2017年2月11日土曜日

いきなり足元のハシゴを外された

願書を送ってすぐに「放送大学に入るよ!」と友達きょうだいに言いふらした

周りに宣言して退路を断つのはよくやる手法
途中で諦めないでやり遂げるには一番良いんじゃないの

そしたら

とある友達から郵便届いた

中身「書類」と書いてあって

まさか

まさか



そう来たか!

( ´_ゝ`)

何を隠そう彼女は放送大学の先輩になるのだ
そんな御大から届いた有り難い参考書類

絶対単位落とせないなこれ


2017年2月10日金曜日

四日市コンビナートは肝臓の何%の働きをしているのだろう

基本的に移動範囲は「大阪←→愛知」が精一杯
ご贔屓は近鉄特急 アーバンライナー

近鉄で四日市を通過する時、いつも肝臓を連想するあのコンビナートの風景
化学コンビナート 社会で習った記憶がうっすら
ウラル・クズネツク
鉄鉱と石炭
あったあった確かにそんなの

コンビナートはロシア語だってさ
英語だったらコンビネーション ああなるほど

「わが国でコンビナートといっているのは、技術的に関連した生産過程をそれぞれ分担しているいくつかの工場と企業が、地域的にも隣接している生産複合体のことをいい、」
「このようなコンビナートの建設は、第二次世界大戦前にも三井三池を中心とする石炭化学コンビナートなど、石炭―化学、電力―化学のような無機合成化学工業にみられたが、本格的になったのは戦後である。とくに1955年(昭和30)ごろからの石油化学工業の本格的発展に際して、各地で石油化学コンビナートが形成された」
(日本大百科全書(ニッポニカ)の解説より)

(  ´ω`)...ムズカシイネ


肝臓は人体の化学コンビナート
必要な物を作るための原材料が運び込まれ
化学反応を駆使して合成し
蓄えておくものは蓄え
使うものは出荷し
化学反応で発生した熱は体温維持に利用する

無駄が無い
石油化学コンビナートより無駄が無い

生成 貯蔵 分解 排出 代謝に解毒 スーパーシステム
さらにはダメージを受けても自己修復能力もあるって言うんだからおったまげ

だからと言って甘えてたら取り返しのつかない目に遭うんだよ
ダメージから100%復活出来るとは限らない

健康維持に必要な栄養素はもちろん

酒に薬に添加物その他諸々 全てが肝臓で化学処理される

平たく言えば

肝臓だって普段から忙しいんだから
あまり無茶して負担をかけすぎるなってコト

コンビナートで一旦事故が起きればオオゴトでしょ
肝臓だって同じ事

ただし
事故でダメージを受けたコンビナートはいずれ修復出来るけど
肝臓は いくら自己修復可能だって言っても限度がある

一線越えたら戻れないぞ
症状が出て来た時にはかなりやられてるぞ

くれぐれも油断めされるな

2017年2月9日木曜日

自律神経のぼやき

40を超えてから 風邪でもないのに咳が出る事が時々
ついでに「何かしんどい」と思ったら脈が跳んでいたり

おいおい何だコレ

呼吸器系も循環器系も「特に異常無いですね」

て事は

自律神経の乱れだな

( ´_ゝ`)

特に晩秋から早春と呼ばれる間
気温の乱高下があるとよく出るなと気付く

「もー敵わんわしんどいわ」

自律神経のぼやきが聞こえてくる

そんなに忙しくないけど?
昨日もキチンと寝たし

そー言う問題ちゃう

(`・ω・´)

自律神経は自分達の意思じゃどうにもならんのだ
だから自律神経がそう言ってるんならしんどいのだ
何某かの負担がかかってるって事を認めなさいそーしなさい


日が出たら活動し日が暮れたら休むという本来の生活サイクルはすっかり崩れたんだから
社会は24時間営業になっちゃったんだから
それだけでもストレスが大きくなってるんだねー
それを忘れてちゃあかんで

ストレスは人間関係だけじゃない
騒音・振動・温度・日々の心配事あれこれ
人によっちゃ 株価や為替の変動で一喜一憂するのだってストレス

ぶっちゃけ喜怒哀楽全てがストレスと関係してる

何もしてないようでも忙しいの
アナタじゃなくてアナタの体そのものが

ちったぁ自分の体のぼやきも聞いてあげなさいよ
無視してると その内エライ目に遭うからね?

