2017年4月29日土曜日

ちょっと楽しさ増してきた( ´ω`)

世間が連休に入って
放送大学もひと息

なんだけど

学習進度は遅れてるので
ここで挽回せねば
後々 エライ事になるのは目に見えてる


昨日今日は
ちょっと頑張ってDNAやらポリメラーゼやらのあたりを学んでいたら

月初めの頃には苦痛だった科目なのに
あら不思議

なんだか楽しさ増してきた

(  ´ω`)


まだ分からないトコは多々あるけど
楽しくなってきたのは幸い

やっぱり面白いな細胞

自分の中で絶えず起きてる現象
それを「学問」として学ぶってのも不思議な感じ

ぢつと手を見つつ
見えない小さい世界を想像する

2017年4月27日木曜日

そろそろゴールデンウィーク

明日が3度目のプレミアムフライデー

今回はゴールデンウィークスタートの直前だし
良い陽気の頃だし
プレミアム感が若干出るかもしれないなと思ったり

個人的には
ゴールデンウィークそのものはあまり関係ないのでアレだけど
一回ぐらいは ちょいと遠出はしてみても良いかなと





↑は 4月12日17時前の天満橋

こんな感じの浮かれた気分

今は新緑が盛り

それもまた ええじゃないか

(´∀`)

2017年4月25日火曜日

あばれる米袋

今日は小さい子供さん持ちのお母さんと話すチャンスが2回
ついでに
そんなお母さんの肩もみなんぞをさせてもらうチャンスも2回

まだ時期的に ずっと一人で歩かせる事も出来ず
立たせてもすぐに「だっこー!だっこ!」になるだろうし

市バスなんぞで時々見かける ベビーカー持ったお母さん
バスに乗る時にベビーカーを畳んで片手で持ち
子供はもう片方の腕で抱きかかえ
あらゆる荷物はリュックサックそして肩掛けカバン
買い物したらそれに加えてスーパーとかのビニール袋

以前は逞しいなあと感動したりもしたけど
もう感動してる場合ちゃう

重い営業鞄持って歩く営業のおっさんなんかよりも
何倍も過酷な状況よ


時々見かける「子供を抱っこ」の的確な喩え

10kgになった子供を抱っこするのって
10kgの米袋を抱えるよりもハード

そうなんだよな
考えてみれば

米袋は動かないが

子供は全力で暴れる

(  ´ω`)

そんなお母さんの周りだけ
月レベルの重力場を作り出してあげたい

地球の1/6になったら
だいぶんと楽ではなかろうか


そんな事を思いながら
だがしかし
そんな超能力は持ち合わせてないので
肩周りを少々マッサージさせてもらうわけですよ

良い姿勢のまま「だっこ」するってのも なかなか難しい
どうしても猫背っぽくなる
そして胸と肩腕を繋ぐ筋肉が縮まったままになる
そうじゃないと「だっこ」を続けられない

確かに筋肉はついて逞しくなってるんだけど
やっぱり自由に動かせない分 辛いだろうなあと

あの肩周りのこわばりと逞しさは
全力で我が子を守る母親の愛情と努力の結晶

なかなか自分のために使える時間は無いだろうけど
時々は お母さん達も自分をいたわる機会を
積極的に持っていただきたいものだと
しみじみ思った 4月の下旬

2017年4月23日日曜日

前頭筋との格闘

放送大学の学習は遅々として進まず

(´Д` )

