2017年12月30日土曜日

乾燥用心 火の用心

他の地域は存じ上げないのですが

大阪市内 町内会ごとに
年末の夜警をしているところが結構あるようで

我が家の周囲も29・30日は
夜になると「火の用〜心!」が聞こえてくる

19時頃から3〜4回
最終夜回りは午前0時を過ぎる事も

年末の風物詩のひとつ
これが聞こえてくると「あっ用心せにゃ」と
心のどこかがシャンと引き締まる

寝タバコなんぞはもっての他だけど
風呂のボイラーから暖房器具から
灯油だけじゃないよ電気もショートしたりとか
可燃性揮発性その他諸々
考えだしたらキリが無いほど
火と関係の深い物事がボロボロ出て来る

さらに
特に太平洋側は
冬の毎日が乾燥注意報
一旦出火してしまうと
1軒じゃ済まないところがヤバイよヤバイよ


空気が乾燥すると言う事は
水分がめっちゃ減ってると言う事
水分のあるところからは
どんどん蒸発していっちゃうと言う事

お肌もパリパリ
小ジワの原因にも
かゆみの原因にもなりますね

口呼吸していたら口の中もパリパリ
ノド荒れからの風邪引きさんとか
「やらかした」事のある人も多かろうかと

ウイルスたちは
乾燥した空気のほうが長生き出来て
活躍するチャンスも増えるので
人間にとっては ええ迷惑

そんなわけで 乾燥すると
あんまり良い事ありません

(  ´ω`)

乾燥用心 火の用心

お風呂上がりは化粧水とクリームを
寝る前には火の元点検 元栓閉めて

年末の静かな夜
心穏やかに過ごしましょうぞ

2017年12月28日木曜日

年末感1%

一般的なお仕事のところは
今日が仕事納めだったのかな

と ぼんやり思う寒空の下


年末感どこいったのさ!

と言いたくなる程 ワタクシの脳内は通常運転

ですが
 スーパーの品揃えと
それらのお値段の高騰

そして

義母が(電動餅つき器で)作った餅が

辛うじて2017年の終わりを演出

( ´_ゝ`)


基本的に寝正月の我が家
初詣は近所の氏神様へ

最近は箱根よりもニューイヤー駅伝
関西勢も駅伝やろうよ六甲山とか箕面とか
(過酷)


ついつい乱れがちになるのが 生活習慣
おせちに雑煮 ついでにごちそう
翌日を気にせずに夜更かし出来るとなると
テレビなどもだらだら観てしまったり
ネットサーフィンなども長引いたり

崩れすぎると 本調子に戻すのが大変なので
せめて何かひとつ 「いつもの習慣」を保つように
ちょっとだけ気にとめておくとか いかがですかね

「いつもの習慣」が無いとおっしゃる貴兄には
「せっかくなので」正月から良い習慣をスタート

布団に入ったらスマホは見ない
出来る事なら布団に入る30分前にはスマホとバイバイ

夜中までだらだら食べない
理想は布団に入る3時間前までに「食べる」を終了
あるいは 例えば「夜10時以降は食べない」を実行

風呂はシャワーだけじゃなくて湯舟に浸かる日を

エスカレータやエレベーターじゃなくて
階段を使う、頻度を増やす

などなど
よく言われている「健康のための習慣」をひとつ
始めてみるのもよろしいかと


ワタクシの場合は とにかく「寝る前ストレッチ」
これを怠ると 翌日テキメンに不調を感じるので
いくら眠かろーが疲れよーが
「完全にサボって寝てしまう」のは御法度なのです

一つふたつだけでも 何かやってから寝るようにしてるので
正月も 忘れずサボらず続けておこうと

それだけは決めておるのですよ

2017年12月26日火曜日

神経痛 vs. ストレッチ (2)

前回に続いて

今回は坐骨神経痛

そんなに頻回ではないけれど
個人的には
冷えはやっぱり 大敵の感じ

そこに座りっぱなしなどがブレンドされると
「ハァイ♡」ってな具合に出て来るのですよ

( ´_ゝ`)

明らかに整形外科的に原因があるなどの場合は
「治療」してしっかり治していただきたい

ですが

そこまで深刻じゃない場合
ありがちなのは

「お尻の筋肉たちが凝りすぎて
 坐骨神経を締め上げている

というパターン

腰が起点の坐骨神経は
お尻の筋肉の間をぬって脚の先のほうまで伸びているので

ある意味 お尻は<関所>

お尻の筋肉が ちゃんと柔軟性を保ってくれれば
坐骨神経もぎゅうぎゅう締め付けられる事無く
本来のお仕事を続けられるのでね

腰回りのストレッチに加えて
お尻の筋肉=臀筋群のストレッチを
してあげるとよろしいかと

ストレッチの体勢は
バリエーションありますが
椅子に座ったまま出来るのが
やりやすいかなあと思ったのでご紹介

股関節の調子がよろしくない人は
やっちゃダメ(ご注意)


図例は左側のストレッチ

まずは 伸ばしたいほうの膝を曲げて
足首は もう片方の脚の膝の上

いわゆる「4の字」的な状態 
























曲げた右膝の角度は90°
右足に乗せた左脚は床と平行
これが理想だけど

人によっては もうこれだけで結構きます
「床と平行」にはこだわり過ぎず
決して無理はしないように 


20〜30秒くらいこのままをキープして
体が慣れてきたところで

さらに臀筋たちのストレッチを

 




左の膝には左の肘を乗せて
そこを支えにする感じで軽く体重をかければ
膝が浮くのを防げるので

そうして右腕を「下」というより「前方遠く」
イメージして伸ばしていけば 自然と上半身が
前に倒れていくはず

背中を丸めたら効かないんで
腰(骨盤)から「倒していく」感じで
どうでしょう

ちょっと倒しただけでも結構効くので
くどいですが

無理はせず

「気持ちいいかも〜……」と感じられるあたりで
30〜40秒キープ

そしてゆっくり上半身を起こします


脚を変えて 右側も同様に


軽い坐骨神経痛だったら これだけで
かなり楽になったりもするので
よろしければお試しあれ
(´`*)

それと お尻や腰まわりを
冷やさないのもセットですよ

おのおの ぬかりなく

2017年12月24日日曜日

神経痛 vs. ストレッチ

坐骨神経痛は20代で
肋間神経痛は30代で

「デビュー」しているワタクシですが

40代後半に入ってから ようやっと
付き合い方が上手くなった気がするのですよ
 (個人の感想です)


まずは肋間神経痛
昔 ある時に

「胴体が硬いと肋間神経痛って出やすいのよねー」

みたいな事を言われたのがヒントになって


胴体 それすなわち 体幹
   ↓
体幹のストレッチ…いかがなものか?


……で、出会った方法が

以前もご紹介した


腹ばいになって上体を起こす












股関節&膝を90°曲げ、曲げた脚のつま先を見るようにして上体を捻る



















……というモノ。

このストレッチはネットで見つけたのですが、
出典は『長友佑都体幹トレーニング20』という書籍。
(2014年刊)


これをやるようになってから

確かに 肋間神経痛 出てない!!


自分にはこれが合ってたようで

それすなわち 体幹マジ硬かったって事で


ホクホクしながら 今も続けてますよ

(´`*)

2017年12月22日金曜日

冬至と言えば

12月は やっぱり過ぎるのが早い気がしまして

気付けば22日 冬至です


冬至と言えばカボチャ そして カピバラさん


……ゆず風呂に浸かるカピバラさんの画が
すっかり風物詩になってません?

癒されます
(*´ω`*)


今年の我が家
もう思いっきり手抜きをしまして
























ゆず湯パックにさせていただきました

+++++++++++++++++

粗塩 入浴剤 その他

みなさんそれぞれ お好みのものをお風呂に入れて
楽しんだりもされると思いますが

この時期よく言われる お風呂の入り方

そうです ヒートショック予防のためのアレ


寒い冬場の浴室周り
急激な温度変化が 知らぬ間に体に影響を及ぼします
どこにと言えば 全身の血管
つまりは循環器系



これが原因で亡くなる方
侮れんですよ 年間1万人超

脱衣所はたいてい寒いわけで
そこで服を脱ぐと 体は体温を逃すまいとして
毛細血管が収縮 そして血圧は一気に上昇

浴槽に入ると体が温まり血管は拡張
そして血圧は下がる

ヨシ温まったと言う事で風呂を出る
風呂を出れば またもや寒い脱衣所で
体は「寒っ!」とばかりに毛細血管を収縮させて
再び血圧 急上昇

これで危険なのは 脳梗塞や心筋梗塞
そこまでいかなくても 血圧の変動で
「ふうぅ〜」と軽く意識が遠のいたら
スッテンコロリン 頭部打撲とかヤバイよヤバイよ

特に注意したい方々は
65歳以上だったり
高血圧やら糖尿病やらをお持ちだったり
不整脈があったり
お酒を飲んでから風呂に入るのが好きだったり
そんなカテゴリに入る人

まあこのあたりは「ヒートショック リスク」とかで
検索していただくとたくさん出て来ますので割愛


予防策は『温度差を減らす』に尽きるわけで

・風呂に入る前に脱衣所を暖めておく
・浴室も暖めておく
・いきなりドボンと湯舟に入るのではなく
 体の末端(手や足)からかけ湯をして
 徐々に体を温めていく
・湯舟のお湯は ぬるめ(40℃程度)

などで工夫が必要ですね



我が家は有り難い事に
浴室に『予備暖房』が入れられるので
それをめっちゃ活用

ワタクシなんぞ
服を脱ぐのも着るのも浴室だったりするのです
(たまに おパンツなどを落として残念な事に)

2017年12月19日火曜日

苦戦なう

前々から

それこそ3年くらい前から

ガラケーからスマホとかに変えたいと思ってまして


でもまあ料金とか料金とか
ノートパソ持ってるからアレだよねとか

のらくらしてたんですけど


ガラホってのも出て久しいし
なんかキャンペーンやってるから

もうええやろ という事で

ケータイショップへ行きました

そもそもは
ガラホに変える気満々だったんですよ


ところが


こちらの希望とこれまでの利用実績を
照らし合わせた店員さん


ケータイそのままのほうが良いです
ケータイは電話機能だけにして
メールとか写真とかはタブレットにしなさいよ

と力説されましてね


ケータイ機種変しちゃダメ
不具合無いなら使い倒せって
あんなに繰り返されたの
生まれて初めてでしたよ

( ´_ゝ`)


結局土壇場で
ガラケーの加入プラン変更

タブレット新規購入

と相成りました


そして現在
あれこれ苦戦しております☆

(スマホやタブレット使いの)
みんなが通ってきた道なのですなあコレが

時代に追いつくのに必死ですよ
しかもMac使いが
いきなりAndroidと出会いましたからね

ショップのお兄さんは丁寧に説明してくれました

「『ヘイSiri』って言うのはアプリですか?」
「そうですね、これはAndroidなので
 『オッケーGoogle』ですけどね」

そんなレベルの会話にも嫌な顔一つせず


けど
ショップのお兄さん

「ノートパソコンより持ち歩き楽ですよ、軽いし」

って言わはったけど

タブレット
確かに(ノーパソよりは)軽いけど
(思ってたよりは)重くってですね

ついつい両手で持って操作していたら
上腕三頭筋あたりがプルプルしてきてます

2017年12月17日日曜日

年末メンテ

昨夜のPC動作異常……超・低速化は
我が家のメカニック担当のお陰で とりあえず解決

Mac限定とはいえ トラブルシューティングは
お手の物(に見える)の家族がいるのは有り難い

ちゃんとバックアップ取りなさいよとか
あれこれ怒られましたが

(自業自得感)


ともあれ
かれこれ7年使ってきた
Mac Book Air  Late2010

もうしばらく使えそうな予感

年末を目の前にして
良いメンテナンスになりました

( ´_ゝ`)


