2017年3月25日土曜日

きまぐれ講座 4月

祐岳谷『きまぐれ講座』のご案内

通常メニューとは別で、気まぐれにテーマを決めて開講するという何とも身勝手な講座ですが、宜しければ。

+++++++++

コース《自分を好きになるティータイム》
☆テーマ
「スマート患者学~上手に医者にかかるヒント~」

皆さんの経験談も持ち寄って「医療サービスをスマートに利用するコツ」について話し合おう、が主旨の、半分座談会的講座。
日時
4/21(金)
 14:00~15:00

参加費
 1500円+飲食代(実費)

場所
 未定(大阪市内)

概要は祐岳谷のトップページにございます。
お問い合わせなどは、お問い合わせのページからお願い致します。

2017年3月24日金曜日

「サロン」で検索すると「サ○ンパス」が引っ掛かるんだが

整体師なんていうお仕事も
そっとさせていただいてるけど
やってもらうのもめっぽう好き

そんなこんなで 時々サロン検索するんだな
そうすると

HISAMITSUさんのあの有名な湿布が延々と表示されるという罠

( ´_ゝ`)


自分の筋肉は「凝りやすい」質のようだが
ここ数年来の寝る前ストレッチが地味に効いてきたようで

たとえばギックリ腰にならなくなったし
マッサージをしてもらう時も

「サンキューもう十分だよ」

と感じるまでの時間が短くなった

……セラピストさんの側からしたら

「いやまだ固いよ?」

と思われてる気も大いにするのだが

まあその度合いが今後じわじわとマシになっていけばヨシ

 疲れの全てをセラピストさんに取ってもらおうとすると大変だぜ
いやセラピストさんが疲れてしまうとかそういう事だけじゃ無く

「全てを人任せにした時の代償」ってのがあるんだ……と思う今日この頃


“自分では出来ない事だけ”を周りの人に助けてもらってた婆ちゃんが
ある時 ちょっとコケてしばらくしんどかったようで

本当は少ししんどくてもリハビリを兼ねて自分で動く方が良いんだが
やっぱりしんどいのはメンドイにつながるらしく
自宅ではダンナさんに「自分でやれ」とスパルタ対応されたからか
余計に施設では周りに頼るようになって

まあそんな状態だとスタッフは手伝うわけよ
親切心とか以外にも 色んな理由で

そうこうする内に婆ちゃんの「人頼み」はエスカレート
体は元通りに戻っても
すっかり周りの人をアゴで使うようになって

(´・ω・`)

その婆ちゃんとは会わなくなってしばらく経つが
せめて 大きな代償を払ってない事を願う

2017年3月23日木曜日

そう言えばリケジョの姉は昔バイテク関連の学部に行ったんだ

こないだ届いた放送大学のテキスト3冊
ひとまず 分からないなりに最初から最後まで目を通してみようと思って実行中

そして発覚

「生命分子と細胞の科学」っていうお題の科目な
















こいつ超ヤバイ
(´Д` )

3冊の中で一番薄いのに
めちゃ読むのに時間かかる

って言うより
4ページ進むごとに脳が拒否反応を示す(眠)

7月のテストの日程を見て
「あっこれなら試験会場行ける」とか
そんな事を最優先にしたからな

開いてみれば いきなり専門科目
後悔先に立たず ハイハイ後の祭り

全てが自己責任の社会人学習
「何とかせねば」と自分を追い込む感もハンパ無いぞ

(  ´ω`)


学費は自腹
何よりもそれが 「やる気」を湧き起こさせるっていうね

文字通りゲンキンなモンだが

もうこの際何でも良いや
とりあえず「全然分かんねぇ手も足も出ねぇ!」から「何となく分かってきた」のレベルまで自分を引き上げよう

C評価でも良いから
合格を目指すぞ (目標低いな)


2017年3月21日火曜日

解せぬなら実験してみよホトトギス

つぶつぶなぶつぶつの件は
もしかしたらそろそろ第4コーナー

最初に行ってみてた皮膚科では
ひたすら保湿そしてステロイド併用
出来るだけ綿手袋していなさい

だったんだが

通院2カ月目

「これひょっとして方向違うんじゃね?」

と思い始めたらもう止まらない

基本的に ステロイドも必要だって言うんなら受け入れる
いわゆる現代医学も《使えるところは使えるんだぜ》という派だし

実際現代医学で助けてもらった事は数知れず


だがしかし

塗りながら観察していると

やっぱコレ要らないんじゃね?