2017年2月8日水曜日

頭の片隅に HAL 9000 が居座っている

先日、大阪の「セラピー整体・えみ」さんでお世話になった時の事

「ゆーだけやさんって
感性の人って思ってましたけど
実は理論的ですね 脳の中がそんな印象
相手の話に対する反応が早い
ちっさい引き出しがたくさんある感じ
しかもそれらがスッススッスと素早く開く」

そう聞いて
個人的には HAL 9000 のモジュールのイメージが一斉に湧いた

さすがの気功整体師・えみ先生
普通は見えないような世界も分かりやすく説明


子供の頃は屁理屈屋
少しはまともな理屈もこねられるようになったのか

ちょっとは喋りもマシになったって事で良いですか
喋りは特に40過ぎてから鍛えられたな確かにな

「ゆーだけやさんの話、分かりやすいですよ」

有り難い事で

(  ´ω`)

以来

自分の頭の中に HAL 9000 がちょこんと居座っている
カメラ・アイがじっとこちらの脳内を監視している
暴走を見逃すまいとするかのように

若干不思議な感覚

分野はまだ限定されてるとはいえ
人工知能の性能は人間を超え始めたらしい

だがそもそもは人間が作り出したもの
だって名前が「人工」知能

AIエーアイ 100%完璧は そうそうあり得ない

人間世界のあらゆる矛盾を抱えながら
混乱したり悩んだりしながら
間違いも時には起こしたりしながら
何とかやってくモンなんだよねー

スッススッスと引き出しを開けられても
正しい解がそこから出て来るとは限らない

試行錯誤
紆余曲折

そういうのが楽しい時だってあるんじゃないの
完璧じゃないから面白いとかもあるよねそうだよね
えっそういうの分かんない?

見えない架空の脳内人工知能と対話してみるのもまた一興。

2017年2月7日火曜日

送り届ける

周りの人々を見送る事のほうが多くなってきた今日この頃

お見送りの作法は色々あれど 一つの区切りは「四十九日」


四十九日はキチンとやってくださいね
そうじゃないと故人さんが向こうへ渡れません


送り届けるのが遺された人のお勤め
これも功徳だよな
親類縁者でいがみ合ってる場合ちゃうで

 (  ´ω`)

多少の順番の入れ替わり(と感じるような場合)があるとしても
皆 最期に必ず世話になるんだし

世話になってるんだし

お互い様ありがとさん、で
ちゃんと送ってあげましょや 

2017年2月6日月曜日

ちゃんと食え

自営業。
毎日、12時間以上の勤務。
昼休みは近所のスーパーの総菜や居酒屋のランチメニュー。
睡眠時間も短め。
でも「まだ30代だし若いし」と頑張っていた兄ちゃん。

ある〜日
不調〜で
内科医に
出会〜った

「何かしんどいなあと思ってたら血圧150超えてた」

そら来るわな

(´Д` )

とりあえずは降圧剤キタコレ
ストレス云々もあるだろうけど
これ以上オオゴトになる前に出来る事からカイゼンすべし



「ヨメさんが手作り弁当作って持たせるようになった」
「朝はヨメさんの手作り野菜ジュース」
「朝ご飯は今まで食べへんかったけど、最近は食べるようにしてる」

カイゼン効果はテキメン
半年そこらで数値正常
降圧剤とも縁が切れました

ストレスとか言う以前に生活習慣だねソレ


食える状態ならば ご飯はバランス考えてちゃんと食え
話はそれからだ

2017年2月5日日曜日

すごいぞ薬剤師さん

おかげさまで手指のぶつぶつは小康状態
真面目に通ってみてますよ近所の皮膚科

医者の反応はこっちが期待(?)した程大きくなかった
まあヤバイものではないんでしょう
行く度にひたすら保湿を念押しされる

あっちょっと症状がハッキリ出ているところなんかには軽くステロイド入りの軟膏も


皮膚科はどこも混雑してるようで
お世話になっているところも例外ではなく
素朴な疑問レベルの質問はさすがにしづらい雰囲気

そうすると質問の矛先は調剤薬局へ
Yes, 薬剤師さん
薬のエキスパート

(*´ω`*)

モノによっては診察・治療でてんてこ舞いのお医者さんに聞くよりも良かったりするよ
もちろん 薬についてはどんと来い
しかも 一般人にも分かりやすく噛み砕いて話してくれる薬剤師さんが多い印象

ステロイドは正しく使えば良い薬
そう知ってはいても長期間使うとなればちょっと気になる
もちろん「医者に指示された使用法は守ります」が前提

いかがなものですかね?

あーこれなら大丈夫ですよ正しく使っているのなら
使わなくて良くなる時はお医者さんがちゃんと判断してくれますから

ふむふむなるほど

<だから毎回変わりばえしないように思える診察も ちゃんと受けてくださいね>

……とは言われてないけど、そういう声がどこかから聞こえて来た

すごいぞ薬剤師さん
単なる「くすりや」さんじゃないからね

餅は餅屋
薬は薬剤師
これからも上手にお付き合いしながら色々教えてもらいたいと思うんでどうぞよろしく