定期メンテは必要です機械も人体も

機械はそれこそ 部品交換とか
イザとなったら買い替えでもいけますけど

人間はまだまだ そうは行かない

何も毎週 整体へ行きましょうとか
そこまでは言いません

けども

その日のお疲れ その日のうちに
サッサと落とすのが理想です

ちゃんと湯舟に浸かる
ストレッチを5分でもする

などなど


掃除と似てるかもしれませんね

日々の「小掃除」をしていれば
年末の「大掃除」が楽になる

同様に

日々のメンテを5分でも3分でもしていけば
たまのボディケアで楽になれる度合いも
絶対に大きいのですよ


……さあこれからはワタクシ
日々のストレッチとあわせて

週1回のPCデータバックアップ

ちゃんとやるようにしましょうか
(相当 怒られたらしい)

2017年12月16日土曜日

1日遅れ、そしてフリーズ

本日、予定を1日オーバーして
メールマガジン第8回を発行いたしました

その直後

パソコンがいきなり絶不調におちいりまして

(>_<)

正確にはブラウザの動作が激重
色々トラブルシューティングってのをやってますが
まったく変わらず

むしろ悪化している気もしないでもなく

ということで
人生の相方のPCを借りてコレ書いてます


かれこれ7年使ってきた
Mac Book Air  Late2010(って書いてあった)

何かと限界間際の気がしております

2017年12月14日木曜日

寒気アタック

寒気の読み方は二通り

「かんき」と
「さむけ」

今回は「かんき」のほうの寒気ですが

最近はすっかり 真冬並みの寒さ

(じゃあ“真冬”っていつなんだろうって
 いつも思う……それはさておき)


外出時にはマフラーを巻くけど
それでも耳が痛いほどの寒気

あれで肩凝り首凝りする人が
いてはるのはモチロンの事

更には頭痛まで招いてしまったり

(´Д` )


室内でも油断は禁物

起きている間は暖房をつけていても
寝る時には消して寝る人も多いはず

火の元用心
乾燥大敵
ですからね

ところが夜間の冷え込みで
せっかく暖まっていた室内も
グイグイ冷えていってしまい

お布団から出ている部分と言えば 頭
頭が冷えすぎて 起きたら頭痛

などもウッカリやってしまう事もあろうかと


我が家の人生の相方は
頭部の地肌率が高めなので
(オブラートに包んでみました)

本人曰く

「頭から風邪引くわ」

と言うワケで
寝る時にはニット帽を被って寝ています


頭は暖まり過ぎないほうが良いとも言いますが
あれはむしろ 脳の温度の問題で

脳は本当に熱に弱いので

頭の「内部」は暖まり過ぎないほうが良いですが
表面はやっぱり 冷えすぎ良くないです

冷えすぎて血行悪くなったら頭も凝るし
寒気はやっぱり緊張の元


マフラーだけじゃなく
帽子やイヤマフ(耳当て)
何なら貼るカイロも総動員して
寒気アタックから上手に身を守ってくださいまし

2017年12月12日火曜日

自己責任というか責任取れないというか

すっかり冬になって

ウイルスたちが大騒ぎ

_ノ乙(、ン、)_


インフルエンザもモチロンだけど
(流行期に入っている関西)

遅ればせながらエンジンかかってきたのが

ノロウイルス


先日もちょっと出て来ましたけども

こいつら

感染力ハンパない!


他の食中毒(感染症)を起こす菌とかは
万単位で体内に入って「やっと」発症する
っていうレベルなのに対して

ノロウイルスは
100個も来りゃあ下痢嘔吐

他が数頼みの総攻撃戦なら
ノロは少数精鋭
油断大敵ですわよみなさん




冬でノロと来れば

牡蠣

が連想ゲームで出て来るわけで

牡蠣ね
美味しいんですよね

だけどウッカリするとアタルんですよね

(´Д` )


おかげさまでアタった事は今のところござんせんが

アタったらヤだな

っていうのと

感染広げちゃう側になるのヤだな

っていうような気持ちが結構ありましてね


いや牡蠣食べたいんだよ好きだしさあ
でもウッカリやらかして家族全員ノロわれたら
エラいことになるし

我が家ってトイレ一つしか無いから
絶対全員やられるし

仕事とかあれこれでお人に会ったりして
ウッカリうつしたら申し訳無いし

という事で

牡蠣は自宅では決して食べない
外食でも滅多に頼まない
それでも食べる機会に恵まれた時は
(食べられるのはめちゃ嬉しい)

ある種の覚悟を決めて
美味しくいただく

なんか そういう習慣になってから久しいのであります

2017年12月10日日曜日

えのきたけブーム

この秋頃から
個人的に「えのきたけ」ブームがきてます

ささやかなブームではありますが
今どきの言い方だと

「じわる」的な感じ

(  ´ω`)


前触れとしては えのきの産地出身の人に

『なめたけ』は買うもんじゃない
家でつくるもんだ

と 熱く主張された事に始まりまして


それでも料理は苦手分野のワタクシは
そのまま「ふーん」と思ってたのですね

ところがですよ奥さん

ある時

「なめたけ」は本当に簡単きわまりないな!

と思わせてくれる簡単レシピに出会い


やってみたのがブームの始まり


回を重ねるごとに
昔懐かしの ビン入りで売られていた「なめたけ」の
味に近づいているような気がしておりますよ


ちなみに えのきたけは
漢方・薬膳的には
「水毒」を改善する作用があるそうで

これはまさしく自分当てはまる
ピッタンコ食材なわけです

「平性」なので、体を冷やすことはないし
(まあ温めもしないわけですけど)

きのこ類は好きなので

時々線維が歯の隙間に挟まりますが

これからもコンスタントにいただこうと思います

2017年12月8日金曜日

脳が睡眠を欲しておられる

珍しく ちょいと苦手な数字と格闘しましたら

メモリ容量もCPUも旧世代な我が脳みそは
すっかり消耗

夕方 帰宅して
ご飯を作り
ご飯を食べ
一服しながらテレビを観たりなどし
風呂に入ってほっこりしてから

おもむろに「ブログを書きましょうか」
とPCを立ち上げたのだけど

「待ってました」と言わんばかりのタイミングで
強烈な眠気がやってきて

うわ〜眠い
しかし書かねば
だけど眠い
何書こうか……(そして数分の空白)

という葛藤を繰り返す事1時間



今に至っております

┐(´-`)┌


何だかんだで 少し休息が出来たようで
今は少し覚醒状態

しかし脳はまだまだ睡眠を欲しておられる
後頭葉の奥のあたりから
ねむねむパルスが出ている感覚がある

脳は思考を司り
一方で全身の働きを統括している
大して何もしてなくても 実は結構
あれこれと忙しく働いてくれている

そんな脳からの「寝たいんですけど?!」な声には
可能な限り従うほうがよろしかろうとは思うけど

たとえば窓を閉め切って暖房を使うこの時期
昼間 ほんわり暖かい環境の中で仕事をしている内に
室内の空気が悪くなって(物理的に)
脳に十分な酸素が行きわたらなくなると
あくびが出たりするし
眠気も感じたりするし

こういう場合は 換気
そして 軽く体を動かせば
脳に酸素がしっかり行きわたり
眠気解消

昼間の眠気には対応策もあるって事ですかね

でも寝る時間が近づいてきた頃の眠気は
人間の本来の活動パターンに基づいて
「もう閉店ガラガラやで」と脳が言ってるようなものなので
逆らいすぎは明日のだるさと睡眠不足につながりますな

という事で 今日はそろそろこの辺で

閉店ガラガラ

2017年12月6日水曜日

出して正解

日中の最高気温予想が一ケタだったので

どうしようかな
もう出しても良いかな

と 真冬対策の丈長ダウンコートを出した
(○ニクロ)


外気はついに「痛い」と感じる冷たさになり
乾燥も激しく

大阪的にはいよいよ
「これくらいにしといたろ」
と言いたくなるあたりまで 気温が下がってきて

ああいつの間にかこんな季節になってしまったのだな

丈長コート 出して正解でしたわ


貼るカイロも昼間から大活躍
低温やけどにはくれぐれもご注意しながら
腰や背中 お腹 肩甲骨の間のところなどに
ペタッと1枚で
ちょっとだけ極楽エリアが出現てなモンだ

(*´ω`*)


寒さ そして 乾燥
これらから上手に我が身を守れば
元気に年末年始を迎えられるのであります
(手洗いうがいとマスクもGood)

2017年12月4日月曜日

ウイルスうようよ

インフルエンザに気を取られていると
別方向から不意打ちを喰らう

世の中 種々雑多のウイルスが存在してますが
この時期になると大活躍してしまうものには
まず

インフルエンザウイルス

こちらは 呼吸器感染症を引き起こす

いわゆる風邪よりも高い熱が出る
ノドはもちろん痛いし
さらには関節痛や筋肉痛も出て来る
しかも全身が怠くてしょうがない

こうした症状は

出る時には一気に出る

いわゆる風邪みたいに
モタクタモタクタしていない


子どもの頃にかかったアレは
インフルエンザだったと思うんだけど

普通にお布団に入って寝たのに
夜中にいきなり パチッと目が覚めて

「なんだこれは」

と思う間もなく

ガタガタガタガタと 震えと悪寒が始まり

しばらくそれが続いたと思ったら

今度は突然に

ぽあー!!

っと全身がカッカカッカ熱くなって
この段階でもう 38℃を軽く超えてたりして

まさに急激

ついでに 一気に臨戦態勢に入る
自分の免疫機能に 今更ながら拍手喝采

まあ翌日には 近所の医者にいく事になるんですが

┐(´-`)┌


いっぼうで
「お腹にくる風邪」とよく言われるのが

感染性胃腸炎

消化器の感染症、って事で

こちらで 冬に大暴れするのが

ノロウイルス

子どもちゃん方面で有名なのが

ロタウイルス

他のメジャー系には

腸管アデノウイルス

など

夏場はサルモネラやカンピロバクターやら
O-157などの『細菌』によるものが多いのに対し

冬場はウイルス由来が多い

他には寄生虫なども原因になるけども
とにかく
これらが食べ物や飲み物にくっついて
それを人間が口に入れて
発症すれば 『食中毒』


お腹にくるので
症状はだいたい

発熱、下痢、悪心、嘔吐、腹痛など

ウイルスを直接やっつけられるような薬は無いので
対症療法が中心

細菌や寄生虫が原因ならば
それぞれの病原体に合った対抗措置を講じるのが普通

脱水が怖いからね
口から飲めるようなら ちまちまとこまめにしっかり
水分補給

それが無理なら点滴になりますな

ともあれこちらの面々には
インフルエンザみたいなワクチンは無く
つまりは効果的な予防方法が無いんで

ウイルスや菌を遠ざけるために
手洗いしっかり
患者さんとの濃厚な接触は避けるべし


肉眼では見えないだけで
ウイルスや細菌は
わたしたちと同じ空間に
うようようようよ
いてるのです

2017年12月1日金曜日

相性

先日のヒーリングのモデルをさせて頂いた時に
改めて感じた……というか

どんな種類の整体・ボディケアでも
受けるたびに感じるのが

相性ってあるよね!