まあ予想はついてたんだけど
少しは巻き返しをはからねば と

先日トライ


とは言えど
昼間はあれこれあって
夕方はあれこれの反動でもうグダグダで

取りかかったのは夜

夕方でグダグダだったって事は
夜はもっとグダグダになるんですよ

ぶっちゃけ 即座に睡魔との闘いになって


アレ久しぶりに体験したわ

夢うつつ状態で時間だけが過ぎていくというアレ


正直 もう目が開けてらんない
でもこれだけはやっておかにゃアカン
寧ろやり終わらなきゃ寝ちゃなんない

葛藤の結果

目は泳ぐは
視界はぼやけるは
瞬間意識を無くしてるは
とうとうノートの文字がミミズに変化して

ヒーコラしながら何とか目標達成

やれやれと眠りについた
その翌朝

まんべんなく頭痛がやってきた

あーあー やっぱりな
特におでこが辛いかな

言うなれば 前夜の前頭筋との格闘の結果なので
然るべくして起きた頭痛

仕方無いなあ…と とりあえずマッサージしてみたり


前頭筋は おでこにある筋肉
働きは ざっくり言えば

眉毛を上げる
おでこに横ジワを作る


つまり
睡魔が瞼を強引に閉じようとするのに対して
必死で抵抗していたのが前頭筋


あと
眠くなればコックリコックリ 良く言う「船を漕ぐ」状態になって
頭と首・肩を繋いでる筋肉も
睡魔が頭を机に押しつけようとするのを阻止すべく

「何とか!この頭を!起こさねば!!」

と緊張するので

後頭部や首の筋肉も凝るわけですよ

前頭筋に対して後頭筋というのがあり
まさに後頭部についている筋肉なんだけど
これも当然 強制労働を強いられる


それで

前頭筋と後頭筋は 前頭部から頭頂を通り後頭部に達する

帽状腱膜

というのでつながってる

個人的には

帽状腱膜がテント生地
それを前頭筋と後頭筋と言うペグで頭蓋骨に固定

と言うイメージ


前頭筋も後頭筋も緊張すれば
両方向からペグがガンガン打ち込まれ
テント生地はパンパンに張る

張ったテント生地は
その下にある頭蓋骨やらいろんな組織を圧迫しちゃうんだな

前頭筋も凝る
後頭筋も凝る
首だって肩だって凝る
ついでに帽状腱膜も張る

 で

まんべんなく頭痛が出来上がり

(´Д` )


まあ自業自得なんであまり言えた義理じゃ無いけども

体からの警告やメッセージは
素直に受け入れたほうが後々のためだよ

2017年4月20日木曜日

ハロハロハロー

毎日一度は

空を見る


楽しいよ

(´`*)



































先日の天満橋

夕方だったのであまり「見上げて」はいないけども

それでも綺麗なハロが出ていて

手前の手すりまで 美しい光の曲線


これからの季節

気になる方は紫外線対策はしっかりと

その上で 一日1回は空を見上げよう


背筋も伸びるよ♪

2017年4月18日火曜日

話は菱形筋を緩めてから

自分もたいがい “肩コリスト”だという自覚はあって
それこそ昔から色々やったもの

整体ってモノに目覚める前は
「?」の形をした指圧棒で肩をグイグイ押して
青タン作ったりしてましたわよ

電車の手すりでゴリゴリと
肩甲骨の内側を押したりしてましたわよ

今となっては

アレでだいぶんと背中の筋肉を痛めつけたなあ

という後悔しかなかったりするわけだけど

Σ(´□`;)


特に肩甲骨の内側
ある程度お年を召された方などは「けんびき」とか呼ぶあのエリア

背中凝りも入ってくるあたり

その辺がつらいと言うなら
そのあたりにある菱形筋(りょうけいきん)の緊張を緩める事をまず考えよう


時代のせいもあると思うけど

日常生活でのスマホと仕事でのパソコン

そうそう That's IT !

IT関連のあれこれ


あれの困ったところは
 
「良い姿勢のままでは出来ない」という事

もしかしたら良い姿勢でやってる方もあるかもしれないけども
見かける限りは いわゆる猫背 前傾姿勢の人達100%

前に描いてみたことがあった図が……あったあった
















これこれ
背中が円くなるだけじゃない
腕がめっちゃ前にくる
それこそ肩甲骨を前に引っ張るように「肩を巻き込んで」腕を前に持って来る

菱形筋は 片方は背骨に もう片方は肩甲骨の内側にくっついてる
肩甲骨が前に持って行かれたら 菱形筋は「引っ張られて伸びる」
1時間スマホをいじっていれば その間じゅう菱形筋は引っ張られ続ける

