



暑い日が続けば体力も削られる
去年は大丈夫だった人も ひとつ年をとった分弱ってるかもしれない
寝不足だったりキチンと食べられてなかったりすると
体力が落ちて熱中症になる確率がじりじりとアップ

我が身の周辺でも そろそろ熱にやられた人が出始めた
休める時には体を休ませてあげよう
エアコンも使うべきところでは適切に

13〜15時の時間指定配達をとりやめた業者さんあったけどさ
みんなも夏は13〜15時の仕事・作業はとりやめて体力温存
そんな事が出来るようになったら良いのに

せめてシエスタしたいものだね
そう スペインのあのステキな昼寝&昼休憩の習慣

2017年7月14日金曜日

京都市バスの車中から

京都・祗園祭の最中=7月に
八坂神社さんへ「厄除けちまき」を戴きにあがる

というのが 我が家の謎のmission


本日任務遂行へと動き
無事にちまきを拝受してから

市バスで四条通を東から西へ

四条河原町から四条烏丸
歩いても10分そこそこなんだけど
この時期は感動するしかない渋滞

基本的に1車線状態
もうもうと真っ白になるほど
ミストが噴出しているポイントが
バス停のサイン


市バスに乗って15分ほどかけて脱出

四条烏丸のちょっと東側には
必ず山鉾巡行のトップを担当する
長刀鉾

そして烏丸通を超えてすぐのところに
今年の1番くじを引いた函谷鉾

市バスの車中から失礼して一枚



























前祭終わるまで寝ずの番だよね
それぞれの山鉾町の皆さん

今年も無事に終わりますように(  ´ω`)

2017年7月12日水曜日

はたらく筋肉にも休息は必要で

筋肉は伸び縮みしてナンボなわけなので

伸びるだけでも
縮むだけでも

イマヒトツ

(  ´ω`)

パッと触った瞬間に「凝ってるな〜」という印象を受ける肩があったとする

でも施術をそのまま続けていると10秒くらいで

「これは……凝ってるのか?」

と 脳内で「ちょっと待った!」がかかる事がある


そう言う場合に多いのは

「ジムに行ってますねん」

というパターン


事務やってますじゃなくて
ジム行ってます

つまり「筋肉ちょう鍛えてます」というお人

だけど
「筋トレめっちゃしてるけどストレッチ全然してない」 というお人

惜しいな
筋トレの後にストレッチ入れたら
たぶん お肉のグレードひとつ上がるのに

ざっくり言えば
筋トレは筋肉を縮める=パワーを出して働くほうで
ストレッチは文字通り筋肉を伸ばす=ゆるんで休憩させるほう

両方揃ってバッチリになるんだよね
働いてばかりじゃ疲れるしイヤになる
筋肉にもオンオフのメリハリは大切

皆さんの筋肉拝見してて実感する


ただし 確かに
筋トレしてはる人の筋肉は
第一印象は固い場合もあるけども
緩むのは確実に早いのよ

なので
「筋トレだけしてんの?何ソレ?!」
とかは思わない

筋トレを続けている人は尊敬っすよ
(ワタシは挫折←えっ)

でも
筋トレせっかくしてるんだったら
ストレッチも入れてほしいな って

そう思う それだけの話

2017年7月10日月曜日

祇園祭のお囃子はBGMでもしっくり来る

京都の7月は祇園祭

祗園界隈はもとより
市内のあちこちのお店でもBGMが祗園囃子になって
風情たっぷり

文字でかいたらコンチキチン
雅なテンポがまたよろしい

(´`*)


対して大阪の7月は天神祭

こちらのお囃子は「地車囃子」とか言うらしく
パターンも色々あるようだけど

パッと出て来るのは
コンコンチキチンチキチンチキチン

疾走感があるんだよね
BGMだとうるさいかも

確認のためググってみれば

チキチンチキチンチキチッコンコン

あっ区切りが違ってた ( ゚д゚ )


そういえば救急車のサイレンの聞こえ方が
ワタシと相方で違うという「サイレン論争」が昔あって

ワタシ→ピーポーピーポー
相方→ポーピーポーピー

まあ分かるからええねんけど



どちらもえらい人出で賑わう祭りなので
今年も我が家は ローカル局のTV中継で涼しく観覧する予定

2017年7月8日土曜日

つぶつぶその後

前に書いてた つぶつぶなぶつぶつ

紆余曲折の末に だいたいの原因は解ったのだけど
その原因を遠ざけるのに もう少し時間が必要な段階

どんな事でも
原因がわかると少しは落ち着けるというか

「何故そうなのか」が全く分からない状態というのは
不安の塊以外の何物でも無い

だから人間は
色々と物事を追求するのを止められないのだろう

(  ´ω`)

だいぶんと時間が経過してから
ようやく気付いた事がある

「つぶつぶの状態にも周期があるぞこれ」

悪化する時期と少し落ち着く時期
悪化するとメンタルに来るのでイラッとするのも同じ時期

悪化と「イラッ」のコンボが どうやら約1カ月ごとにやってくる


女性で一ヶ月周期とくれば
まず考えるのは女性ホルモンの影響

エストロゲン
プロゲステロン

もしやと思って調べてみると

アッサリ見つかった
プロゲステロンの影響ってやつ

そうかーこういう所にも影響を及ぼすのだな
さすがだねえホルモンの威力
侮り難し 体内産生化学物質





2017年7月6日木曜日

身体はちっとも左右対称じゃない

人間の身体は面白い

パッと見だと左右対称っぽいんだが
実は全くそうじゃない

内臓の配置とか ね
(実に上手く体内に収まっているなあとは思う)