という事

(  ´ω`)


整体・ボディケア・ヒーリング
どれをとっても 大概は

セラピスト:お客さま=1:1

という サシの関係

モチロンお互い人間なので
第一に「人と人」としての相性は絶対
あると思うんですよ

経験豊富なセラピストであれば
どんなお客様にでも合わせられる

というか
それがプロ中のプロならではの凄さ

というのはあるのだけど


お客さま側から言えば

「あの人にやってもらうと楽になるのよねー」
とか
「すごくリラックス出来るんだよねー」

みたいなのがあったりもするのですよ


セラピストとお客さまの相性は
それこそ人の数だけ組合せがある

だからこそ面白くて 奥深いなあと


さらには
ボディケアの種類とお客さまとの相性

これにはお客さまの好みってのも
多分に入ってきますけど

いわゆる「ほぐし系」から
ツボ押し
オイルマッサージ
リンパマッサージ
そしてヒーリング系
その他諸々

部位別でいけば
フットマッサージか
フェイシャルか
全身か
エトセトラ

「お客さまの好み」って書きましたけど
これまた

体調やら
流行やら
年齢やら



変わったりするから面白いですわ


そういうところで
お客さまそれぞれが
それぞれに合ったボディケアを選んで
スッキリ癒されていただければ
うれしいな

と言うのが

へっぽこではありますが
いちセラピストとしての気持ちでございますの

2017年11月29日水曜日

クォンタムタッチ® を体験

リラクゼーションルーム・杏~An~さんへお邪魔してきました


ワタクシ整体施術も好きですが

色んなボディケアやヒーリングをして頂くほうも
めっちゃ好きなので

事ある毎に あちこちへ出かけてます


今回ナイスなチャンスが到来☆
前々から気になっていた
クォンタムタッチ® ヒーリングを
モニター体験させて頂きました
(´`*)

そのチャンスを下さったのが
リラクゼーションルーム・杏〜An〜の ミヤコ先生

ソフトな語り口調にも癒されます♪

























クォンタムタッチ®の説明は
杏さんのページにお任せしまして

体感としては

やっぱり痛くも何とも無い
時々「あー触られてるな〜」ぐらいで
揉んだり押されたりしていない
気付けば寝ていてボーッと気持ち良い
そんな感じのままベッドの上で60分が過ぎ
起きたら楽になっている

あれ不思議よね
面白いね


ヒーリングを受けた日は
実家に1泊2日で往復してきた直後だったので
何やかんやと移動疲れはあったのですが
そういう部分がすっかり癒されました

特に腰
そして首の付け根
ひと言で言えば とても「緩んだ」感じ
そして楽チン

若い頃はグイグイ揉まれる系が好きだったけど
最近は こうしたヒーリング系もめっちゃ癒される

特に
「痛いのイヤ」と仰る方々にはうってつけですよ

リラクゼーションルーム〜杏〜さんは
アンチエイジングを特に意識した
フェイシャルやボディのメニューもあります♪


クォンタムタッチ®は 現在モニター募集期間なので
今なら無料との事

どうぞこの機会に
貴女もクォンタムタッチ® を体験!

2017年11月27日月曜日

更年期会話

帰省して
実家近くに住む姉と久々に会話

そうでなくても健康ネタは話題にのぼるのに
一家揃って軽く健康オタクの傾向があるので

姉との話も必然的にそっちへ流れ流れてマニアック


仕事柄
首肩脚腰とまんべんなく疲れがたまる姉の
目下の悩みは首の疲れ

どれどれ と触らせてもらうと

もうコレ
首だけ癒して
どーにかなるもんじゃねぇよ

というところまで来てました

┐(´-`)┌


頭もパッツンパッツンに張っちゃって

こういう頭も 枕との相性が難しい

姉もご多分に漏れず
「合う枕が無い」を言うておりました

まあワタシも あれこれ試行錯誤してる昨今で

「(値段が)高けりゃ良いってモンじゃないよね」
「値段関係ないよね」
「もう今までに何個の枕を買ったか」
「おー買ってるか悩んでるか」
「ザブトン使ってみたり」
「あーあーやったやってみたよワタシも」
「バスタオルでやってみたりさあ」
「そうそうそう」

と盛り上がり

「でさー、朝起きたら頭痛してるじゃんね」
「あるある それとワタシ 横向いて寝てたら腕痺れたりする」
「うんそれもう私は通り過ぎた
「通り過ぎるモンなのかよ」

 冷えのぼせ
イライラ
その他諸々

いやあお互い更年期だねえというオチになるのです


まあそうやって
やいのやいのと喋りまくって
「みんな通る道なのね」
「自分だけじゃないのね」
という一種の安心感(?)を持ってもらえたなら
良いんだけど


妹はキチンとアナタの後を追いかけてますんで

ぼちぼちで頑張っておくれよ姉よ

2017年11月25日土曜日

攻防戦

メジャーな感染症に対抗するためのワクチンは
可能な限りは打ちます派

代表格は今の時期 インフルエンザ
おかげさまで打っていただけました

そらちょっと痛いけど
高熱やら呼吸困難でゼェハァ言うよりは
ナンボもマシだし
周囲にウイルスをまき散らす可能性も小さくなるなら
ある意味これも世のためなのかと
 (パンデミック防止)

さて今回は






















クリニックで見つけてきた
肺炎球菌ワクチンに関するパンフレット

「菌」なので 彼等も生物
生き延びるためには必死ですよ

ミクロのレベルで それこそ人間以上に必死

中世とかの ペスト大流行などの歴史を見てみてください
ちょう悲惨





























ワクチンは
人間の免疫を支援する
人体に有害な菌やウイルスと戦ってる
「人間免疫隊」に送り込まれる助っ人

まあそのような感じかな

「免疫隊」が弱り切ってから
助っ人が来てたら 苦戦するかも
もしかしたら 勝てないかも

助っ人が来てくれても
「免疫隊」とうまく連携出来なかったら
もしかしたら 苦戦したり負けたりするかも


「絶対100%」は無い 生き物の世界
(有るとしたら『どの生命も有限である』ぐらい?)

ワクチン打ったら その感染症に
「絶対100%」かからないとは言えないけども

打ってなかったら その感染症にかかる確率は
上がるワケです
たいがい そういう菌やウイルスって
街中にフワフワうようよ存在してるんで


あと 忘れちゃならないのは
「罹ってしまった」後の後遺症

ワクチン一本打っておいたら
防げた可能性のある 一生モノの後遺症

これもまた ゼロとは言えないのですよね


一方で
ワクチンそのものも
「人体にとっての異物」という側面はあるので
いわゆる副作用も「絶対ゼロ」とは言い切れず

そのあたり ワクチン怖いと思われる方の
気持ちも分からないでもない


メリットとデメリット
利益と害

そのあたりを どう考えるか


インフルエンザやおたふく風邪(ムンプス)の
ワクチン接種なら「ハイハイやりますやります」と
手を挙げる私も
モノによっては「やぁ〜ちょっとそれは……」と
ノーサンキューしてしまう事もありますし

┐(´-`)┌

モチロン あらゆるワクチンを
一気にあれこれ打つ必要性は無いと思う

上記の肺炎球菌ワクチンに関しても
「65歳になったら」とあるので
基本的には65歳まではノーサンキュー

(ただしそれまでに大病とかして
自分の免疫力が落ちるとかあったら再考)

でも

例えば海外旅行
例えば仕事
年齢や体調など 感染症に罹りやすくなってる可能性

そういう要素を考えて
やっといたほうが良さそうな感染症ワクチン接種を
医者に相談してみるとか

自分である程度 行動するのは大切ちゃうかなと思います

ちなみに





















「予防手段としてのワクチンがあるものは
一部に限られています」ってありますけども

要するに
「ワクチンで予防出来る感染症ってまだまだ少ないんですよ」

という事でして

つまり ワクチンで予防出来ない感染症については

罹るか罹らないかは
アナタ自身の努力と免疫隊の力次第 

っていう事ですよね

(  ´ω`)

これからの時期のメジャーな感染症に
ノロウイルス感染症がありますけども

ノロに対するワクチンも(今のところ)無いそうで
ついでにノロの感染力ってめっちゃ強いんで

これこそ
ひたすら自衛するしか無い類のものなんですよね

出来れば菌やウイルスからは
闘いを挑まれないで済むほうが良いけど
かれらも必死ですし
肉眼では見えないだけで
世間にはそれこそ蔓延してるでしょうから

まずは
君子危うきに近寄らず を合い言葉に

お互い気をつけましょう
お大事に

2017年11月23日木曜日

ガードユアネック

気温が下がり
空気が乾燥してきたら

テキメンに喉や鼻周辺にくるようになって久しい


友達と

「ノドにきてるわー」
「くるよねー」
「風邪引く時って絶対ノドからやわ最近」
「あーわかるー私もめっちゃノドから」

とか喋ってたんですが

つい最近

それはもしかして:老化

と やっと気付いた次第で

(´Д` )


鼻の粘膜
ノドの粘膜

こういったものの働きも 若い頃よりは落ちてくる
すなわち乾燥しやすくなってくる

粘膜の大敵は乾燥
湿気を逃がさない&補ってあげる事が
どんどん大切になってくるのですなあ


ついでに
寒くなったので 真冬用布団を出したのですが
羽毛で軽いのは良いとしても
体に密着してくれる感が少ない

具体的には 首周りに隙間が出来てしまうわけで

















首肩周りを冷やして エライ目に遭うのです


というわけで 何はともあれガードユアネック
首周りを制するものは健康を制す(かもしれない)


手っ取り早いのは マフラー巻いてマスク付けて寝る事かも

しかし悲しいかな
私はそれをやると 却って首周りが凝って頭痛が出る


まずは 相方が使っていた
ネックウォーマーがあったので付けてみた

うまくいけばこれを鼻のあたりまで持ち上げて
ノドのガードにも使えるわ と思った

けど

布団に入った途端
首の後ろエリアがゴワゴワと違和感満載で
5秒でギブアップ
























それではと フリース生地のハーフケットを肩周りに掛けて
その上から掛け布団を被ってみたのだけど

ハーフケットがデコルテ周辺にモサモサと溜まって
これも却下


ならばこれでどうだ

掛け布団とハーフケット逆転の術

















これならモサモサも気にならない!
軽いハーフケットで 口や鼻を覆ってやれば
大した違和感も拘束感も無いようで関門クリア

冷たい乾燥した空気をダイレクトに吸い込む可能性も減って
ノドにも優しくなれるようで

ここ数日 イガイガしていたノドが楽になりましたよ


あとは 大口あけてイビキかいて寝てなければ良いんだけど
こればかりはセルフチェックが出来ないので

まあ やれる事はやっておくという次第です

(  ´ω`)

2017年11月21日火曜日

iPS細胞10周年

ヒトiPS細胞が出来てから10年経ちました

というニュースを耳にして

もう10年かあ、と 隔世の感


それじゃあ と思って

「iPhone 初代」で検索したら

ちゃんと2007年発売だったので

そうやんなあこっちも10年なんだなあ

と 勝手にしみじみするガラケー使い

( ´_ゝ`)


iPS細胞の「i」が小文字なのは
iPhoneの「i」が小文字だから
(件の教授がiPhone推しでいらっしゃる)

というトリビアは覚えている


日本語に直せば
人工多能性幹細胞

人工的に作られた
色んな機能を持つ事が出来る
おおもとの細胞

ってなところでしょうか


ヒトの細胞はひとつの受精卵から始まるけど
どんどん分割していって数を増やす中で

「あなたは骨担当」
「あなたは皮膚」
「君は神経ね」

と役割が決まっていき
細胞も

「では骨になります!」
「わたしは皮膚に!」
「ぼくは神経です!」

 とそれぞれの道を進み出したら
もう他の細胞には変われない


そんな細胞を
人工的に「配属先決定前」の状態に戻したのが

iPS細胞

もともと皮膚担当だった細胞が

「皮膚担当を解除します。
 そして改めて命じます。
 角膜の細胞になりなさい」

と言われたら

「じゃ、角膜になります!」

となるわけで


まだまだ理解は浅くてお恥ずかしいですが
それでもつくづく すごい技術だなと思いますぞ


でも研究はまだまだ続く
そしてそれには資金が必要

限りなく非力ですが
少しでも応援したいものであります
 ↓
iPS細胞研究基金のページ
 

2017年11月19日日曜日

ホヤ夫

先日

「立派でアーバンかつオシャレなオフィスビルで
友達とお茶でもしようと小洒落たカフェに入って
ケーキセットを頼んだら美味しそうなケーキが来て
『これ何て言うケーキですか』と聞いたら

『ホヤ夫』

と返されて言葉を失った」

という夢を見たんですけど何か?