引っ張られ続けて菱形筋は緊張しっぱなし
筋肉内を走る血管は圧迫され続け血行も激悪
肩凝りもひどくなろうと言うもの

ずっと同じ状態(姿勢)でいたら筋肉は固まってしまう
それも血行不良の大きな原因
解消するには 肩回しなどで筋肉を動かすのもヨシ

引っ張られたままになって疲れたところは
逆に一旦縮めてあげるのがヨシ

いわゆる猫背の状態でいたら
体の前側は縮こまったままになって固まってしまう
だから前側は伸ばしてあげるのがヨシ

つまりザックリ言えば

胸を張り背筋を伸ばす

という形
これをやってあげましょうよ

両腕を真横に地面と水平まで上げ
次にそのまま肘を90°曲げる
指先は天井を向き
手の平は前を向ける













 まあこんな感じ(腕はもう少し上げよう)

それでもって
グッと胸を張る

左右の肩甲骨を寄せるようなつもりで
二の腕は床と水平なまま

後ろへグッ

呼吸は止めない
普通に吸って吐いて

この形を20〜30秒もキープすればしんどくなるので

ハイ脱力

(  ´ω`)
 
一旦ガッツリ縮めた菱形筋は
これで一気に緩む

ついでに体の前側は良い感じにストレッチされて
深く呼吸出来るようになって
気持ちもスッキリ

「肩甲骨を動かす」にもつながるはず

モチロン無理は禁物
痛みや違和感があればストップ
最初から痛みがあれば当然実行しちゃダメ

忙しい毎日
しんどくなった時にすぐに整体やマッサージに行けるとも限らないから
応急処置だけでも知っておこう

出来るところは自己管理
どーにも無理なところをプロにお任せ

うまく組み合わせて快適ライフをプリーズエンジョイ

(  ´ω`)



2017年4月16日日曜日

心強いよブルーバックス

懐かしの共通一次(末期の頃)で化学を選択して

46点だった

っていうのがトラウマ
(ご褒美問題の「実験器具の名前」からつまづいた痛い過去)


さて
ふとした弾みで始めた放送大学
ついでに履修認証制度とか言うので認証取得も目指してみるか

だがしかし

なぜか「健康」「福祉」とかではなく「生命科学」なるコースを設定してみたら

まあ前にも書いたとは思うのだけど
化学に苦しむ半年がいきなり始まったのでしたチャンチャン

(´Д` )




















とりあえずコレ

イントロダクションが終わって タンパク質の項目に入って
「プロトン」で早速行く手を阻まれ


(やはり基本でつまづく)

そんな時
このブルーバックスが救いの手を差し伸べてくれた

「大人のための高校化学復習帳」

 去年なんとなく買ってなんとなく読み通して

「やっぱ分かんねぇ(´Д` )」

って本棚に差し込んでおいたのだけど

参考書的に使ってみると おおなかなかに心強い

言葉、というか 概念 イメージ的にだけでも
何とか想像は出来るようにしてくれる


しかしまあ
ホンマに高校の時の化学を理解してへんかったのだなと
今さらながら痛感

「高校化学が分かってへんと難しいわ」

と相方にこぼしたら

そらそうやな
コレ大学の内容やからな

と言われて ハイごもっとも



2017年4月15日土曜日

治りが遅くなったのではない、時の流れが速くなったのだ

不器用がたたってなのか何なのか

時々 自分の爪で自分の指をひっかいて傷を作る

それで

その傷の治りが明らかに遅くなってきている辺りに
衰えを感じずにはいられない

(´Д` )


改めて思う

『成長期の細胞の勢いってすごいな』

体育の時間に転んで出来た傷だって
あっと言う間に治って
傷跡だって 大して残らない

言うなれば
『若手のパワーが炸裂する建築会社』みたいな?

