2017年3月31日金曜日

「はなきん」と入れて変換したら「鼻筋」とか出てきて崩れ落ちる

ハイハイ2回目のプレミアムフライデーは

月末で
年度末で

( ´_ゝ`)


ワタクシめは割と長い事 医療・介護の脇道を歩いているので
昔から「平日と土日祝」という分け方には大した意味が無い生活

サービス業だとそれも普通
有り難いのは 有給とか使わなくても平日休みがある事

手続き色々出来るからね

(  ´ω`)


逆に 会社員や公務員やってる友達と話していると
「ああそういえば世間はそうだわ」
と改めて思い出す事もいろいろある

平日なんて会えないし
それでコッチが土日に仕事入ってたらもうアウト

とかぼんやり思い出してたら
「そういえば《はなきん》はすでに死語なの?」

と今さらな疑問が浮かび

有り難い時代ですよ
ちょっとググればすぐ分かる


日本語俗語辞書」ってサイトがあって
    ↓
『花金とは「花の金曜日」の略で、金曜日の晩に遊んで(飲み歩いて)楽しむことを意味する。
これは週休二日制の導入により、土曜休日の企業が増えたことで、休日前の金曜の晩は遊びまわる風潮が出来たことから生まれた言葉である。
ただし、バブル時代が終わるとともにサラリーマンにこうしたゆとりがなくなり、花金も死語となっていく。』

死語だった(´∀`)


ともあれ今日で日本的ひと区切り

新生活スタートの準備は出来たか
いきなり転勤とかの辞令かまされた人たち生きてるか

緊張するけど
せめて1日1回は肩の力を抜いてリラックスタイムを

お互い テキトーにがんばろう ( ´_ゝ`)

2017年3月29日水曜日

チームワーク

春のセンバツもそろそろ佳境
勝ち残ってくるチームは さすがハイレベル

なんだけど

割とアレよね
誰かひとりだけがやたらと取り上げられて騒がれるチームは
なかなか 決 勝 ま で は い け な い

(  ´ω`)

やっぱチームプレーなんだなあ
あのスポーツはなあ

特に その抜きん出た実力を持つ選手に頼るのはヤバイ
豪腕投手然り
強打者然り

やっぱりみんながそれぞれ切磋琢磨
助け合いフォローしあいって大事
そうするとさらにめちゃ強のチームになる気がする

高校野球に教えられるオバハン


もちろん人体も
それぞれ独立した役目があるわけだけど
単独行動は無理 チームプレーが大切

どっかに頼りすぎたら
頼られた部分は遠からず
オーバーワークからの不調に悩む事になる

そうなった時は 頼った側だって無事じゃいられない
どこもかしこも 不調のとばっちりをくう事になる

とばっちり?
いや自業自得か?

分かりやすいのは胃や肝臓のような気が

例えば胃
勢いに任せて食べ過ぎれば
いくら持久力を誇る胃の筋肉だって 延々続く消化活動に疲労困憊

胃もたれ発生
食欲ダウン

ハイ必要な栄養が吸収出来ないね
しんどいね

そして肝臓
「俺は酒強いんだぜいくら飲んでもへっちゃらだぜ」
とか言ってる兄ちゃんの肝臓が 
どれだけ必死こいてアルコールを分解してる事か

しかも肝臓は沈黙の臓器
自覚症状が出た時はかなりヤバイ

肝臓がダウンしたらどうなるか
知っておろう?

( ´_ゝ`)

人体そのものは絶妙なチームプレー=バランスをとって動いているから

頼るのは「あなた自身」なわけで


つまりは暴飲暴食・不摂生をし過ぎずに
自分の体をいたわってあげなよ、と

そう言うことですな


2017年3月27日月曜日

今年ももうすぐ新入園児のギャン泣きが聞こえてくる( ´ω`)

我が家の向かいに保育園が出来て何年になるかな
まだそんなに年数は行ってないけど
すっかり地域に馴染んだ感はある

大して広くはない(失礼!)園庭で
わちゃわちゃと運動会の練習をしたり
夏祭りをしたり
たまにはちっさい消防車がやって来て園児たちのテンションが上がってたり
園長先生の園内放送が近所に聞こえまくる事も時々あって
またその内容がツッコミどころ満載な時もあって

退屈しない

(  ´ω`)