┐(´-`)┌


読みは「ほやお」
自分のネーミングセンスを疑うところですが
とりあえず、何故「ホヤ」が出て来たかというのは
分からないでもない


というのも 2017年度下半期は 主に
生物(とりわけ動物)の進化について
放送大学で学んでいるのですが

最初のほうでやたらと「ホヤ」が出て来てたんだ

それが何だか分からないけどインパクトがあったので

ひょっこり 夢に出て来たのではないかと

ちなみにホヤはこんな感じの「動物」
  ↓
「市場魚貝類図鑑/ホヤ」


大人になると 体を一定の場所に固定して
動かないけど

子どもの頃は移動出来る それがホヤ

しかも実は
ヒトと同じ脊索動物に分類されているというから
これまた面白い

関西ではホヤには滅多にお目に掛からないけど
岩手や宮城のほうにいくと
普通にある(そして産地)そうで

そんなホヤもそれを食べるヒトも
ずーっと時代を遡れば
祖先は同じっていうのが さらに面白いですな

2017年11月16日木曜日

布団の魔力が半端ない

先週から
石油ファンヒーターが活躍している我が家


木造家屋で隙間風が多いので
どうやっても
一酸化炭素中毒事故にはならないのが

……良いんだかどうだか


気付けば最低気温がひとケタの日も
増えてきたという事で

毎朝
お布団から出るのに時間がかかるのです

(  ´ω`)


子どもの頃から寝起きは良くない

ただし朝イチから予定がある時には

さほど苦労せず起きられるので

低血圧とかそういう事ではなく

単に 布団の魔力に弱いのだろうと

(責任転嫁)


朝は
目が覚めたらすぐにサッサと動くよりも
ゆっくり 体を温めてから動き出すほうが良い

……というような話もあるようなので
これ幸いとばかりに
目が覚めてから30分
だらだらだらと 布団と戯れるのです

(´∀`)

日々の「寝る前ストレッチ」のお陰で
朝は比較的楽チンに体が動くけども

ウッカリ前夜にストレッチをし忘れると
翌朝テキメンに体がバリバリになってるので

こういう時は 起き上がる前に
寝たままストレッチを数種類


・両手を上げて「う〜ん」と伸びて全身ストレッチ

・立て膝をしてそれをゆっくり左右に倒して
 腰ひねりストレッチ

・両手で後頭部を支えてゆっくり頭を前に倒し
 首の後ろストレッチ


これだけでも ギックリ腰などの予防にヨシ
血行も良くなって 体のアイドリングも進みます


ゆっくりのんびり 起きるべし

二度寝の罠には 注意して

2017年11月14日火曜日

何が怖いか

最近
ちょっと楽しげな ナースさん向けサイトを見つけて

はまってます

(´`*)

悲喜こもごもの体験談や
ナースあるある な話

それがまた
元ナースさんやら
現役ナースさんが描かれたマンガ形式で
載ってるもんだから マジ楽しい


不肖ワタクシめも病院で働いていた事があるし
(コメディカルとしてだけど)
介護現場でもナースさんに助けてもらったので

色々と
頷いたり
笑わせてもらったり出来るという
そんなサイト


ある日
そのサイトの とあるページに載っていた一文に

もはやこの世に居ないはずの人が
ドアの前に立っているよりも
現実の人間(つまり患者さん)が
ベッド脇やトイレなどで倒れているほうが
何倍も怖い

という意味の事がありまして

あー確かに
そんな事言うてはった知り合いナースさん
いてたわー

と しみじみ思い出しました事ですよ

( ´_ゝ`)

2017年11月12日日曜日

首周りのストレッチに集中している昨今です

先月の上旬
首の付け根がごりごりになってしまったので
鍼を打ってもらったわけですが

それ以来
鍼灸整骨院にもリラクゼーションサロンの類にも
全く行ってない

これは個人的には 結構すごい変化


10年くらい前は
週2ペースで通っていた事もあり

ここ4〜5年はだいぶんと落ち着いたけど
それでも月3回とか
そこからやっと2週間に1回

そして今年ようやく ひと月に1回ペース


さらに 今回ついに

1カ月過ぎても行ってない
というところまで漕ぎ着けたのだ

( ´_ゝ`)

やせ我慢しているという事もないのだよ


先月から なにを変えたかって言うと

首周りのストレッチを増やした それだけ


背中〜腰〜脚のストレッチは すっかり習慣に
なっていたけど 首周りが今まで足りなかったようで

自分で「これ良いな」と感じたストレッチを
一通りやると ウッカリ30分近くかかるけども

通院したりサロンに行ったりするのを考えれば
短いモンでしょ

(  ´ω`)

パソコン作業に集中し過ぎた時や
気温が下がって来た今日この頃などには
一層 入念に

これで体の「もち」が良くなるんだね
あーあと10年早く気付いていれば
(大反省)


でもまあ
気付けて良かったな とは思ってる

すっかりオバチャンではあるけども
身体パフォーマンスは落ちないように
つまずいても うまく受け身が取れるように
(骨折回避)


ついでに
少しは健康寿命も伸びてると良いなぁ

2017年11月10日金曜日

目からウロコが何枚落ちてくれたかな




本日は「目からウロコの人体学」第1回

場所は梅田某所  
 

梅田=大阪駅の周辺も
すっかり「秋深し」の光景
クリスマスっぽいオブジェなどもあちこちにあって
夜はさぞかしイルミネーションがキレイだろうと思われ
(オススメ)

























「人体のイロハを気軽に知っていただく」
 というのが目的なので ホントに気軽に

話題の脱線もウエルカム自由自在

今回の受講者さんは現役セラピストさんで
マンツーマンの濃厚な60分

実際にクライアントさんへの対応をされる中で
気付いた事
疑問だった事
それからウラバナシ

そんな話も出てきたし


母が外出好きでねー
色んなところ出歩いて 元気なのは良いけど
転ばないかとヒヤヒヤする事がよくあって

あーわかるー
でも年を重ねてくると
その塩梅って 難しいよねー
でも好きな事やってはるのは良い事よ
ウチは義母がインドア派すぎてさあ
脚力激落ちなのが心配で
散歩したら?って言うんやけど

「散歩して転んで骨折したらアカンから」

とか言うて全然外に出ぇへんのよねー


なんていう「母娘あるある」的な話で
盛り上がる一幕もあったり

(  ´ω`)

一応 レジュメなるものはご用意いたしますが
  ↓












受講される方に合わせて
内容は毎回微調整
テーマは同じでも
お話させていただく事は毎回違ったり

それ自体にはメリットデメリットあろうかと思いますが

その人の目にくっついているウロコが
一枚でも多く剥がれて
「そうだったんだ!」をたくさん
持ち帰っていただければ嬉しいなと♡


ちなみに本日のハイライトは

iPS細胞

(  ´ω`)

概要をざっくりお伝えしたら
受講者さん曰く

「その名前はよく聞くけど
何がそんなにすごいのか?って思ってました
それがどういう物なのかって分かると
確かにすごい事だなって感じますね!!!」

そうそう
あれはすごい
ホントすごい

いよいよ成果をあげつつあるiPS細胞
たくさんの人の笑顔を取り戻してくれると
一庶民も密かに期待&応援致しておりまする

2017年11月8日水曜日

寒くなるぞ

灯油売りが回ってくる時期になって

さっそく購入

我が家の暖房の準備は
去年よりもだいぶ早い気がしてる

天気予報は12月並みの寒さを予想

温度差に用心ですね


屋内と屋外もだけど
室内での温度差

居室とトイレとか
脱衣場とか

よく言われる ヒートショックっていうアレ

我が家もそれなりに高齢世帯
用心が必要なのですよ

( ´_ゝ`)

「寒〜い!」と言いながら
電車に飛び乗ってきた女子高生(かな)

素足に膝上丈のスカートだから
そらそやろ と心の中でツッコミをいれた
オバチャンですよ

冷え性の方は
首周りを重点的に保温


足首
手首


腰はその昔は
「こしくび」って言ってたそうですよ

暖パンとかあるそうですね
使えるものは使おうぜ

2017年11月5日日曜日

インプット アウトプット

11月
久しぶりに
目からウロコの人体学が開講です

メルマガも おかげさまで何とかボチボチ


一方で
ゼーハーしながら 放送大学受講中


学んで
復習して
資料を作って
開講したり発行したり

インプットとアウトプット
良い感じで交互にやらせてもらってます


アウトプットするにはインプットが大切だけど
インプットするのにもアウトプットは重要

脳に余白を作らないと
新しい事が入って来ない気がする今日この頃


10代までの記憶力を懐かしく思い出しながら
今日も生き物のあれこれを
新鮮な気分で学んでおりました

(  ´ω`)


そうする間にも
テレビやネットからは

新たな治療法の発見やら
新種の生き物情報やら
人体の仕組みの新たな一面やら

いろんな NEW が入ってくるので

まあワクワクしちゃって飽きませんね
毎日がね♪

2017年11月3日金曜日

起きづらい季節になりつつある

寝付きは大変よろしいのだけど
寝起きはよろしくない

低血圧で機嫌が悪くて起きられない
とかではない(と思う)のだけど

目覚まし一発では起きられない

というか 起きない

自己分析では
「睡眠は二度寝をしてこそ」と思っている節がある

( ´_ゝ`)

目覚まし時計は スヌーズ機能付き
ついでに携帯のアラームも使って
こちらは3分間隔でピロリロピロリロ

そうしたら 寝起きのよろしい相方から

「鳴らしすぎ」

クレームがつきました



せめて せわしなさを緩和させようと思って
携帯アラームを
「3分おきにならす」から
「8分おきにならす」に変更

最初の2〜3回は やっぱり寝てしまう

寝てしまうと 感覚的には3分も8分も変わらない

でも

「8分おきに鳴らすようにしてると
 いっぺんアラーム止めてまた寝て次に起きた時に
 8分が経過しちゃってるワケやんか」


そらそやろ8分にセットしとったら

相方は呆れて笑うばかり


日の出も遅くなってきて
気温も下がって来て
余計に起きづらい季節になってまいりました

自律神経がんばれ

2017年11月1日水曜日

長年の疑問がひとつ解決した

ほぼ半年ぶりに歯医者へ行った


……今年の春くらいまでは

「ここ良いよ」と教えてもらった

少し遠い歯医者へ真面目に通っていたんだけど

片道自転車25分ってのがだんだん面倒臭くなったのと

ちょっと思うところもあったりなんかして

自宅から徒歩2分の歯医者のドアを叩いたのが

ほぼ半年前


オフィス街の歯医者と
住宅街の歯医者だと
こんなにテイストが違うかー

と新鮮な感動があったものです

 (  ´ω`)


なかなか良さそうだな と言う事で
今回
歯科検診をお願いしました

担当してくださった歯科衛生士さんが
めっぽう話しやすく
しっかりと時間もとって
説明も丁寧 という具合だったので

今日こそ
長年気になっていた事を聞くチャンス!