と感じるようになって 
3月に入ったところで
以前にお世話になった事のある皮膚科へGo☆

いわゆるセカンドオピニオン
比べて初めて分かる あーこの先生はやっぱり良いわ
他のところに浮気してスンマセン(懺悔)

「良い」っていうのは
《この先生はステロイドを使わない》とか そういう事ではなく

何て言うのかな
症状と 患者と 向き合う姿勢

医者も人間 患者も人間
これ忘れるべからず

「あーステロイドのほうは塗らないで」
「ヒルドイドだけ塗ってね」
「どうにも酷くなるところがあったらそこだけステロイド」

ハイッす(`・ω・´)

そして言いつけ通り実行
手袋は手の保護というよりも周囲の保護のため
(ヒルドイドはクリーム状なので塗った直後はベタベタする つまり触ったモノが全てベタベタしてしまうため)
塗った後数十分だけはめておいて

あっコレで行けてんじゃん
でもイマイチ“治っていく”っていう感じでも無いし

と考えている内に ふと思う

コレもう《塗ってりゃ治るモン》とちゃうんちゃうん?


 もともと 東洋医学の視点から体質を診てもらうと
いわゆる「水毒」とか言われたりしてたし
何て言うの ほら 解毒ちっくな何か

だが美容ガーとか美肌ガーとかいう話ではないので

雑誌に載ってるようなビミョーなデトックスとかそういうのでは却って悶々とするぞ絶対そうだぞ

悶々とするぐらいなら
きっちり診てもらった上で

我が身で実験してみよホトトギス

(  ´ω`)

という事でネットをウロウロ

運良く さほど遠くない所で漢方のお医者さんを発見

思い立ったが吉日

そもそも東洋医学好きだからさあ
ホイホイと受診するわけだよ
半分趣味だよこうなると
(モチロン診察は真剣)

実はこの15年くらいの間で漢方専門のお医者さんにかかるのは3軒目
漢方医って面白い共通点があるなと気付く(個人の感想です)

しかし今回が一番ベテラン味を感じたな
知ってる人は知っているあの独特の脈診ってヤツ
スッと触ってスッと診断 いっそ華麗
 問診もじっくりだが まあ症状が症状だからだろうな(メジャー)

「こんなの簡単!」

と つぶつぶの原因と対処法を言われ

あっまさかと思ってたけどソレっすか

「今日からやってね!」

あっハイ

モチロン 漢方の処方もされたよ
処方箋持ってった漢方薬局で更に詳しく教えてもらった

まあ水毒ってのはやっぱりそうやな

と いたく納得

薬剤師さんの説明がこれまた優秀なのさ(´∀`)
とっても助かる

と言う事で漢方的な視点からの対応開始















イザ 治療と言う名の人体実験(真面目です)

2017年3月19日日曜日

超お薦めサロン(´`*)

この春
気功整体、っていうジャンルの施術をしてくれる
個人サロン
セラピー整体・えみさんが
宝塚に移転&新装スタートなのですよ

何度か施術していただいてるけど
とにかくソフトで
やってもらってる間は ほとんど痛くも何とも無い
むしろ《気持ちいい》が 99%以上

なのに終わると不思議と楽になってるっていうね

(  ´ω`)

人間の持つエネルギーってすごいな!
と思わせてくれる施術は
体験してみて損は無し♡

4月から本格稼働
めっちゃステキで癒されますよ
「女性限定」なのでヨロシク(´`*)