2017年2月25日土曜日

足あれこれ

手のぶつぶつに気を取られまくりの数ヶ月
脚の手入れなんかすっかり忘却の彼方

昨夜 ふと足裏を見たら

か か と ま っ し ろ (´Д` )

見事に「時間の経過した鏡もち」状態
ひび割れまでは行ってなくとも その2歩くらい手前か
アカンやんホンマにどこもかしこも油ぎれ

足だけじゃなく全身にクリーム塗りまくる日々がスタート
まさに「油断大敵」

+++++++++++

1年のうち360日はスニーカーを履いている(たぶん)
なので1足を履き潰すまでにそれほど時間はかからない

買い替え時期が難しい
ヨレヨレやな でもまだ明日くらいは行けるやろ

とかやってると、やたらと疲れやすくなって脚が先にギブアップ

中敷きのクッション性が落ちるとか
底がすり減るとか
ヨレヨレになったせいですぐに脱げそうになったりとか

あんまり貧乏性よろしく古い靴を履いてると
関節とかおかしくなって医者通いで高くつくかも?

体とも相談して買い換え時期をお見逃し無く

+++++++++++

















キャリーカートな
便利だよな
ただし形によっては 持ち歩く時に体のバランス崩れるからね
せっかく楽しようと思って使ったのに 普段よりも疲れたりしたら考え直したほうが良いかもね

+++++++++++

「立ち仕事で脚が疲れます」と言う人
「同じところで立ちっぱなし」なのか
「歩き回って」いて疲れるのか
「荷物を運んで階段を上り下り」する重労働か

ひと言で「立ちっぱなし」と言うても実はいろいろ
それによって疲れる部分も違うから

「脚めっちゃしんどい」と言う人が 実は腰の疲れからきてたって言うのもよくある話
腰は体の要だからね
そっちにも注意をはらってあげてほしい人は結構いてるから
ゆっくり上体回しや「ねじりのポーズ」で 腰の疲れを軽くすると
脚も楽になってるぞ……という事もわりとあったりするぞ

2017年2月24日金曜日

プレミアムというプレミアム感の全く無い言葉

言葉は生き物で
どんどん変化していくってのは全くもってそう思うし
常に何かが流行語として生まれては流れ去っていく

プレミアムフライデーなるものも 早速わぁわぁ騒がれて
ツイッターなどでは大喜利が始まり
働く人達の悲喜こもごもを大阪駅から見下ろしている気分に浸ってる

プレミアムという5文字の 何という虚ろ

それは 池の中に投げ込まれた麩が
群がる鯉に一瞬で食い尽くされていく様に似ていて

消費拡大とかよりも先に働き方改革の意識が進めば良いのにと 個人的意見
健康で機嫌良く働ける人が増えれば
他は後からついてくような気がするんだが

まあ所詮は世の中の仕組みを上っ面しか見ていない人間の戯言でござんすかね
( ´_ゝ`)

2017年2月23日木曜日

セツナイ教室

今日は健康教室
お題は「老化と言う名の自然現象」

某ファストフード店で90分
受講者はお一人 めっちゃ濃厚マンツーマン

こっちはギリで40代
受講者さんはこっちより若いと言えどもやっぱり40代

「ついに目がかすむようになったんですよ!」
「これがウワサの老眼ですか?!」

うんそうだね(´Д` )














レジュメの一言一句が身に付き刺さる

せ つ な い ☆

だがしかしこれは現実
やたらと嘆く必要は無いが 心構えはあっても良かろう

ついでに出て来る じいちゃんばあちゃんネタ
そうだよ彼らはうちらの大先輩
今の内に 学ばせてもらうのだ

「これから色々あるんですねっ!」
「でも老化スピードを遅くさせられる可能性もあるんですねっ!」
「生活習慣、だいじですねっ!」

おもしろかったー
勉強になったー

笑顔で終了
お互い上手に歳を重ねていこうじゃないか

(  ´ω`)

2017年2月22日水曜日

木の芽時

スギ花粉の飛散も始まり 嬉しくない方々にはマジつらい時期

ついでにそろそろ「木の芽時」と言われる時期もやってくる
きのめどき? いや、「このめどき」(らしい)

昔から「精神や身体のバランスが、一年のうちでも非常に不安定になる」とされる時期
気温は春と冬を行きつ戻りつ落ちつかんし
ついでに日本って春が区切りやん?
卒業進学就職引っ越しあれこれが集中する時期やん?