聞きました

「あのですね」

「はい」

「下の歯の裏っかわを掃除してくれてる時なんですけど」

「はい」

「ベロをどうしておいたら良いのか分かんないんです」

 すると歯科衛生士さんは
歯医者あるあるとでも言いたげに笑って

「それねー言われる方多いんですよー」

やっぱり自分だけじゃないのか とホッとしたところで

「大丈夫ですよー普通にしておいてもらったら

普通ってどんなんだろう
と少し心の中でツッコんだけど

特に作業の邪魔にはなってないそうなので
ひとまず安心した次第

やっと聞けてヤレヤレでした

2017年10月30日月曜日

ラジオと似ている

波長が合う なんて言葉もあるぐらいだから
肉眼では見えなくても
なにかの「波」は あるのだろう

すぐ意気投合出来る人
どうもいつまでも しっくり来ない人

整体・リラクゼーションなどをしていると
まあこれを感じない日は無いよね

Aさんが「ゴッドハンドだねえ」と褒めてくれても
Bさんが同じ反応を示すとは限らない

こっちが
「楽になってほしいなあ」
と思いながら施術させてもらっても

お客さんのほうが
「この人で大丈夫かしらん」
あるいは
「こんな人の施術で楽になってたまるものですか」
とか思っていたら

受け入れてもらえないのよねー

┐(´-`)┌

知りたい情報は
その情報を流しているラジオ局の周波数に
ダイヤルを合わせないと 聞けない

波長を合わせる

合わせたいと思ってもらえるか
うまいことこちらから合わせていくか

そのあたりが「人と人」の妙でもあり
腕の見せ所でもあるのかな〜 なんて

2017年10月28日土曜日

同じマンションで共同生活

人間とかの細胞の話になると たいがい
ミトコンドリア
というのが出て来るわけだけど

あれってもともと
別の生き物の細胞なんだよ

という事を知った時は なかなか新鮮だったなあ

細胞の中で
他のものと一緒に住んで働いてる

細胞内共生、って言うらしい

細胞に取り込まれても
独自の働きを保っていて

細胞そのものも分裂して増えるけど
ミトコンドリアはミトコンドリアで
細胞の中で分裂して増える

シェアハウスとかマンションで
共同生活する人間たちにも
似ている気がするね


(  ´ω`)

共生は
フュージョン、とはちょっと違う
あれは融合しちゃうから
二つで一つ、になっちゃうから


名前だけは知ってたけど
その正体は最近少しずつ理解していて
知れば知るほど面白い奴だなって思う

ミトコンドリア

自分の体内にも ものすごい数がいて
細胞たちが働くためのエネルギーを作ったり
余分なものを解毒したりしてくれている

今日もありがとうミトコンドリア
そろそろ寝ますか おやすミトコンドリア

2017年10月26日木曜日

ビタミンだけで四苦八苦

9月からスタートしてみたメールマガジン

「不定期発行」と言いつつ おかげさまで
先月今月は月2回コンスタントに出せました

人体の話や肉眼で見えない世界の話を
ぼそぼそとつづっていく筈が

なぜかいきなり 栄養素から入ってしまい
ビタミンだけで四苦八苦

(´Д` )

そんなターンも
次回(11/1予定)で一旦終わる

のかな(謎)


さまざまな栄養素が
身体に取り込まれ細かく分解され
主に腸管から吸収されて
体内の化学コンビナートで色々合成
そして利用

ビタミンは名脇役
ミネラルも然り

彼等がいなけりゃ 人生劇場は進まないのです

だから四苦八苦しつつも
やっぱりビタミンは網羅しておきたいっすね

若干マニアック路線(……若干?)のメルマガですが
お役に立てれば 幸い

登録はこちらから(´∀`)

2017年10月24日火曜日

大気の乱れは気の乱れ

漢方のお医者さん

定期受診に行ってまいりました


今回は何だか空いていて

お医者さんは
ベらっべらべらっべら
色んな話をしてくれました
(雑談)

何科の医者に行っても たいがい
(医者がヒマな時は)
ベらっべらべらっべら
喋られる側のワタクシ

別にそういうのを聞くのは嫌じゃないんですよ
むしろ「あー医者も人間やなあ」って
親近感湧きますし

雑談の中に
「なるほどそうか」的な情報や
医療の雑学が入ってる事もよくあるので

だいたいは使えそうで使えないっぽい
でも稀に使えそうでマジ使える

そんな知識が増えていくのが楽しい

( ´_ゝ`)


今回はタイミング的に台風21号「ラン」の話題
いやホンマに走り回られましたね 日本各地
(そのランじゃない)

いかにヤバイ台風だったかの談義から
「診察への影響もあったんだよね」な話から

数年前のヤバかった台風で
先生死にかけました、な武勇伝(?)まで


時に今回の台風
10月も後半の襲来だったワケですが

「本来の日本の秋は大気が落ち着いて晴天続き」

なのに

「今年は大気の乱れが続いてるから『しんどい』を感じる人が多い」

だからやっぱり

「今回も台風襲来前の金曜日は『しんどい』って訴える人が多かった」


いわゆる 気圧の変化でやられるって現象ですかね
気圧 すなわち 大気の圧力

大陸にいた高気圧は1030hPaくらい
対するに件の台風はMax時で920hPaとかで

その差おおよそ100hPa
これはものすごい気圧差

風は圧の大きいほうから小さいほうへ吹くし
差が大きいほど風力は強くなる
そして暴風になるわけだ

そして だいたい
地上から10m上がる毎に1hPa気圧が下がるそうなので

単純に考えたら
半日から1日くらいの間に
平地から標高1000mくらいのところへ一気に上がる
それくらいの変化は起きるという事で

アカン人はアカン
この急激な大変化では どうしたってやられるのだ


大気の乱れは
人間の気の乱れも誘発

だって人間は自然の一部
大気に包まれて生きるものの一種

台風接近で体調に影響を受けるのも自然の理
不安を募らせすぎないようにしながら
台風一過をじっと待つ

自然には逆らえないのだ
色んな技術が進化しても
根本は変わらない

2017年10月22日日曜日

かんづめ

台風の事もあり
ほぼ缶詰で過ごした日曜日

選挙は期日前投票で今週始めにサクッと終了
「なんで期日前投票するの?」の理由欄に
「台風」って書けたらな

(  ´ω`)


天気での気圧の単位は
「ヘクトパスカル」がすっかりおなじみ

表記は「hPa」ね

以前は mb=ミリバール

変更されたのは平成4年
つまり もう四半世紀も前の事で
ああ光陰矢のごとし

ついでにもう少し調べてみると
ミリバールになったのは大戦後
それまでは 気圧はmmHgが単位だったそうな

mmHgと言えば血圧
そうか圧力か
同じだな

ところで「mmHg」の読み方ですけど

ミリミリエイチジー

って言ってる人

いますよね!

仲間ナカマ!!

(正しくは「水銀柱ミリメートル」)

2017年10月20日金曜日

日々進歩

放送大学
後期もボチボチと
学習を進めております












初歩に戻って生物学
感染症のあれこれ

他にも 2科目
生き物関連の科学な分野を履修してるわけですが

とりあえず通読している間にも
メディアから流れてくる科学のニュースは
新しい研究の成果やら
新たな発見やら

関心を持ち始めると科学の分野はあれこれと
想像以上に日進月歩

ノーベル賞受賞者の発表も
受賞された研究の内容そのものに関心が向く
分からなければ ちょっと調べてみたりしたくなる

新しく何かを知ると 関心を持つ対象が増える

それが「自分の世界が広がる」にもつながるんだろうね

(  ´ω`)

2017年10月18日水曜日

うごくもの、それはどうぶつ

パソコンを使う仕事と言ったら
今の時代、かなりの割合の仕事が該当する

パソコンが無いと業務が回らないっしょ
資料 文書 計算 記録 報告 その他
何でもパソコンでぱちぱちぱち
(拍手ではない)


一つの事務所に数台の机
そして机と同じ数のパソコン

営業さんのパソコン
経理さんのパソコン
総務さんのパソコン
事務さんのパソコン
ボスのパソコン
そして中間管理職のパソコン

などなど


ヘッドリラクゼーションをさせてもらうと
傾向として

経理さん
事務さん
総務さん

が お疲れヘッドモード最強組

共通項としては
座ってパソコンとにらめっこしている時間が
格段に長い

つまり
体を動かす時間が無い


ずっと同じ体勢でぱちぱちぱち
電話をとれば
肩で受話器を支えながら やっぱりぱちぱちぱち

その他の職種の方々は
机を離れる時間がある

と言う事は 少なくとも
歩く機会があるわけで

歩けば全身の筋肉が動く
筋肉は伸び縮みをくり返し
全身の血行も改善


それだけじゃなくて

体を動かしていると
考えがどんどん湧いてきたり
散らばっていた思考がまとまったり
悩んでいた問題の解決法が浮かんだり

そんな体験されたこと無いっすか?


人間は動物の仲間

動物は「動く物」と書く

体は適度に動かしてナンボのモンだと
しみじみ思う 秋の夜長

2017年10月16日月曜日

ストップ☆ザ・循環

地下鉄か環状線か

悩んだ末に環状線に乗ったら


発車しない☆


○○駅で車両点検のため云々 のアナウンス


普通にやってきた電車が
乗った途端に止まるというのは

実は(たぶん)人生初の体験で

イライラよりもワクワクが先に立つ


こういう時の乗客の皆さんって
特に通勤途中って感じの皆さんって

本当に冷静

冷静というか
「慣れてます」
という雰囲気やもしれぬ

本当に急いでるらしい人は
電車を降りて
代替手段を選択した模様
後の人たちは
まあ静か

「ホンマ大阪の人?」って思うくらい静か

確かに
ここでイライラしてストレス溜めたところで
一銭の得にもならないわけで

さすが慣れてはるわ と密かに感動


そのまま15分くらい経ったところで
後ろのオバチャンが電話を始めた

「ゴメンなあ〜遅れてんねん」
「電車動かへんねん」
「いつ動くかもまだ分からへんねん」

「せやねん
もう30分以上止まってる」

それは誇大広告☆

やっと大阪っぽい光景に出会った気がした
一瞬でした

2017年10月14日土曜日

イオンが頭から離れない

今週は「化学の基礎」でフィーバーした結果

現在

イオンが頭から離れずにいる

勿論この場合
スーパーのイオンではなく
H+とかOH-とかのイオン

とくに重炭酸イオンとかが
頭の中をぐーるぐる

体内が酸性に傾くのを防ぐ大事なヤツ

あと 炭酸水素ナトリウム=重曹は
胃酸過多の時に使うと胃の中が落ち着く

胃炎などに効くわけだぁね

(  ´ω`)


重曹は昔からのナイスプレーヤー
最近ふたたびブームな感じ

だからって 魔法の粉じゃないんだな

でもわりと 色んなところで活躍してくれるんだな


酸化還元 中和作用は

体の中でも常に起こっている

常に起こって 体内のpHバランスを見事に保っている

化学を理解してても してなくても
人体は勝手に「あるべきバランス」を保ち続けている

2017年10月11日水曜日

すべりまくるしゃべり

本日は ちょっと久々のマンツーマン講座

久々過ぎたら しゃべりがすべりまくって難儀した


ちがうの
ボケツッコミがすべったんじゃないの

近いので言い換えれば「噛みまくり」

子どもの運動会で 父兄参加のリレーがあったら
お父さん的には めっちゃ走れるつもりでも
実際には脳内でイメージしたようには走れずに

途中で足がもつれて転倒


……そういうのに近い感覚


伝えたい事はいつもたくさん
でもきちんと伝えるには 文脈も整頓しながら
しっかり聞き取れるように
誤解が生じないように

ああでもこれも言いたい
いや待てよアレの定義はコレで合ってるのか
アカンこれ先に言ったら話の前後がぐっちゃになるわ

そしてすべる


「話す」っていう行為って
ホンマ 複雑な事をやってんだなと

普段のお喋りでは
大して気にもとめずにやってる事なれど

「話す」がものすごいウエイトを占める
演説 セールストーク 講演 MC などなど
あれらを効果的にスムーズに聞きやすく話すって

いやもうさすがですよプロの話し手さん


「話す」に関係する神経は
三叉神経 顔面神経 舌咽神経 迷走神経に
舌下神経の それぞれ脳神経のみなさん

話すためには筋肉を動かさねばならない
めっちゃ色々な筋肉を細かくコントロール


つまりは運動神経か

すべりまくるのは
運動神経が鈍っているのかもしれない

だから大切
発声練習

2017年10月9日月曜日

暑かった連休最終日

おかげさまで
久しぶりに三連休を
とても三連休っぽく過ごせました

最終日は体育の日
ちょっと自転車で散歩へGo
















毛馬閘門。
「淀川探検隊」のノボリをつけた手こぎボートが
ここを通過していってて、何かイベントだった風情。

他にも社会科見学イベント的な一団が
何やら説明を受けながら歩いていってましたよ

(  ´ω`)

帽子は被っていってたけど
油断ならない陽ざしと暑さ

河川敷ではサッカー大会や
少年野球の練習や

大人達はテントの陰に避難

熱中症を大いに警戒しなければ、な陽気だったんで
それが正解でしたよ















地面に落ちている草やら何やらを食べるフリして

「この人間、何か食べ物くれるんちゃうか」

と偵察に寄ってきたハト(笑)