その場所は「もしかしてパチンコ屋でも出来るんちゃうか」と思っていたエリアだったので

保育園が出来ると分かった時には「良かった良かった」と 相方と話をしていたもの


子供達の 羨ましいほどに溢れまくるあのパワー
ちょっと「お賑わしい過ぎる」と思う事もあるけど
それも含め あのエネルギー量が純粋に羨ましく感じる程度には年を重ねたようで

お年寄りと幼稚園児・保育園児の交流は良きことだと思ってる
世代間交流ってのもあるし
エネルギーの有効活用的な意味合いにおいても


今年の大阪 桜の開花は4月になってからの予想になってる
入社・入学・入園式に桜があってくれるのは華やかでよろしいなと思う程度には日本人

保育園に新入園児がやって来るのももうすぐ
毎年必ず 最初の1〜2カ月はギャン泣きしまくる子がいてて
それも春の風物詩
(保育士さんご苦労様です)


ハイリハイリフレ背理法
色々矛盾もある世の中だけど
めげず 打ちのめされず 頑張りすぎないように頑張って
マイウェイをしっかり歩んで行ってほしいな

おおきくなれよ( ´_ゝ`)

2017年3月24日金曜日

「サロン」で検索すると「サ○ンパス」が引っ掛かる

整体師なんていうお仕事も
そっとさせていただいてるけど
やってもらうのもめっぽう好き

そんなこんなで 時々サロン検索する
そうすると

HISAMITSUさんのあの有名な湿布が延々と表示されるという罠

( ´_ゝ`)


自分の筋肉は「凝りやすい」質のようだけど
ここ数年来の寝る前ストレッチが地味に効いてきたようで

たとえばギックリ腰にならなくなった
マッサージをしてもらう時も

「サンキューもう十分だよ」

と感じるまでの時間が短くなった

……セラピストさんの側からしたら

「いやまだ固いよ?」

と思われてる気も大いにするけど
まあその度合いが今後もじわじわとマシになっていけばヨシ

 疲れの全てをセラピストさんに取ってもらおうとすると大変
いやセラピストさんが疲れてしまうとかそういう事だけじゃ無く

「全てを人任せにした時の代償」って言うのがある……と思う今日この頃


“自分では出来ない事だけ”を周りの人に助けてもらってた婆ちゃんが
ある時 ちょっとコケてしばらくしんどかったようで

本当は少ししんどくてもリハビリを兼ねて自分で動く方が良いんだけど
やっぱりしんどいのはメンドイにつながっちゃうんだね
自宅ではダンナさんに「自分でやれ」とスパルタ対応されていたらしいけど
余計に施設では周りに頼るようになって

まあそんな状態だと スタッフもついつい手伝うわけ
親切心とか以外にも 時間とか手間とか 色んな理由で

そうこうする内に婆ちゃんの「人頼み」はエスカレート
体は元通りに戻っても
すっかり周りの人をアゴで使うようになって

(´・ω・`)

その婆ちゃんとは会わなくなってしばらく経つけど
せめて 大きな代償を払ってない事を願う

2017年3月23日木曜日

そう言えばリケジョの姉は昔バイテク関連の学部に行ったんだった

こないだ届いた放送大学のテキスト3冊
ひとまず 分からないなりに最初から最後まで目を通してみようと思って実行中

そして発覚

「生命分子と細胞の科学」っていうお題の科目
















超ヤバイ
(´Д` )

3冊の中で一番薄いのに
めちゃ読むのに時間かかる

って言うより
4ページ進むごとに脳が拒否反応を示す

7月のテストの日程を見て
「あっこれなら試験会場行ける」とか
そんな事を最優先にしたからな

開いてみれば いきなり専門科目
後悔先に立たず ハイハイ後の祭り

全てが自己責任の社会人学習
「何とかせねば」と自分を追い込む感もハンパ無い

(  ´ω`)


学費は自腹
何よりもそれが 「やる気」を湧き起こさせるっていうね

文字通りゲンキンなモンですが

もうこの際何でも良いや
とりあえず「全然分かんないよ手も足も出ないよ!」から「何となく分かってきた」のレベルまで自分を引き上げたい

C評価でも良いから
合格を目指します

2017年3月21日火曜日

解せぬなら実験してみよホトトギス

つぶつぶなぶつぶつの件は
もしかしたらそろそろ第4コーナー

最初に行ってみてた皮膚科では
ひたすら保湿そしてステロイド併用
出来るだけ綿手袋していなさい

だったけど

通院2カ月目

「これひょっとして方向違うんじゃ?」

と思い始めたらもう止まらない

基本的に ステロイドも必要だって言うんなら受け入れる
いわゆる現代医学も《使えるところは使わせてもらうよ!》という派だし

実際 現代医学で助けてもらった事は数知れず


でも塗りながら観察していると

やっぱコレ要らないんじゃないの?