そこまで「べろ」っと外の皮を剥がさなくても
たとえば「利き手」「利き足」ってのがあるよね

左と右を 使い分けている
或いは左と右で役割分担して協力している

両利きさんは永遠の憧れ
でも両利きさんも「左右使い分け」はしている

(`・ω・´)


そんな「使い分け」に加えて
仕事の場合
それぞれの仕事で いわば「身体の使い方」の癖がある

両足に均等に体重をかけて
「きをつけ!」の姿勢のままでは仕事は(ほぼ)出来ないからね


「その仕事ならではの身体の癖・バランスの崩れ」が必ずある
 そのほうが その仕事には好都合だから

なので「いつも同じところが凝るし疲れる」というのも
当然っちゃー当然の事なのよ

お会いした時の 第一印象で
「○○系のお仕事な人だな」とピンと来る事もあるし

身体のバランスは その人を語る

要はそれが崩れ過ぎなきゃ ひとまずセーフ

という事で



2017年7月4日火曜日

アゴも大変☆顎関節症

以前の(別の)ブログにも書いた事あるけど

ヘッドリラクゼーションの施術でお会いした
「私、顎関節症(がくかんせつしょう)ですねん」と仰ったご婦人

まあ関西のオバチャンなわけですけど


「長いこと歯医者に通っててね」
「奥歯何回も削られてるけど治らないんよね」

その後すこし話題が変わって

「食べ物はよく噛んで食べたほうが健康に良いって言うやん」
「だからワタシ ひと口食べるたびに50回は噛んでますねん」


ちょっと待て


……ご自身で色々と「健康生活」を調べてる風情だったんで
敢えて声には出さなかったけども

それはアナタのアゴ的にはよろしくないのでは

それと
そのご婦人は
お会いしてからワタクシメがおいとまするまで

ほぼ喋りっぱなし

それもアナタのアゴ的には(以下略)


(  ´ω`)


他の身体パーツと同様に
顎(顎関節)も密かに 多くの大役を任されてる

手持ちの模型…矢印の先にある白い部分あたりが顎関節



















 ほっぺた付近(青色)から側面へと骨の出っ張り(オレンジ色)を指で辿っていくと
耳の穴のすぐ前あたりまでやってくる

そこからチョイと指を下にずらせば だいたい顎関節
指を当てたまま口を開け閉めしてみれば動くので ハイそこね

顎関節はよく使う関節
下顎骨と側頭骨が組み合わさるところ
ダイレクトに骨同士が隣り合ってしまったら骨が傷むので
間には関節円板っていうクッション役の組織がいてる

上の模型だと
なんか小さい白いブロックみたいなのがくっついてるのがソレ

この辺りは
耳に近いし
顎を動かす仕組みは必要だし
その他何やらかんやらで
ゼツミョーに繊細かつ入り組んだ形そして複雑な機能があるところ

下の顎を支え 食事をしたり 喋ったり けっこう働きづめ
ウッカリ横を向いて寝れば 頭の重さで圧迫されもする

何かとストレスの多い場所なので 左右のバランスも崩れたり
それがまた顎関節症の一因となったりする


顎関節症はメジャーな印象
「口を開けたり閉じたりする時に顎が鳴る」という方は多く
時々 痛みもあると仰る場合もあって そうなると何かとしんどい

左右どちらか側だけで食べる(噛む)癖がある人は
そっち側の 顎関節周りの筋肉が発達してるんだよ
これは触ればまず一発で判る

そして左右の筋肉に差があれば
これまた顎関節の左右のバランスが崩れてよろしくない

ついでに
全身は「つながっている」ので
顎関節症も ひどくなれば症状は顎から首肩 腕などにも波及
頭痛の原因になったりもするし 耳も近いから耳の不快感も出たり


治すには
かみ合わせを整えるなどが大切
マウスピース的なものを作ったという方も多いかと

重症ならば 手術なども考えないといけないそうだけど
幸いそこまでには至ってないという御仁は
自己管理そして生活習慣の改善でラクになれたりもするので是非

たとえば

・顎関節や筋に痛みがあるときはまず安静
・大口を開けることや顎の使いすぎに気をつけて悪化を予防
・頬杖をつかない
・ガム、フランスパンの皮、おせんべいなど 硬い食べ物は避ける
・仰向けに寝る 枕は低く

など

ストレスなども顎関節症には良くないし
さっきも申した通り「全身はつながっている」ので

・同じ姿勢を長く続ける事を避け 時々ストレッチで心身のリラックス
・猫背や顎を突き出すような姿勢をとらないように用心する

顔や顎の筋肉もリラックス出来たほうが良いわけで
そういう点では ヘッドリラクゼーションやフェイスマッサージも一役買いまっせ
(  ´ω`)

どうぞお大事に

2017年7月1日土曜日

めっちゃめっちゃ猛暑

テレビから
「スーパー猛暑日」なる言葉が聞こえてきて
思わず振り返った

検索したら
気象庁が言うたと書いてあって

もうネーミング努力放棄してるな

とか思ったり思わなかったり


(  ´ω`)


スーパー猛暑日

関西弁になおしたらたぶん

めっちゃめっちゃ猛暑日


体温超え37℃以上の気温になると そう呼ばれる事になったそうで


昔は30℃超えたら「暑いわ〜」「真夏日やわ〜」だったのに

時代が進んじゃったねえ


炎天下を歩くのは極力避けて
日陰に避難
水分補給忘れずに
そして涼しいところでの休憩なども意識したほうが良いかも

過労 寝不足 食欲不振などで体力削られると
熱中症になりやすくもなる

1に体力 2に水分 3・4が無くても 5に休憩

「こんなにダラダラしてて良いのかな……」
と思う程度で たぶん丁度良い

勤勉も過ぎれば毒だよ
これも一種の 働き方改革と思えば良いんでないかい

( ´_ゝ`)