「ごはん無い!」
「ごはん無いよ!」

と2回言ったら、去って行きました

2017年10月7日土曜日

拡大する人生

世間のサイクルが本当に速くて

9月には翌年の手帳が販売されている昨今


買う手帳のパターンは
すっかり決まってきている

9月に買うのはさすがにためらわれたけど
10月になったらガマンしきれず

買いました

(  ´ω`)


買う手帳のパターンは決まってて

後は色とか
ちょっとしたサイズの違いとか


今回は

「もうちょっとコンパクトなので良いや」

と 二回りくらい小振りなのを買ったんだけど



そうなりゃ当たり前なんだけど

手帳の中身もコンパクトで(サイズ縮小)


うわ何だろうコレ
めっちゃ書きづらい


と 気付いたのだった























オレンジが2017
黄色が2018
















以前にも使ったことのあるコンパクトサイズなのよ

でも昔は ここまで書きづらいと思わなかった


という事は やっぱりアレか

老眼の影響


こういうところで 気付くんだね

容赦無ぇなあ


2019は また大きいほうの手帳にしよう
邪魔にならない程度に大きいものにしよう

読める(書ける)文字は これから拡大の一途を辿るのだな

拡大を続ける人生

モノは言いよう

2017年10月5日木曜日

鍼ありがたや

気温が下がってきたからか

首の周りが一層 凝りやすくなってきた昨今


もともと凝りストなほうなので

ちょっと困るんですよね

Σ(´□`)


足腰はストレッチのおかげで
一時期よりは遥かにマシなんだけど

この「首そして肩」ってのは
どうにも手強い


そういう時には 鍼にお世話になるのが定番


細い言うても鍼なので
好き嫌い
向き不向き
そういうのが よりハッキリ出るかと思うけど

ガッツリ効くので
個人的には好きな部類

相性みたいなのも良いのでしょうな


ちょっと怖い……というのが
鍼未体験の方々のご意見の一つ

でも
刺し方によって
刺激の強さは変えられるようだし

初回からぶすぶすぶすぶす
問答無用で刺しまくられる事は無いんで

興味ある方は
一度いかがでしょうか
(´`*)


鍼にも種類があって
バリバリの中国鍼だと
めっちゃ長い鍼を使う場合もあるみたいですな

刺した鍼の先に「もぐさ」をのせて火を付けて
お灸的な効果をプラスするのもあるらしい

刺した鍼の先に電極を付けて
弱い電流を流す「電気鍼」とか言うのもあるけど
最近は 電気無いほうが好きかな

刺しっぱなしでしばらく放置の「置き鍼」で
十分に効いてるのでね

鍼ありがたや

これでまた明日からも
おきばりやす

2017年10月3日火曜日

まずは栄養と睡眠

少し前から 一気に夜が涼しくなって

あちこちから

熱がぁ〜〜
ノドがぁ〜〜
咳がぁ〜〜〜〜

と 体調不良の叫びが届いてるわけですよ

(  ´ω`)

不摂生グセのついてる人はまずアウト

次に
日頃から頑張りすぎる程に頑張ってる人が
ついに限界を迎えてダウン

そんな印象がある


寝る時に窓を開けっ放しは絶対アカン
寝てる間に気温はさらに下がるし
空気が乾燥してるから
一気にノドをやられて
そこから風邪……っていうパターンは

もう王道でっしょ

それでも 体力のある人は
何とか切り抜けるけども

ちゃんと食べてないとか

そもそも疲れが溜まりすぎてるとか

寝不足とか

そんなアレコレで弱ってると

やられちゃうんだよねー
(´Д` )


せっかくの実りの秋
野菜果物肉魚その他もろもろ
味わって感謝して食べる機会を
出来れば1日1回
無理なら週に1〜2回でも

そして寝る!
スマホをいじってないで
さっさと寝る!

眠れない時はラジオなどがヨシ
体を休めるだけでも ずいぶん違うよ


そこでまたスマホ出して
あれこれいじったら意味無いからね!


理想としちゃ
秋の夜長を楽しむ、くらいの
気持ちの余裕を持ちたいモンですよ

2017年10月1日日曜日

映像技術にほれぼれ

最近の 人体や医学系の番組は

とにかく映像がすごくて

3Dなんかも だんだん「当たり前」の世界


今は無き「人体の不思議展」 で見たものが

そのまま…いや、より詳細な画像になって

テレビで観られるっていう感じなのかな


なんやかんや言っても 視覚情報ってのは強い

まさに一目瞭然


めっちゃ勉強になるし
楽しい刺激を受けられて

ありがたいこってす(^人^)

2017年9月30日土曜日

役割分担と助け合い

出張整体でヘッドリラクゼーション

常連さんのお客さんに施術でしたよ


終日 パソコンとにらめっこという方

そして

デスクワーク主体だけど
今は肉体労働もオプションで付いてますという方


頭・首周り・そして肩
見事なまでに それぞれの仕事の特徴が出てて

大したモンだよ人体は

(  ´ω`)


違う業種・職種へ転職した事のある方なら
実感済かもしれない

仕事内容によって体の疲れの出る部分が
全く変わってくる という事

デスクワークと立ち仕事
黙々作業と接客仕事


負担のかかるところが違ってくる
そして体は しっかりその役割分担をしている

だからわりと
「触らせてもらったら分かる」んだよね♪

でもそれだけじゃない

体は全てが<つながってる>から
どこかに負担がかかれば
他の部分も助け船を出す

そうやって 体にかかる負担を
うまく分散させてるってのもあるなあと

素晴らしき助け合い
見事なまでのコンビネーション

だからこそ
「ヘッド」リラクゼーションだけど
肩周りから腕なんかまで
出来るだけまんべんなく施術させて頂く次第

日々頑張ってはる体だからこそ
できる限りの癒しを提供したいなあって

いつもついつい 張り切ってしまうのだ

2017年9月28日木曜日

ネクストメルマガセットオッケー

月2回発行を目指してスタートしたメルマガは

次が3回目

人間や微生物なんかの不思議あれこれを
ちまちまと書いていきたいなあと思ってるのに

なぜか話題はビタミンの方向へ行ってて

大丈夫かなコレ

┐(´-`)┌


3回目は10/1に出すと決めて
配信予約がやっと出来て ひと安心

マニアック&雑学的なメルマガですが
よろしければ一度どうぞ
(  ´ω`)

2017年9月25日月曜日

「自動/手動」と「現実/幻想」

故障中の自動ドアに出会うと

ちょっと楽しい


自動ドアを手で動かす時は

「科学技術に勝った!」

という よく分からない優越感が ふつふつと

……湧いてこない?



夜間などに運転が止まってるエスカレーターも

かなり楽しい

「止まってる」って分かってるのに

乗ってみると勝手につんのめって転ぶ

あの現象が めっちゃ楽しい

<故障エスカレーター現象>
または
<壊れたエスカレーター現象>

という正式名称がついているのにも笑った

「エスカレーター=動いている」と
脳はすっかり思い込んでいるために
「ほら、止まってるやんか」と
いくら視覚がとらえていても
体は勝手に「いつもの」「動いている」エスカレーターに乗る動作を起こしてしまい

コケる☆


 脳の「思い込みパワー」も 相当なものですよ

ある意味 幻想が現実を凌駕する

( ´_ゝ`)


そうであるはずのモノが
ありえない動きをする

動くはずのものが
動かない

腹を立てるよりは
笑っちゃえるほうが
楽しいんちゃいますか

2017年9月23日土曜日

便乗実験半年経過

全ては
手のつぶつぶがキッカケ

気付けばオーガニックだった件は
別に オーガニックというのを
意識してやったワケではなかったが


いつだったか
セラピー整体・えみさんのブログ

「キレイな水と良いお塩で化粧水♪」
的な記事があったのを、ある日唐突に思い出し

この春頃から
やってみる事にしたのだった


毎日 顔に化粧水は使うので
その時当然 手にも化粧水は付く

どーやったって付く(手袋すれば別だけど)

と言う事で
効果は分からないが
特に害も無かろうという事でスタート


水に塩を溶かして作る
コレつまりは生理食塩水的なやつだよね

濃度0.9%の食塩水
これだと浸透圧が
人間の体液と同じだっていう

医療関係者にかかると
「生食」と略される

「なましょく」じゃないよ「せいしょく」だよ

そういえば病院勤務だった頃は
しょっちゅう 生食の袋を目にしていたな

アレがあったら手っ取り早いな とか
ふと考えてみたり
(医薬品だよNGだよ)
 
(  ´ω`)

ちょうど岩塩が余っていたのでやってみた
NaCl以外も入ってるから良さそうな気がして


濃度はわりと適当だけど
病院勤めだった頃の朧な記憶を頼りに
でもやっぱり大雑把に(味見

使ってみた印象は

「何となくオハダが落ち着く気がする」

さすが体液模倣の液体とでも言いますか

刺激全くナシ
汗疹の痒みも落ち着いたりしたし
顔以外にも活躍してくれてます

濃度が濃すぎると
しょっぱかったり
顔が逆にパリパリするので要注意だが

( ´_ゝ`) ...計りなさいよ

食塩水塗った後は油分でフタします
これでOKじゃあ〜りませんか♡


基本的なスキンケアはしたほうが良いと思ってるけど
美白とかには さほど関心も無く
化粧も「出来ればナシで生きていきたい」人間

そういう人間には これで結構イケてる感じ


そんな具合で半年ほど経過しましたが
特に何かが悪化してる風でも無いし
指にもよろしいっぽいので

今しばらくは これを活用していく所存

2017年9月21日木曜日

そろそろ2学期開始

先週の台風の前に

届きました












放送大学のテキスト

今回は調子こいて4科目


バイオサイエンス的な科目を1学期に受けてからの
初歩からの生物学

取る順番がおかしい気もするけど
自由に選択出来るコースを選んでるんだから

まあええやろ(  ´ω`)


高校生物を放棄した自分なので
再度 生物学を一から学び直すのも意義在る事かと

だいたい数ヶ月学んだところで

生物学の
生き物たちの理(ことわり)の
全てが分かるワケが無い

こうしている時にも
専門の方々は

まだまだ知られていない

発見されていない

解明されていない

生命たちの謎や不思議やあれこれを
色んな視点から研究しているのだ

壮大な話ですよ考えてみれば

そうして分かった事柄の片鱗を
効率良く学べるというのは
大変に有り難く 楽しい事だと

たいがいエエ年になってから
実感出来るようになりました

m(_ _)m

2017年9月19日火曜日

点検のたびに頭蓋骨を開けるわけにはいかない

おかげさまで 給湯器の動作異常は

今度こそ直った・はず☆


改めて修理に来てくれた業者の人は

今回のような動作異常は ちょいちょいあると言っていた

ケースによっては

勝手にお湯張りが完了してたりもするなども

(  ´ω`)


電子回路とか基板とか

言うなればその機械の中枢である部分

これがエラーを起こすと 何かと困る


人間でも同じだな
上記に一番近いのは 脳そして神経系統
電気(信号)で動くのもソックリだ


判断して指示を出して全体をコントロールする部門

コレがうまく働かないと

いくら他のパーツが正常でも
本来の目的達成のための指令とは
違った指令が来てしまうから

「アレ?」というような現象が起きることになる


給湯器なら すぐに分解してみれば良いけど
人間だと そうも行かない事が往々にしてあるよね


最近でこそ 人体のトラブルシューティングも
かなりノウハウが蓄積&進化してくれているので
それはそれで大変に有り難い

3Dスキャンで体内を見られたりする事とかね

点検の度に頭蓋骨を開けたり
お腹切ったりしなくて良いのは
本当に助かる事ですよ


20世紀だった頃は

お医者さんその他医療関係の方々は

今よりももっと

「なんでやねん…_ノ乙(、ン、)_」

とくやしい事があっただろうな


それもきっと 本当に僅か数十年前のこと

2017年9月16日土曜日

これでも鳴ったらオカルティですわよ

先月末頃から

1週間おきくらいに

給湯器の操作盤が真夜中に

ぴろりろん
ぴろりろん
ぴろりろん
ぴろりろん

と分散和音で鳴り響く現象が始まった


真夜中なので結構うるさく
ついつい自分だけ目覚めてしまうので

何となくくやしくて 相方も起こす

(とばっちり)