と感じるようになって 
3月に入ったところで
以前にお世話になった事のある皮膚科へGo☆

いわゆるセカンドオピニオン
比べて初めて分かる あーこの先生はやっぱり良いわ
他のところに浮気してスンマセン(懺悔)

「良い」っていうのは
《この先生はステロイドを使わない》とか そういう事ではなく

何て言うのかな
症状と 患者と 向き合う姿勢

医者も人間 患者も人間
これ忘れるべからず

「あーステロイドのほうは塗らないで」
「ヒルドイドだけ塗ってね」
「どうにも酷くなるところがあったらそこだけステロイド」

ハイ(`・ω・´)

そして言いつけ通り実行
手袋は手の保護というよりも周囲の保護のため
塗った後数十分だけはめておいて

あっコレで行けてんじゃん♡

でもイマイチ“治っていく”っていう感じでも無いんだよね

と考えている内に ふと思う

コレもう《塗れば治る》とちゃうんちゃうん?


もともと 東洋医学の視点から体質を診てもらうと
いわゆる「水毒」とか言われたりしてたし
何て言うの ほら 解毒ちっくな何か

けれど 美容ガーとか美肌ガーとかいう話ではないので

雑誌に載ってるようなビミョーなデトックスとかそういうのでは却って悶々とする絶対する

悶々とするぐらいなら
きっちり診てもらった上で

我が身で実験してみよホトトギス

(  ´ω`)

という事でネットをウロウロ

運良く さほど遠くない所で漢方のお医者さんを発見

思い立ったが吉日

そもそも東洋医学好きだから
ホイホイと受診するのよ
半分趣味な部分もあって
(モチロン診察は真剣)

実はこの15年くらいの間で漢方専門のお医者さんにかかるのは3軒目
漢方医って面白い共通点があるなと気付く(個人の感想です)

しかし今回が一番ベテラン味を感じた
ご存知な方はご存知の あの独特の脈診っていうの
スッと触ってスッと診断 いっそ華麗
問診もじっくりだけど まあ症状が症状なので(メジャー)

「こんなの簡単!」

と つぶつぶの原因と対処法を言われ

あっまさかと思ってたけどソレですか

「今日からやってね!」

あっハイ

モチロン 漢方の処方もされて
処方箋持ってった漢方薬局で更に詳しく教えてもらった

まあ水毒ってのはやっぱりそうみたいですね

と いたく納得

薬剤師さんの説明がこれまた丁寧(´∀`)
とっても助かる

と言う事で漢方的な視点からの対応開始















イザ 治療と言う名の人体実験(真面目です)

2017年3月19日日曜日

超お薦めサロン(´`*)

この春
気功整体、っていうジャンルの施術をしてくれる
個人サロン
セラピー整体・えみさんが
宝塚に移転&新装スタートなのですよ

何度か施術していただいてるけど
とにかくソフトで
やってもらってる間は ほとんど痛くも何とも無い
むしろ《気持ちいい》が 99%以上

なのに終わると不思議と楽になってるっていうね

(  ´ω`)

人間の持つエネルギーってすごいな!
と思わせてくれる施術は
体験してみて損は無し♡

4月から本格稼働
めっちゃステキで癒されますよ
「女性限定」なのでヨロシク(´`*)

2017年3月17日金曜日

日記や手紙が何百年も経ってから人目にさらされるっていうアレ

思い返せば
昔からとにかく(どうでも良い事を)書き散らしていた人間

20代前半くらいまでは断続的に日記を書いていたし
姉が大学生になって下宿している間は
姉宛てに手紙を週1ペースで書いていたし
海外文通などにもはまって兎に角あれこれ書いていた

しかし

数年前
姉が『部屋を整理してたら出て来たよ』と見せてくれたのが

当 時 の 手 紙 の 束

Σ(´□`;)