1日の作業が早いの
効率がものすごく良いの

しかもマニュアルや設計図は
DNAから正確この上ないのが提供されるし

人材はと言えば
骨なら骨の 皮膚なら皮膚の専門職人が集結

産廃物はスピーディーに除去
アクシデントにも素早く対応
腕が良いから修復後はアクシデントがあったって事にも気付かないかも


まあでもそれも数十年と経過すれば
ちょっとずつ余力も減ってくる

職人さんも疲れてくるし
産廃物を片付けるのも苦労したりなんかして

( ´_ゝ`)

だから
いたわれる時に自分をいたわってあげようよ、という話


反対に 年と共に速く感じるようになる時間の経過
小学校の頃 給食の時間まであんなに長かったのに
大人になると「この前」って言ったら5年前とかになってて

だから相対的に不調が治るまでの時間が長く感じるのかなと思いたい

のだけど

それはあくまでも希望的観測であって


ほら ひっかき傷やらかした所

1週間経ってもカサブタついてる

2017年4月13日木曜日

黒コッペパンの怪

しばらく前の事

スーパーで買い物カートを押してウロウロ回った後

レジで会計

レジをやってくれている間
ちょっとボンヤリしていた


「○○円です」と言われて さて支払いを……とサイフを覗き込んだ時

ついでに買い物カゴの中を見たわけ

そうしたら

自分では絶対買わない類の「黒コッペパン」がカゴに入っていて


すいませんすいませんコレ買ってません


ちょう迷惑なオバハン買い物客を演じる羽目になったのだ


(´Д` )


もうメンドクサイから
ちっさいオッサンのせいにしてる

それにしても アレは今でも全く分からへん

誰が入れたか 黒コッペパン

2017年4月11日火曜日

人の体を作っている細胞と人が作る会社がホントに似ていて飽きない

人体のしくみや成り立ちについて知り始めると
何とまあソックリなんだ とよく分からない溜め息が出る

人の体を作っている細胞と
人が作っている社会

マジ似ていて飽きないモノ
商いも飽きないモノ

( ´_ゝ`)

まずは受精卵がとにかく分裂を繰り返していく
そのあたりが人間の成長で言えば義務教育

「骨」「筋肉」「心臓」「胃」などそれぞれの役割が決められた上でさらに分裂していくのが
高校だったり専門学校だったり

 人体の場合 この段階で専攻コースは変更不可
これは人間社会とは少し異なる部分だが深く考えない
ああドイツのマイスター制度のほうが喩えやすかったかな でも今どうなってんのかなアレ

まあ良い
 
さらに
「オレ胃学部行くわ」「ワタシ脳学部」
ってな具合に同じ目的の人達が同じ学部学科に集まってくる

大学&大学院まで来たよほら
この頃には立派な専門組織

それぞれが一人前の「臓器」として卒業して
ひとつの「人体」という名の会社に就職する
それぞれ専門部署に配属されて


おめでとう元気なお子さんですよ
お母さんよく頑張ったね


最初はてんやわんやのシッチャカメッチャカ
いきなりバリバリ働ける新入社員なんて居ないよ

そこから改めて学習と試行錯誤をくり返しながら育っていく
先輩(=親)からのOJTも必須だね
報・連・相も実践してみてナンボ

色んな会社があるよね
色んな人間がいるよね

全然違うようだけど
でもやっぱホントに似ていて飽きないんだよね

(  ´ω`)

2017年4月9日日曜日

振り向けば下り坂

30歳になった頃

「もうトシやわあ〜」

とか言ってたりしたけど

今となっては


あんなの序の口だったな と思うわけで

( ´_ゝ`)


まだまだ何とでもなるわと思ってた30代を過ぎ

40代に入ってきたら

やれ更年期だの
それ老眼だの白髪だの
筋肉痛は3日後から出るだの

不可逆的な何かを痛感する事が増えて
ああ下り坂に入ったな〜 としみじみする

たぶん それは
何の気なしに毎日歩いているだけでは気付かない程度の勾配

ところがある時 ふと振り向くと
想像していなかった程に坂を下ってきている事に初めて気付く


そこで
「がぁ〜ん」となるか
「へぇ〜」となるか
「うむ」と頷くのか

そして
意気消沈するのか
何か一念発起するのか
はたまた それまでと同じように淡々と歩むのか


正解は無いんでしょうけど

みんなそれぞれ 納得のいく下り方が出来たら良いね

とりあえず
坂は下りのほうが膝にくる
用心めされよ
(  ´ω`)