操作盤の電源オフ状態でもいきなり鳴るのだ

文明の利器は時折 超常現象と紙一重


3回ほどそんな事が起こったので
ついに修理を頼み

操作盤内のマイコンのどーたらのエラー

だと業者さんが言って

操作盤一式を新品に交換


やれやれと思っていたのに

それから数日後の今日


夕方にいきなりまた

ぴろりろん
ぴろりろん
ぴろりろん
ぴろりろん


直 っ て な い

(´Д` )


よりによって
台風接近中の
連休初日の
こんな日に

唯一幸いだったのは
今回は操作盤がエラーコードNo.を表示してくれたので
本当は何がダメなのか が判明したらしい事

どのみち今日はもうどうにもならんので
風呂はパス
明日は銭湯
(やってるかな台風だけど)


10年選手の給湯器なので
そろそろガタが来てもおかしくない
改めて振り返れば もしかして
雨の日とかの湿度高めの日に誤作動なのか

湿気がマイコンのどーたらに悪影響という可能性
なきにしもあらず

人間だけじゃなく
機械も湿度には弱いという話…なのだろうか


とりあえず また真夜中に起こされるのは困るので
 おおもとの電源(コンセント)を抜いた


これでも鳴ったらもうオカルト沙汰

文明の利器の問題じゃなくなるので
ドキドキヒヤヒヤしてる次第

2017年9月13日水曜日

漢方のお医者さんがおもしろすぎる

ただいま更年期真っ只中
頼りにしているのは漢方医

という事で

定期的に漢方医にかかっている昨今

何だかんだと言って 今回で4軒目

漢方のお医者さん

医者も人間
個性は様々

患者との相性もある

まあそのへんは
漢方医に限った話じゃないけども


漢方は
「病気そのもの」じゃなくて
「患者その人」をじっくり見る

証を立てる、とか言うアレですね

その時に行われるのが「四診」
問診 切診 望診 聞診

問診はやっぱり基本
患者側が
「こんなしょーもない事喋ったら怒られるんじゃ…」
と思うような話の中に 思わぬヒントも隠れてたり

切診は触診に相当 脈とお腹を触診されました
脈のとりかたは独特で
何でアレで分かるんだろうと 毎回感心する次第

望診は言わば視診
舌診は望診(または切診)の一分野
どこでも必ず見られます

聞診では 患者の話し声もチェックされてるよ


漢方薬の処方でも
医者の個性が出たりする
医者それぞれに
「お気に入り」の漢方薬があるようで

帰宅して 相方に

「『僕、加味逍遙散はA社とB社の二種類から
選んで使うんですよ』って言われてコレ出された」

と報告すれば

「何それ(笑)何の違いがあるのん」

と 一笑に付されてですね

( ´_ゝ`)

一般にはなかなか理解しづらい事もある
漢方治療の世界

たいへん 面白うございます

2017年9月11日月曜日

回る回るよ大阪環状線

ワケあって最近

週3ペースで大阪環状線に乗るようになった

こんなにコンスタントに環状線を使うなんて
何十年ぶりかのことですよ


今までは せいぜい月に2・3回だったので

ぐるぐる回るから環状線
外回りと内回りは「どっちがどっち」と少々悩む

左側通行ってのがポイント


ビミョーな罠(?)も仕掛けてあるからね

環状線だからって ボンヤリ乗っていると

時々サイクルから飛び出して

奈良や和歌山などに連れて行かれるから気をつけて


あと

環状線だからってボンヤリ乗っていると

いきなり天王寺や京橋で終わっちゃうんで

それも気をつけて

(  ´ω`)


最近は 人間社会の色々なモノが

人間の体内の色々なモノと似ている気がしていて


循環器系が物流システムで

神経系が通信ネットワークで

環状線はさながらATPサイクル かな


ぐるぐる周りながら 社会を動かしている「人間」のエネルギーを

必要なところへ供給している、みたいな


職場へ向かい 働き 色々な社会のシステムを動かし

家へ戻って 休息をとり 次の日のエネルギーを蓄える

人間の生活サイクル


ぐるぐると回る事も 大切な事なんだろうな

2017年9月9日土曜日

味噌汁と卵とじとチャーハン

我が家の朝食は和食
味噌汁とご飯とサラダと適当に果物

実家の定番も和食だったな
味噌汁とご飯とサラダと納豆

なっとう

(  ´ω`)


卵はスーパーで安売りの時に買う
安売りデーは毎週○曜日と決まっているので
我が家には卵が定期的に仕入れられるという
算段になっている のだけれど

消費ペースはバラバラで
ウッカリ余ったりする事もしばしば

しかし 毎朝卵焼きを作るなどといった
マメな習性はござんせん

どちらかと言うと 困った時の卵頼み
オムレツっぽい卵とじだったり
かき玉汁っぽい卵とじだったり
あと まれにゆで卵


チャーハンは男の料理と世間では言われたり

ワタシが作ると ベチャベチャになる率が高く
ついた名前が

ベチャーハン

なのでなるべく 相方に作ってもらう

米も具材もコンロ周辺に飛び散るが
味はさすがに宜しいのです


味噌汁と卵とじとチャーハン
これらの共通項は

「余った食材を使い切るのに便利な献立」
 いわゆる残飯整理的なアレですわ

余り物をあれこれ入れておけば
何となく栄養バランスもOKな気がするのは
時々 本当に気のせいだったりするけども

気にしな〜い
(´∀`)


余所様のお宅の便利献立
どんなのがあるのかしらん

ちょっと気になったりするのです

2017年9月7日木曜日

ばべらないばべりますばべるばべるとき

地元の友達から「バベルの塔展行かん?」とお誘いが来た

春は関東でやってたのは何となく知っていたけど
あららいつの間に大阪で(7月からやってます)

バベルの塔と言えばあれよ

人間がバビロンで
天まで届く塔を建てようとしたら
神様が怒っちゃって
人間の傲慢を打ち砕くため
それまで一つだった彼らの言語を
バラバラのゴチャゴチャにしちゃった
 
とかいう話
 
 
そのせいで という事も無かろうけども
 
言葉というのは ときどき難儀だなと
 
 
一つの言葉でも
時間が経つにつれ
色々な意味がくっついてきたりする
 
明確な一つの意味を持っていたものが
だんだん飾りたてられ ぼんやりしてくる
 
便利な時も多いけど
そのせいで悩む人とか出て来たり
 
 
遺伝に関しての言葉が改訂されるそうで
 
それは良い改訂だ と思うものもあり
うーんそう言う意味だっけ? と思うものもあり
 
まあ専門の方々が一生懸命考えて
「より良くわかりやすく誤解を招かないように」
と頑張ってくれているはずなので
 
まずはじっくり一通り目を通し
 
も一度読みながらじっくり考えて
 
自分の中に落とし込んで理解する
 
そんな時間を作ってみるのも おすすめ
 
 

2017年9月5日火曜日

まもなく第2ラウンド

無事に第1学期の単位は取得
そして第2学期の受講科目を決めて

申請

9月になって 本日














科目登録決定通知書というのが届いた

これには学費の払込票もついてる

さあ払え
さっさと納めよ

今回は少し欲張って(当社比)
4科目登録

締めて4万4千円

元は取るぞ
 (`・ω・´)

2017年9月3日日曜日

油断大敵

昼間はまだけっこう暑いけど
「酷暑」からは解放された昨今


日が出ている間はエアコンも使いたいぞ!

という御仁はまだまだ多かろうと思われる

もちろん 熱中症の危険は依然としてあるので
適温にクールダウンしていただくのは推奨

ただし気温が落ち着いてきているので
相対的にエアコンの効きがよろしくなってる

つまり

ウッカリしてるとすぐに冷やしすぎる

というのがこの時期の落とし穴


我が家では相方が 早速やらかしましたよ
エアコン付けっぱなしで ぐぅぐぅ昼寝
タオルケットは掛けてたけど
起きたら

「なんだか胃がおかしい」

冷やしたな(´Д` )


日中は確かにまだ暑かったりするけど
暑さの質はすでに変わってきてるからね

今まで通りでは冷えすぎる
服装も空調も
微調整が必要ですよ

お大事に

2017年9月1日金曜日

とにかく記憶はアテにならない

もうずいぶんと前だけど
母が

「高脂血症って言われた」

などとのたまい

まあ中年の頃は
赤福一箱一気食いするような人だったからなと
因果応報的な事を考えていた

けれど

ちょいと待てよ
ワタシも中年に入りたての頃

胆囊コレステロールポリープ

とか言われたな

しばらくしたら消えてたけど

というような記憶が蘇り


折しも 健診結果がやってきたので
ぺらりとデータを見てみたら

HDLコレステロールもLDLコレステロールも
ひとまず基準値内

あとは中性脂肪な
トリグリセリド=TGって項目


基準値より低かった

ちょいと待ちなさい自分

そんな事がこれまであったか?


献血前の血液検査は
たいがい 食後2時間以内に受けているので
むしろ基準値超えのほうに振れる

と言う事で 確認すべきは過去の健診検査データ

TGで基準値以下なんて無いやろ
と思っていたのに

複数回あったわ

('A`)

せっかくなので ついでに
他のデータも新旧見比べてみたら

ちょくちょく
あちこちで軽く引っ掛かってる値があるんだね

最近弱ってきたな…と思っていた部分が
実は割と昔から弱点だったとか

健診結果の間から出て来たアレルギー検査で
蛾にめっちゃ反応出てたとか

もう色々忘れてますわ


ちなみに
健診データは
病院勤めが始まって以降の分が割と残ってて

あー環境が環境だったからなー
意識づけされていってたんだろうなー
(良い意味で)

と しばらくしみじみしていましたよ

(  ´ω`)

2017年8月30日水曜日

無事に配信されるのだろうか

メルマガ
始めるんですよ

(  ´ω`)

第1便が何とか書けて
配信サービスなサイトで
配信日時をセッティング

してきたけど

自分のビミョーなネット知識で
あの配信サービスなサイトのシステムを
きちんと理解出来ているのか

はなはだ不安


不整脈じゃない
ドキドキは
久しぶりかもねー

メルマガ登録はこちらから
メニューバーから「メールマガジン」 で
どうぞよろしく
(PR)

2017年8月28日月曜日

経験を積んだプロだからこその

健診へ行くと

もれなくついてくる 血液検査


それすなわち 採血


いろいろな面を考慮してくれて、だろうな

トンボ針と呼んでる翼状針が使われる事が多い印象


アレ、針がほっそいのよ

なんでまあ 注射とか針が苦手な人には

恐怖心を煽りにくくて良いのかしらんと思うのだけど


献血好きとしては

物足りない

とか思ってしまうのは秘密です


それはさておき

いかにも百戦錬磨という風情の看護師さんが

「採血しますね〜」と準備をして

駆血帯を巻いた段階で


「献血されてます?」

あーやっぱり一発でバレるね
これだけ痕が残ってたらね

(  ´ω`)




看護師さん曰く

「献血されてる方は、こういう痕があっても
血管が硬くなってない場合が多いんで
採血の時も『あ、ココに刺せばええんやな』って
目印になって助かるんですよー」

あくまで看護師さんの経験論かもしれないけど

献血によるものと
点滴によるもの
両者の影響の違いが こんなところであるらしい


血管の柔軟性
維持したいものですな

2017年8月26日土曜日

借金が無くても首が回らない事はよくある

久々にヘッドリラクゼーションのご要望を頂いて
チャリでキコキコ 出張整体

おぅ
明らかにお疲れですね

(´・ω・`)

ヘッドリラクゼーション40分
これだけお時間いただければ
かなりのお疲れをとれるかと


体を動かす習慣のあるお客様
肩から下はわりと柔らかい

でも首と頭は確かに固い


いてはるのよ

「肩凝りガー」と言ってる割に肩は柔らかい

それよりも首と頭がパツパツに固いっていう

そういう類の方々が一定数


どうやら気付きにくいみたいなんだよね
頭の疲れ 頭の凝りってのは


こういう方々
大概は パソコンと仲良し
(嫌でもやらねばならないから腐れ縁?)