ド下手くそな絵もあちこちに描いてあって

何この公開処刑っぽいシチュエーション

と 己の黒歴史を呪ったものだ

そしてきっとそれらは今も姉の部屋のどこかにある


芸術家とか文豪と言われた人達とか政治家その他
何らかの形で歴史に残った人物の手紙やら日記やらが

「発見されました」「初公開されました」

とかニュースで取り上げられているのを見聞きする度に

ああ……お気の毒に……

と思ってしまう自分は何なのかな

文化的価値とか当時の風習が分かるとか歴史的意義とかも分かるのだけど
特にプライベートなアレコレなどは

そっとしといてやってよ

と思う事もしばしば

公文書とかは別にどうとも思わない
だって公(おおやけ)だもの


日記はだいぶ処分した(はず)

あとは手帳
ここ10年分くらいは保存してある
だがこちらは色々と生活の記録的意味もあるから
あっさりポイとは捨てられない

自分自身 日々のあれこれとか趣味のどれそれとかは
すっかりブログに移行したけど

インターネットという世界だと
ブログにアップした瞬間から「日記が公開されました」状態

自分が生きてる間から人目にさらされるっていう羞恥は
今の自分に衆目が集まるという快感と表裏一体というか何と言うか

この瞬間にも想像以上のスピードで蓄積されていく
生きている人々の活動や思考(や嗜好)の記録
クラウド的なところにどんどん集められて
巨大な積乱雲になっていってるんだろうか

電気が無くなったら
それらも一瞬で文字通り雲散霧消
紙に書かれたものは何百年経っても
その一部であれ生き残り続けそうだが

1と0で記録された膨大なデータの寿命は
さてどのくらいのものなのか

2017年3月14日火曜日

All you need is LOVE

イベントのお客さんは基本的にみんな初対面
一期一会で これも楽しい

そして一期一会だからこその
貴重なひと言をいただいたり
「そうだよな」と膝ポンな事に気付いたり

ありがたい事ですわ

(  ´ω`)


リラクゼーションマッサージのイベント会場に
お二人そろって来てくれたご夫婦

さきにご主人
仕事の苦労話なんぞもちらり

ついでにぼやく

「ヨメさんにやってもらっても
痛いばかりで楽にならへん」


後から奥さん

「主人の肩、固かったでしょ?」
「仕事柄仕方ないですよね?」

何のかんの言いつつ
体が資本な仕事をしているご主人を心配してる

愛だよ愛

(´`*)

しかし

「私が主人の肩を揉んであげても
痛がるばかりでねえ」

うむ
パッと見 固いのは否定しない
そうなると
ついつい力任せにやってしまうのはよくある事

疲れたしんどいって言うからやってあげるのに
頑張ってやっても感謝されないから何だか徒労に終わって

残るは虚無

こんな事で夫婦愛がゴリゴリ削られていくのは勿体ない

だから独自の見解だけども言ってみる

力比べしなくて良いんで
ご主人に

今日もお疲れさまでした
そうね立ちっぱなしのお仕事だもんね疲れるね
でも頑張ってくれてありがとうね
ハイハイ

と言いながら肩をさすってあげてくださいな

疲れたアピールは

俺今日も頑張ったよ
ねえそうでしょ
褒めて褒めて

っていう気持ちの面も大きいと思うんで
それを認めてねぎらってあげてみてはいかがかと

フィジカルな疲れはセラピストやら整体師やらでも対応出来るけど
メンタルな疲れは家族だからこそ癒せる部分も大きい

オールユーニードイズラブ
まずはそれ

想う気持ちをもってなでてあげるのは
想像している以上に ものすごい効果を発揮するよ

2017年3月13日月曜日

今のあなたがいちばん若い

自分もそろそろ動脈硬化というモノとも仲良しになっているはずの年頃
だが相変わらず最高血圧が100mmHgを余裕で下回るので油断をしている

動脈硬化というモノは
極端であれば危険度が高いので要注意

だがしかし

動脈硬化という現象そのものは「経年変化」であって

( ´_ゝ`)

年齢を重ねれば大なり小なり起こる事
白髪が出て来るのとかと同じ事

「年相応の」と言われたならば神経質になりすぎず
でも油断は禁物ね!くらいな気持ちで行きたいモノ

気にしすぎてストレスを溜めても良い事無いから
要らぬストレスは血管にもよろしくないとか何とか


肉体的には「経年変化=劣化」かもしれないけど
人間はそんな単純なモンでもない

「経年変化=熟成」なんて部分もある


あるよね?(同調圧力)
 

