2017年6月2日金曜日

いきなり冷たい風が吹き抜けたら

6月しょっぱなの荒天は
「ハイごもっとも」と言いたくなるような典型的なパターン

夜になっても家の中がちょっと蒸し蒸ししたので
風を通そうかと窓を開けたら

その途端にヤバすぎる冷たい空気が空を鳴らして

おい何だそのタイミングは

と思う間もなく部屋の中に強風突入


こりゃヤバイってなモンで即座に窓を閉め
ベランダの雨戸も閉めれば

ガタガタガタガタとボロい我が家は揺れ始めた

そして雨がどわ〜〜〜〜〜
雷がどどーーーーーん

そんな空のどんちゃん騒ぎ
40分ほどで落ち着いてきたので

愛知の姉へメールを打った

大阪大荒れしたよ
急に突風吹いて雨がどわ〜〜〜云々

と送っておいたら


それから1時間後にまたメール

「ちょっとぉ〜今いきなり強風吹いてきて
大粒の雨降ってきた!!」

約2時間のタイムラグ
雨雲は順調に移動してたわけで

(  ´ω`)


天気急変のサインについて
お天気ニュースでやっていた

一気に天気が荒れるのは

・真っ黒な雲が近づいてきてから30分以内
・遠くで雷の音が聞こえるようになってから10分以内
・急に冷たい風が吹いてきてから5分以内 

冷たい風が吹き抜けたら もう待った無し
昨日も確かにそうだった

すっかり通常になった「異常気象」
特にこれからが雨の時期

出歩く時はスマホばっかり見てないで
たまには上を向いて空のチェックもいたしましょう

ネットで竜巻注意情報が出た時には
すっかり嵐のど真ん中だった大阪より

2017年5月31日水曜日

肩が凝りますキンコンカン

ふとした弾みに 昔よく聴いた曲とかがいきなり脳内再生される

多いのはやはり 高校から大学の頃に流行った曲
青春のうた


とか言ってる傍らで


もっと時代をさかのぼって
園児 児童だった時代の歌も出て来る

やっぱり童謡が多い
そんな時代だったわけで


ある時

かねがなりますキンコンカン

というフレーズが湧き出てきて
「ああこりゃまた懐かしいのを思い出したぞ」と
うろ覚えの童謡を脳内で歌う


よい子が住んでるよいまちは
たのしいたのしい歌のまち
かねがなりますキンコンカン
めぇめぇこやぎもないてます……


……うろ覚えは怖い

二つの曲をフュージョンしちゃってたって気付いたのが
つい数日前

(´Д` )

前半は「歌の町」
後半は「鐘の鳴る丘」

生きてる内に気付いて良かった

+++++++++++

人間の記憶は
ていうか 自分の記憶は

もうホントに この世で一番 信用ならんと思ってます

それくらい曖昧 且つ うすボンヤリしている


もう十何年前か
「ちょっと参考にお話を」とポリスステイションに呼び出され

こんな事ありましたか
この時どんなんでしたか

雑談の合間に繰り出されるジャブのような質問に
一つもまともに答えられてなかった

そう言われればそんな気もするけど
でもやっぱりそうじゃなかった気がするんですよ

ハッキリ「Yes」と言える事は ひとっつも無かった

誘導されてるっぽい内容もあったようだけど
なにぶん ホントに何も知らなかった事もあり

相手さんとしては成果ゼロ

お開きの時の相手さんのひと言だけは覚えてる

じゃあこれで
もう良いですよ
よく分かったんで
アナタに聞いても何も分からないって事が

(  ´ω`)

すいませんねえお役に立てず

という気持ちでその場を後にした
そんな出来事も 既にかなり過去の薄闇の向こう


記憶は正しいとは限らない
思い出す時にはバイアスがかかるし
後から書き換えられたりもする

19世紀 ドイツのエビングハウス氏は
「人間の脳は『忘れるようになっている』」事を発見したそうな

忘れるという仕組みが元から備わっているのなら
忘れる事を怖れるのは意味が無い

年を重ねれば覚えが悪くなるのは仕方無い
でも諦めちゃダメ

何度も何度も覚え直して海馬に叩き込むのだ
いずれ大脳皮質に長期記憶として保存してもらうために
何度でも

頑張って頑張って
肩だって凝りますよキンコンカン

お疲れ様でんなあ

2017年5月29日月曜日

胴体も固まらせないで

ふと 何となく深呼吸が出来ないぞと気付く頃には
前屈しても鋤のポーズをやっても しんどさそのまま 据え置き価格

いわゆる「脇腹」のストレッチをし忘れていると
このしんどさがやって来る

前後左右
体は全方位に色んな筋肉がついている

いわゆる「胴体」つまり体幹の部分も
前後だけでなく「左右」も忘れず伸ばすべし

基本は
両腕を上に上げて伸びをして〜そのまま体をゆっくりと左右に倒す
これは誰でもやってるのではなかろうか
デスクワークとかで疲れた後には無意識に「伸び」をするし

あとは体を「ねじる」ストレッチを忘れるべからず

斜め方向にも色んな筋肉が走ってる
それらも呼吸を手伝ってくれている

逆に言えば そうした筋肉がこわばったら呼吸が浅くなるわけで


個人的に とても助けられているストレッチを以下に


その1:準備の体勢

















うつ伏せから両手をついて上半身を起こしたら準備完了
 
次に片方の足を曲げる(図解は左足)

そして曲げた膝の方向に体をひねっていく

視線は曲げた足の爪先の方向になるかと


その2:片足を股関節+膝関節で曲げて体をひねる


















このまま10秒くらいキープ
キープしながら息は吐く

左足を曲げて左にひねれば 右側の脇腹が
右足を曲げて右にひねれば 左側の脇腹が
気持ち良く伸びるのを感じられる

これ めっさ好きなの♪
よければお試しあれ

(  ´ω`)

呼吸の為に働く筋肉は
20種類以上あるとか
「呼吸筋 種類」とかで検索すると沢山出て来るので
さあレッツ検索☆

生きるはつまり 息をする事
それはたくさんの筋肉の協働作業で支えられてる

固まらせないで胴体
体操選手のような柔軟性とまでは言わないまでも
「しなやかさ」は失わないようにしておきたい