気温の乱高下も社会環境の変化も みんな「ストレス」
程良いストレスなら、シャキッと心機一転のスタートにもなろうが

程度が問題さぁね

ストレスがかかりすぎたら 自律神経やらホルモンやらのバランスが崩れて体調もイマイチ
そのあたりのボーダーラインは難しい

特に木の芽時はねぇ

(  ´ω`)

木の芽時は 漢方的に見れば「肝」の季節
草木が芽吹くのと同じように 冬の間は縮こまっていた体が緩んで動き出す時期

“『肝』は疏泄(そせつ)をつかさどる”
疏泄は流れ・発散などの意味
全身の“気”そして“血”“水”の流れを円滑にしてくれるのが肝

ところがだ

ストレスを感じる状態が続くと困った事になる
体を動かしてくれている様々なものの流れが滞ったり弱くなったりしてしまうんだな

特に精神的なストレスが続けば、肝の気が滞る
それが『肝気鬱結(かんきうっけつ)』

これが色んな状態を引き起こすんだ

女性には馴染みの「瘀血(おけつ)」
血の流れが悪くなって いわゆる「ドロドロ血」的なものが出来たりするアレな
出て来る症状は 生理不順や無月経など
そして「痰飲(たんいん)」
水の流れが悪くなって 胃腸に体液が溜まった状態
こっちは喘息などの原因だったり

「明日はテストが−」とか「お局サマのお相手がー」とかで嫌な事があったり緊張したりすると、食欲が無くなったりお腹を壊したりするっていうのも 肝気鬱結の影響だってね

Σ(´□`;)

ついでに肝と言えば「怒り」「イライラ」「怒りっぽい」
「えっ何でそんな理由でそんな事件が?!」みたいなのもチョイチョイあるね
アレ春が多い気がするね

後は肝の気・血のストックが無くなって困る場合
冬の間に大病したり働き過ぎたりストレスがかかり過ぎたりしてたら要注意
普段から貧血傾向のある人も気をつけるべし
在庫が無けりゃ出荷が出来ない
ただでさえバランスを崩しやすい自律神経なんかには大きな負担なんだぞ

一朝一夕には難しいかもしれない けど
心構えだけでも違うはず

『体調を調えて無理のない生活をおくる』

これに尽きるね

( ´_ゝ`)

あと 肝の変調は目に現れるって言うからね
翻って 目の疲れは肝の疲れと直結するぞ

寝る直前までスマホをいじるのは 控えなさいよ



2017年2月21日火曜日

引き返すなら今だが射手座としては前に進むしかない

帰宅したら 放送大学から届いてた

内容は
「入学して良いから学費払い込んでね」的なやつ

はいはいそーですかと書面を確認した

















あっハイ
(入学したいですって言う申請書を出しただけ)

 合格なんて言われたのは何年ぶりの事か
だがこれがスタートラインの一歩手前
学費を振り込んだら Set Ready Go のかけ声がかかる
そうしたらもう後には戻れない


引き返す?

いやまさかここまでやっといてそりゃ無いぜよ

まずは半年で3科目
その内ひとつ かなり自分には難しい内容のをとってしまった感があるが

まあやってみましょ
全部は理解出来なくても 何か新しい事を知る事は出来るからさ
(  ´ω`)

2017年2月19日日曜日

デビルイヤーは地獄耳

お年寄りってのは 「聞こえ」のレベルがなんであんなに上下するんだ

フツーに話しかけても「は?」と聞き返すのに
ひそひそ話には瞬時に反応

まさにデビルイヤーは地獄耳

いにしえの昔からの不思議だな
でも自分もそうなっていくんだろうな
いやそうに違い無い

年齢による聴力の変化は
「60歳を過ぎると高音域で低下が始まり、音として聴くことができても言葉として判断できなくなります」
「20~30歳代では5db(デシベル)の小さな音でも聴こえますが、60歳を過ぎて50dbの音が聴こえない状態になると、補聴器が手放せなくなります」

若い頃から空耳アワーだから
60過ぎたら相当ヤバイかもしれぬ

Σ(´□`;)

音の大きさの身近な例は 知っておいても悪くない

+++++++++++++++++++++

120db…飛行機のエンジンの近く

110db…自動車の警笛(前方2m)・リベット打ち

100db…電車が通るときのガードの下

90db…犬の鳴き声(正面5m)・騒々しい工場の中・カラオケ(店内客席中央)

80db…地下鉄の車内・電車の車内・ピアノ(正面1m)

70db…ステレオ(正面1m、夜間)・騒々しい事務所の中・騒々しい街頭

60db…静かな乗用車・普通の会話

50db…静かな事務所・クーラー(屋外機、始動時)

40db…市内の深夜・図書館・静かな住宅の昼

30db…郊外の深夜・ささやき声

20db…木の葉のふれあう音・置時計の秒針の音(前方1m)

+++++++++++++++++++++

若者は5dbでも聞き取れるってさ
若者の聴力バンザイ

だからオバチャンとかが口に手を当てて

「ちょっと、今アンタの隣にいるコな……」

とか言ってうわさ話をしていたら、(イヤホン付けてない限りは)絶対

本 人 に 聞 こ え て る か ら な !

オバチャンに聞こえる声なんて!
若者にとっちゃでかいんだよ!
デビルイヤーでも何でもないんだからな!☆