天に召されるその瞬間まで成長する可能性があるのが人間
だからこそ「もうトシだから」と言い訳するのはもったいない

ネタで言うならまあ許す(アンタ何様)

いくつになっても 今のあなたがいちばん若い
そんな自分と仲良くしたいものだね

(  ´ω`)

「若い頃は〜」と比較して嘆くのはほどほどに
自分との付き合いも 60〜80%くらい出来ていれば結構上出来かもしれないよ

2017年3月11日土曜日

世間をなめてかかれば自らの首を絞めると何度やれば

放送大学の教材その他一式
そろそろかなと思っていたところに

一式「来ちゃった♡」

一式の一部
  ↓




















ものすごいコンパクトな箱で届いてやや拍子抜け
しかし開梱して出て来たモノを見て恐怖と驚愕の嵐

 ( ゚д゚ )

いやスンマセン正直ちょっとなめてました
テキストパラパラめくってみたら濃ぃいぞその中身

こりゃ3科目でもアップアップ

しかしこれは100%自業自得 違った自ら選んだ道

問答無用

とりあえず読むか

2017年3月10日金曜日

ホメオスタシスの維持にもコストはそれなりにかかってるはず

人間が健康でいられるのは「ホメオスタシス」という仕組みが働いてくれているから

ホメオスタシス これすなわち和訳したら生体恒常性

そう言われてもいっこも分からん

( ´_ゝ`)

ざっくり説明すれば

「気温など外部の環境が変わっても体の中を一定に保って生命を維持するしくみのこと」

暑くなれば汗をかいて体温を下げ
寒ければ手足の毛細血管は細くなって体温が逃げていくのを予防し
ついでにガタガタ震えて筋肉で熱を作ろうとする

ただしそれらは筋肉や血管や汗腺が勝手に判断してやっているのではなく
皆さんおなじみ「自律神経」が指令を出したり引っ込めたり

自社ビルを持つ会社の中でたとえれば
メインコントロールルーム 或いは社長室から
各部署に抜かりなく内線が引かれている状態


「自己治癒力」なる言葉もホメオスタシスとは繋がりが強い
たとえば 怪我をしたら治ろうとする
子供の擦り傷切り傷の治るスピードの早いこと

オバチャンはあの若さがめっぽううらやましい


自己治癒力と言えば 風邪を引いた時とかにも実感する

対症療法として薬を飲んだりもするけど
体内に入ってきた風邪の原因菌(またはウイルス)と戦うのは 己の自己治癒力

もう少しざっくり具体的に言えば 白血球が
菌やらウイルスやらと死闘を繰り広げるわけで


怪我した時にたまに出て来る膿とか
風邪を引いた時に出て来る痰とか
あれは菌やらウイルスやらと白血球の戦いの結末

敵味方入り乱れの死屍累々だよその塊だよ
(合掌)