2017年4月7日金曜日

久しぶりのラッキーマーク

爪切りをしていて

ふと気付いた

これ10数年ぶりかもしれない

小さいしボンヤリしてるんで すっごい分かりづらいけど
右から二本目の指(中指)の爪に
 















白い点が出現してる

(´∀`)


コレってアレやんなあ
ラッキーな兆し

面白いのは
今年の運勢の波と一致してるってトコで
ハイ確かに今は特に感謝いっぱいの日々

ラッキーな爪の白点は2個までらしいですよ
 3個とかそれ以上とかになってくると健康上の不安もあり

とりあえず気になったら専門のところで確認
爪は健康状態を教えてくれる有り難いレポーター
白黒緑 横線縦線よりどりみどり

縦に入る筋は加齢が主だそうで
確かにその通り どの指の爪も縦のスジ入りまくり

(´Д` )

横向きに波打つのは栄養状態がヨロシクナイ時
タテよりもヨコに用心だね
まあ色々

頑張ってマニキュア塗り塗りするのも良いけど
時々はスッピンの爪もチェックしてあげよう

不調のサインも
幸運のサインも
見逃さないように

2017年4月5日水曜日

学生証を発行してもらった

放送大学から
ぺらん、と「入学許可証」なる葉書が来たのが3月中旬
4月に入ったら該当のセンターへ行って学生証を受け取ってね!と指示があったので

いそいそと大阪の学習センターなる場所へ
















えっこの中にあるの

 ( ゚д゚ )

入ってすぐに守衛さんが「こっち行きなはれ」と教えてくれたので事なきを得た

けど

何かものすごい「間借り感」

新鮮でもあり
面白くもあり

( ´_ゝ`)


平日に行ったんで 学生証はすぐにもらえたけど
ついこの前撮った
運転免許更新手続き用の写真の余りを流用したら

我ながら人相悪いな!

っていう学生証が出来てて膝をつく


単位認定試験の時にしか見せたくないね!!

2017年4月3日月曜日

新年度

思えば 新年度初日の朝はエイプリルフールと被ってる
もしかしたらそれは痛烈なナニカかもしれない……とか思い始めてる昨今

新年と新年度と 何なら下半期スタートっていうのと(10月)
あらたまって動くのが好きなのかしら日本人

1日が土曜日だったせいか 何となく曜日感覚がおかしいままに3日経過
自分の脳内では「月月火」
明日が火曜日のイベントデーなので「月月火火」でたぶん元に戻る
元に戻るけど今週長いなあという印象はそのままに
その分 月後半はあっと言う間に過ぎ去るのだろう

月月火水木金金
そんな時代もあったね、の高度経済成長期
今そんなんだったらエラいことで(真っ黒)
ジョーシキって 思ってるよりも流動的でコロコロ変わる

それでも

新しい事が始まればドキドキワクワク
全くの新天地なら 脳内はフル稼働しているつもりでも傍から見たら右往左往
そんな時代は誰にでもあるんだから
まあお互い様ってところでしょ

こりゃどうにもならへんわ!って思ったら
桜その他の色とりどりな花でも眺めて
しばし脳をクールダウンそしてリラックス

心の余裕は忘れずにいたいもの


でも自分だけでは心の余裕の有無を判断出来ない場合も
そんな事もあっておかしくない

だったら前もって

家族や気の置けない友達なんかにひと言頼めると少し安心

「ヤバイなと思ったら教えてよ!頼むよ!」

そして頼んだからには

「なんか、最近ちょっとヤバくない?」

と言われた時には
素直に立ち止まって検証しよう


大丈夫
何とかなる

2017年4月1日土曜日

モノには程度と限度があって

あっ何か腰が張ってるな

と思って

伸ばして
伸ばして
ストレッチあれこれやって

まだ痛い
もうちょっとやっといたほうが良いのか

とやっていて

気付いたら傷めてたというパターン


未だにたまにやる


(´Д` )


因みに母は

喜寿を過ぎてから
週5〜6回ペースで
某カー○スへ通って
筋肉痛でダウンする

という年寄りの冷や水を地で行くので

間違い無く

『あの親にしてこの娘』状態だなと


血は争えない
(やーめーてー)