白血球は「免疫」機能の代表格
交番や派出所を拠点に街をパトロールしてくれているお巡りさん的存在
自社ビルを持つ会社の中だったら
さしずめALS○Kとかの警備員 

常に社内をくまなく警備 怪しいヤツはすぐにふん縛れ



もう一つ 忘れちゃならないのが「ホルモン系」
ホルモンは体の中でつくられ
体のさまざまな機能をコントロールするという大役を担っている

体の各部署に「指示を出す」という点では自律神経とよく似てるし
実際には自律神経とタッグを組んでいる事も多い

わけだが

指示の仕方は自律神経と違うんだな
これが面白いし 良く出来てると思うトコロ

自律神経は電気信号
内線電話で担当部署にボスが直接指示を入れるから早い早い

ホルモンは指示書=書類
ボスが発行した指示書は 廊下(=血管)を通って担当部署に届く

内線よりは少し時間がかかるけど 廊下は共有出来るから便利
一度に何枚もの指示書を持って行って それぞれの部署に投函すれば良いからね

どっちの指示方法にも利点がある
人体はそれを上手い事使い分けて(また時には併用して)指示を出し
ホメオスタシスを維持している


「自律神経」「ホルモン」「免疫」
この三つが24時間365日淀みなくバランス良く機能していれば 日々健康

なんだけど


私達の体は常に様々なストレスに曝されているわけで
ストレスはホメオスタシスのバランスを崩そうとしてくるもの

まあ適度にある分には良かったりもするが
何事もモノには程度というものがあり

ストレスが強すぎたり あまりにも長期間続いたりすれば
体内は常に臨戦態勢非常事態

休息するヒマなく対応していれば
いずれ自律神経もホルモン系も疲労困憊

そうなれば免疫機能だって無事ではいられない
そしてホメオスタシスが崩れ 体調不良へと転がり落ちる


業務量はほどほど、が理想なのだよね
現実社会の日々でも ホメオスタシスの維持でも

ストレスかかりすぎ=過労はよろしくない
取り返しのつかない事になってからじゃ遅い

あれ、なんかヤバくね?と思ったら
一度立ち止まって内部総点検したほうが良いと思うよ

(  ´ω`)

2017年3月8日水曜日

在庫一掃セール

まだ「真冬並みの寒さ」がやって来たりしているが
季節は間違い無く春

春分の日まで2週間を切って
だいぶんと太陽も高く上がるようになってきた

本当の「真冬」の時期に 体から熱を逃がさないようにと固く締まっていた体が 緩む時期

土の中でじっと寒さに耐えていた種や
蕾のままでひたすら暖かくなるのを待っていた木々が
春になると一斉に芽吹く

ゆるんで 一気に上へと伸びる

人間もそんなサイクルがあると言うのが整体的な人体観

やたらと眠かったり 妙に肩が凝ったり
そんなのも体が緩んでくるのと関係してたりするんだぜ

それからこの時期にひく風邪
インフルエンザは辛いし御免被りたいところだが
季節が冬から春へと変化する流れの中で「風邪を引く」のは 冬の間に溜め込んだ老廃物や余った栄養分などを体の外へ出すという意味では「良い事」と考えられたりもする

薬で風邪の諸症状を抑え込もうとしすぎず
しっかり寝て水分と必要な栄養分を摂って
よろしくないモノを体から追い出す
そうすると 結構その年は元気に過ごせたりもするんだってさ

「風邪を引いても休めないあなたに」 ではなく
「風邪を引いたらとにかく休め」になろうぜニッポン

(  ´ω`)

もう一つ
「冬の間に溜め込んだモノを外に出す」時に起きる現象には

別に何の原因も思い当たらないのにいきなり下痢になる

というのもあるようで

いきなり来て
がーっと一通り出て
あとはスッキリ

風邪がらみでお腹を下した時はしっかり養生したほうが良いし
ノロやらロタやらサルモネラやらが原因のは

 食 中 毒 そして 感 染 症

だからな
放っておくとエライ事になるし人にもうつるから
それはキッチリ対処する方向で


今年は久しぶりに「いきなり下痢」がやってきた
ガツンと出たらそれで終了
まさに腸内在庫一掃セール的なノリで
次の日に風呂に入ったら おぉ汗の出が良くなってるやないかい

これで今年は そこそこ元気に過ごせるかなと期待
少なくとも内科的には

ただし不摂生とかしたら一発アウトだからな
いくら気持ちは永遠の23歳くらいでも
体はさすがに若い頃のようには行かないからな

日々自分に言い聞かせている 戒めの言葉

2017年3月7日火曜日

クラックをクリックしたら電気が走った

久々にキムチを食べたら
下顎から側頭にかけて

キーン!!

と電気が走った

「えっキムチが?」と思ったけど

以前に麻婆豆腐でキーンときて
虫歯が発覚したことがあったので

覚悟を決める

翌日

あーやだやだ あーメンドイと思いつつ
歯医者に行った

昨日の今日だ
善は急げ
痛いのイヤだし

まずは歯科衛生士さん

「どうされましたか」

実はこーでこーでキムチ食べたら痛かったんで

キムチはスルー

( ´_ゝ`)

痛みがあるかどうかをチェック
かなりピンポイントでギーンと来る
はいそこですソコ

次に歯医者さん登場

同じようにチェックする

んー何も無いみたいやねんけどなー

コンコン カリカリ

医者
「すき間出来てるかな」
「詰め物が外れかけてるかな」

そう
問題の歯は以前に他院で詰めてもらっているところ

年数が経つと歯と詰め物の接合面にすき間が出来る場合があり

前にもあった このパターン

結局人力では詰め物を外して確認すること叶わず


「麻酔して詰め物削って外して詰め直して様子見ます」

あっハイ☆


幸か不幸か中に虫歯は見つからず
つまりは知覚過敏の類らしいと

ともあれ
詰め物と歯の間にすき間が出来てきてたのは間違い無いんで

(  ´ω`)


コンクリート製のビルの壁に出来る「クラック」みたいだ…と帰りの電車の中でぼんやり考える

クラック つまりは「ヒビ」
ヒビが入ればそこから侵入できるモノも出て来るわけで
ビルなら雨水が代表的
ただしそれは純水ではなく様々なモノが溶け込んでいる

クラックから様々なモノが溶け込んでいる水分が侵入すれば
壁の傷みは加速する
時には壁の一部が剥がれて落ちる


詰め物と歯の間に出来るクラック
ここにも 様々なモノが溶け込んだ水分が侵入する

そうなりゃ接合面の強度も落ちるし
そこに噛む動作による振動が加わり続ける事で 詰め物がポロっととれる事もあるし
侵入した水分が歯の神経を刺激する原因になる事もあり得るわけで
(電解質的な?)

あと 熱いものとか冷たいものとか
そういう刺激も伝わりやすい


何はともあれ

詰め直して症状が落ち着けば一件落着
ダメなら次の手 それはお任せ

どことなく
「しょーがねぇなあ」
という風情で治療してくれる行きつけの歯医者
無造作に処置しているようで手際良い めっちゃ早い
麻酔も上手い
あれには感服


それとキムチ
異常を知らせてくれたという事で感謝しておく

クラックは放置すれば悪化する
虫歯になる前で良かったと思う事にする

2017年3月6日月曜日

メンテナンスが止まらない

年明けからこっち 比較的時間に余裕のある毎日だった

わけだが

そういう時に限って メンテナンスが止まらない
(「ロマンチックが止まらない」 風に)

時間があるからメンテに勤しむという向きもある
まあそれもヨシ
オーバーホールは人間にも必要だ

だがしかし

歯医者はあまり好きじゃない

(´・ω・`)

ふた月前の定期検診で 確かに怪しかったんだ
だが決定打に欠けたので

「もう少し様子みてみてくださいね」

と言われ 様子をみていたら
やっぱり怪しいと思った本日
理由は


噛みしめたキムチが歯に染みた


気合い入れて 明日歯医者に行くべ
(`・ω・´)


幸い、皮膚のぶつぶつは一旦通院終了したし
 (ヒルドイドは継続して塗る)
階段から落ちた影響もほぼ消えた

そういえば整形外科行かずじまいだったな
筋繊維断裂とか腓骨にヒビとかくらいはあったかもな

そんなこんなでギリギリのところで
複数の診療科の「かけもち受診」は回避しているが
メンテナンスはもう少し続く予想

正直言って メンテは嫌いじゃないんだ
早めのパブ○ンは効くかどうか知らないが
メンテ・チェックで早めに不具合を発見して治したほうが 結果的に医療費かからずに済む事も多いんじゃないかい?と考える派なんでね
(  ´ω`)

だがしかし

歯医者はあまり好きじゃないんだ(泣)



2017年3月5日日曜日

迷走迷惑

小学校の朝礼で 校長先生の話が長くてクラクラ
立っていられなくなり グンニャリ倒れる生徒

「採血しますね」で針を刺されて
ふうぅ〜と目の前が真っ暗になる人

トイレで用を足した直後に
ゴロンドンと崩れ落ちる

どれもこれも神経のいたずら
場合によっちゃ いたずらでは済まない事態にも

そんな困ったいたずらをするのが迷走神経

もうね
名前がね
「迷走」だからね

ものすごく漂う「いかにも」感

(´Д` )

なんでそんな悪さするのさ と言いたいところだけど
迷走神経は迷走神経で頑張ってるらしいよ

でもその頑張りが迷走して 迷惑な結果になる事もあるらしい


1を聞いたら5教えてくれるクリニックの先生に聞いてみた

迷走神経のいたずらで倒れる時は
バターンと勢い良く倒れる事は無く

昔あった「土台の底を押すと その上の人形がくにゃっと崩れ落ちる 」おもちゃ
あんな感じでへなへなとその場に倒れ込む それが定番


「小学校の校庭だと周りに何も無いでしょ?
 だから特に怪我はしない」

「トイレだと色んなモノがあるからね
 そこに頭ぶつけると大事になったりするわけ」

身近に潜む危険はいっぱい
だがその危険を全部取り去るのはこれまた無理な話

それよりも

「くらっときた特に慌てて立ち上がらない」

寧ろ頭を低い位置に保って回復を待つ
これ最優先だってよ


頭の片隅にでも入れとくと良いよ
役に立つような事態にならないのが理想だけど
万が一そんな場面になったら我が身を守ってくれるかもしれないんで

2017年3月4日土曜日

「なるほど」と言いかけて「イヤそれちゃう」と気付くなど

ヘッドマッサージを受けている女の人が頭痛の話をしている

時々頭痛しますよ
肩こりもあるし
頭痛持ちなんですよね

ヘッドマッサージをしているほうが話しかける

頭痛の出やすい部分ってありますか
あ〜なるほど
肩こりも影響してますよね
緊張型頭痛って言うのがあるんで
それっぽいですよね

ヘッドマッサージを受けている女の人が返して言うには

そうそうそうなんです
私って緊張しやすい性格なんですよね


オイ待て
それちゃうで

( ´_ゝ`)


テレビを観ていたら
肉体美のステキな女性が数人
一人ひとり やっているスポーツは違っていて
ジムで鍛えた系の人は色白

一方で サーフィンがめちゃ上手いという女性

MCが語る
「アピールポイントは綺麗に日焼けした筋肉……」

確かに良い焼け方をしているし ツヤツヤだな

と思いかけて
ふと気付く

日焼けしてるのは肌だな
筋肉はその下(内側)だよな


そんなツッコミで日々が過ぎていく


平和です


2017年3月3日金曜日

リフレクソロジー

リフレクソロジーと言えば「足裏」を連想する人が多いと思われる

しかしリフレクソロジーは日本語で言えば「反射療法」
そうそうReflex=反射が語源と言うか まあそう言う事

なので、足のリフレクソロジーも在り
手のリフレクソロジーも在り
耳とかその他 結構多種多用で
これが面白い

(  ´ω`)

「反射区」なるものの考え方は 基本的には皆同じ
ツボが「点」で攻めるのに対して リフレクソロジーは「面」

指や手の平で圧されるのが気持ち良い

そして疲れているところはすぐに発見されるのが面白い

そしてそれは当たっている


耳は自分でも触りやすいから個人的にかなりオススメ
とりあえず耳の外縁を揉んであげると良いよ
目疲れ肩こり背中の凝り
そんな症状にかなり効く

目疲れは耳たぶだよ
オススメだよ
まあ騙されたと思ってやってみなよ

2017年3月2日木曜日

真っ直ぐ vs. 最適化

生き物の適応能力というのは大したもので
それは人間も同じような感じ

テニスプレーヤーの利き手側の腕は逆よりしっかりしてるし少し長い
マラソンランナーは細い
スプリンターのほうがガッチリしてるよね

仕事だって 長く同じところで同じ職務で働いていれば
職務の特徴に合わせて体に「クセ」がつく

体の左右をバランス良く使う仕事なんて滅多に無い
直立不動の立ち仕事も……まあ皆無とは言わないが少なかろう

(  ´ω`)

先日立ち寄ったリラクゼーションサロンのセラピストさん曰く

「長年事務職をやってはるお客さんの体には、『ああ事務してるんだな』っていう形と凝りが染みこんでる感じなんですよね」

あーわかるその感じ
きっと整形外科で「ストレートネック」とか言われた事があって
肩も前に巻き込んでる感じで
肩や背中や腕の張りとか ね

きっとそれは職務に対して体が最適化した結果
「姿勢が悪い」とか気にしてるのかもしれないけど
仕事はベストパフォーマンスを出せる形なのかもしれない


「そう考えると たまに違う仕事に転職するのもアリですね
使う筋肉変わりますし」

初期化だね
ただ気をつけないと給料も初期化される

ウッカリすると生活が立ち行かなくなるかもしれないご時世だからな

体には良いかもしれないけど
転職はくれぐれも計画的に

2017年3月1日水曜日

その1分をケチっていたらランチ代を失っていたやもしれぬ

3月になったら振り込もうと決めてた放送大学の学費&入学金
さっそく銀行でお金を下ろして
振込手続きを……

と思ったけど
少し落ち着こうと一旦座り

振込用紙についていた案内を再読

手数料が
銀行から振り込んだら864円
コンビニなら108円

あっぶねーーーー!!
 ( ゚д゚ )




















と言う事で無事に手数料108円で手続き完了
背後のゲートは閉められた