 あるいは終日数字とにらめっこ


マウスカチカチ
キーボードカタカタ
ペンで書き書き

座りっぱなしで
頭はほぼ所定の位置に固定
そのためには 頭を支える首も動けない

目は酷使されるね
イマドキどんな仕事でも酷使されるけど
一般ピーポー以上に酷使しちゃうね

目の疲れは目の周りだけじゃない
頭のあちこちに現れる


今回のお客様は
こうしたカラクリもよく理解されていて
頭や首のお疲れについても自覚されていて

でもなかなかこれがね
自力じゃケアしきれない

そんなときはどうか
お手伝いさせてくださいませ


…40分後

わぁ〜頭軽くなったわ!
めっちゃ楽になったわ!

の次に

あっ首が回る!!

との喜びのお声


首も経済もルーチンワークも

スムーズに回るのが 何よりだぁね

(  ´ω`)

2017年8月24日木曜日

ほんのちょっとが大違い

「コーヒーを飲むと眠れない」

というのが どうしても実感出来ない My Body

むしろ 寝る前の一杯のコーヒーで安眠保証

紅茶や緑茶でも以下同文なので

自分とカフェインとの相性は そんな具合らしい


子どもの頃は 黒髪&直毛&剛毛
日本人形も真っ青になりそうな日本髪だったけど

それなりにオトシゴロな頃は
ちょっとパーマをあててみようと思ったのに
My 頭髪は パーマ液に打ち勝つ勢いで
結局 うまくあたった試しナシ


最近は白髪も増え始め
剛毛の勢いもトーンダウン

だと思ったのに
美容師さんに

「さすがに髪が痩せてきましてねぇ」

と言ったら

えっどこが
むしろ剛毛ちょう健在

という反応をされて


天然パーマって ものすごい憧れだったんですよ
ホンマホンマ


体格
肌や髪の色
小麦がダメな人
米がダメな人
瓜系統がダメな人
果てしなく下戸な人
際限ないザルの人


細菌や植物 動物など
地球上のあらゆる生き物に内蔵されている遺伝子

人間の遺伝子の内
「人間ならでは」の遺伝子は
全体の僅か1%程度

更にその1%の中での
わずかな遺伝子配列の違いで

人それぞれがまさに十人十色

千差万別の特徴を持っている


ほんのちょっとが大違い

偉いモノですよ遺伝子ってのは

2017年8月22日火曜日

回復スピードは年齢と共に順調に落ちているようだ

先日
引っ越しの手伝いをした

搬出は楽々

しかし

搬入は2階まで持ってあがる必要があり

コレで一気に なけなしの体力を持って行かれた

(´□`;)

当然のごとく 翌日はグダグダのバテバテ

筋肉痛は股関節周辺から下腿にかけて
まあそれなりに

階段昇降運動がキイテるぜ☆


それにしても
グダグダのバテバテが回復する実感 みたいなのが

確実に以前よりも無くなってて

筋肉のリカバリースピードの低下をしみじみ
つまりは筋肉細胞の衰えって事?

必要以上に気分が落ち込んでもアレなので
ショックを受けるのはほどほどにして
しっかりとご飯を食べましょう


何となく タンパク質が多めの食卓

せめてもの My 筋肉への愛

2017年8月20日日曜日

気付けばオーガニック

昨秋からの手のぶつぶつは
どうやら 中性洗剤かぶれ が原因だったようで

いわゆる「主婦湿疹」とか言う類のもの

春先に「アンタ中性洗剤つこてるやろ」と言われてから
出来る所から原因を遠ざけるようにはしていた

そして
今月になってようやく
中性洗剤にほぼ触れずに済むようになったら
一気に状態が改善

こういうのはやっぱり
原因を特定して そこから遠ざかるのが最善やね


(  ´ω`)

現在は
食器洗いは固形石鹸

ついでに
髪を洗うのも固形石鹸

キシキシになるねぇ

剛毛&角刈りだった祖父は
固形石鹸で頭も全身もゴシゴシ
そんな昭和な風景を思い出す

祖父の時は洗いっぱなしで良かったけど
流石にワタシの剛毛は
そのままにしてたら翌日目も当てられない

と言う事で
石鹸シャンプーの後は
クエン酸リンスでpHを戻す

酸性アルカリ性を行ったり来たりのあっちこっち

半乾きになったら
ホホバオイルで軽くコーティング


そんな習慣がついて5カ月経過

先日 行きつけの美容院でこの話をしたら

「バリバリのオーガニックですやん!」

と驚かれ

あっコレがオーガニックの世界なのか


今さらながら気付いた次第


自分の中では
前述の 祖父の風呂での様子が根っこにあったので

むしろ昭和回帰というイメージだったんだけど

汚れ落ちを劇的に改善してくれた
界面活性剤ってのが世に出回る前の「洗う」の常識
もしかして
それを今風に言うとオーガニックなのか

「化学製品が良くないとか言いますよね」

まあそうだけど
別に石鹸も酢も重曹なんかも
化学式でフツーに表せるわけで

敢えて言うなら 自分は

「主に石油由来の化学製品と相性が悪い」 のではないかと

個人的には思ってる


ひとしきり そんな話をしていたら
カットも終わり
美容師さんが

「じゃあちょっと
化学製品でシャンプーさせてもらって良いですかね?」

とニヤニヤしながら言うものだから

あー確かにそうも言えるなちげぇねえ
と 爆笑しながらシャンプー台へ

スッキリしましたよ( ´_ゝ`)

2017年8月17日木曜日

上手に使えば役に立つ

病院や診療所に行くと
時々置いてある メジャーな病気についての小冊子
 














とりあえず見つけると
ついつい手に取り そして持ち帰る

たまに 医者から直接
「これとか読んでみてください」
と言われて渡される事もある

直接手渡しの冊子は
場合によっては 医者の説明よりも分かりやすくてだな

(  ´ω`)

何なら それを読んで分からなかった事を
次の受診の時に質問したり


ちゃんと自分の不調と向き合って
きちんと治そうとする(治したいと思っている)
前向きな患者の質問には
医者も喜んで答えてくれる気がする

「しっかり治せよアンタ医者だろ」という
“他力本願なくせに上から目線”ではね

そーいうのはもう時代遅れなのよね

「治したい」「治りたい」と心から思って行動
でも体の不調についての専門知識は殆ど無いのが一般人だから
餅は餅屋で 医療のプロの知恵と技術を使わせてもらう

そんな時に プロとアマの橋渡し役になってくれるような
そんな冊子も あるわけで

まあ 冊子の後半が医療業界の宣伝みたいなのもよくあるけど
( ´_ゝ`)

そういうのはテキトーに読み飛ばそう

上手に使えば役に立つ
そんな冊子もちらほらあるので

待合での時間つぶし程度で良いから
こういう冊子を見つけたら
手に取ってみるのも 面白いかも かも

2017年8月15日火曜日

お盆

今年は実家が祖母の初盆だった
法要の当日には行けなかったので

っていうかお盆の期間中に行ってないので

今月中に行けたらなと
(お供えは送らせてもらった)


そして終戦記念日という事で
その類の番組が沢山流れていたけど
当時を知る方々が 軒並み90歳を優に超えていて

何か色々と感慨

8月はそんな月

日常は淡々と過ぎている

とうとう先日 ゆーだけやのメールマガジンを
スタートしますよ!と告知して

最初の配信でさっそくミスが発覚
スイマセン(タグ間違い)

比較的過ごしやすいお盆だったけど
また暑さが戻ってくるそうで
再び熱中症注意の日々なのだろうか

(´Д` )

どうぞみなさまご自愛めされよ

暑さ疲れも溜まってくる頃
お腹や喉にはご注意を

2017年8月12日土曜日

新陳代謝バンザイ

親戚の子どもちゃん
会うのはせいぜい 1年に1回なので

会う度に

「いや〜大きなったなあ」

ばっかり言うてしまうオバチャンだよ

(  ´ω`)


馴染みの無い大人に囲まれて
最初は固まっていても

30分くらいすれば慣れてくるね

喋るし
走るし
食べるし

んもう活発☆

そうやって活発に動いている最中にも
細胞はどんどん分裂して
体も成長するし
脳も発達するし

子どもは いっときも休む事無く育っていく

いやはや やっぱ凄い存在だなあ と
いつも以上に しみじみ思った 今年の盆休み

2017年8月10日木曜日

ロンドン橋落ちた→補修しましょ

自分は 体の左側に疲れが出やすい

というのは分かっている

それがハッキリしてきたのは やっぱ30代からかな
めっちゃ腰がしんどくなる時期もあったし


腰はストレッチなんかで かなり状態改善
疲れはするけど 以前よりはマシ

なんだけど

この春から夏にかけては
足裏がとにかく疲れやすくなって
それは立つ&歩く時間が多かったせいもあるけど

そもそもの原因はやっぱり

左足にアーチが無い

(  ´ω`)


足でアーチと言ったら まず「土踏まず」
これが「縦アーチ」

ついでに言うたら、土踏まず側のアーチは
親指側=内側の縦アーチで
小指側=外側の縦アーチもあるんだよ

縦があれば横もあって
親指〜小指間のラインも 一直線ではなく
ゆるく「横アーチ」が出来ている

アーチを作ってる3大要素は
骨と筋肉と靱帯

骨と骨を繋ぎ止めているのは靱帯で
これが緩む(伸びる)と 骨同士の位置関係が崩れてくる
それすなわち アーチが崩れるって事だね

縦アーチが崩れると「扁平足」(へんぺいそく)
横アーチが崩れると「開張足」(かいちょうそく)


アーチ=「橋」構造の効果ってすごいんだよね

1) 歩く時の 地面からの衝撃を和らげる効果
2) そして 足を蹴り出して前に進むという力を効率的に使える
3) アーチがしっかりしていると「3点支持」効果で安定性が向上
 ※3点支持は「親指の付け根・小指の付け根・踵」で成立

これが崩れたら
地面からの衝撃はモロに足裏から膝・腰へと伝わるし
歩いて進むという行動にも余分な力が要るし
体のバランスが崩れやすくなって
姿勢を保つのにも余計な労力が要求されるし

まあ 疲れやすくなるわけですな
人によっては 膝に支障が出て来たり

(  ´ω`)

先日
歩きすぎたせいか
いよいよふくらはぎがピキピキし始めたので
メンテナンスに行ったら














ひとまず補修☆
(テーピング)

強制的にアーチを作成してるね
骨の位置関係を矯正しているね

この状態で歩いたら
左脚への体重のかかりかたがガラッと変わって

ああこんなに重心がずれていたんだねえと
実感しましたとさ

2017年8月8日火曜日

台風一過の直後に百足一家がおいでなすった

めっぽうご長寿な台風5号
もうホントに日本全国津々浦々で
雨風をまき散らしてくれてしまって

我が家の周辺では そこそこ大雨
家の前の側溝が浅いので
さすがにそこは池になってた

とりあえず台風が去って やれやれと思ったら
その夜

1階にチビムカデが複数侵入

1匹2匹とやっつけたところで


「これは外を確認じゃ!」


義母があれこれ鉢植えを育てているので
側溝プラス植木鉢の底が 彼らの恰好の住処
それは分かってる

んだけど

そういえば今年は 今まで対策してなかったな
そういえばもう8月だもんな
逆に今までよく平穏だった


懐中電灯で照らしながら
側溝のフタをずらしたり
鉢植えを持ち上げたりしながら
殺虫剤攻撃していたら

いたいたいたいたいた!!!

立派な大人サイズのムカデが
そっちとこっちで 計2匹

ムカデは「つがいで行動する」というのは本当だそうで
今回も ひとまず2匹いてたので ある意味安心

つがいと言っても
夫婦の場合よりも
母子の場合が多いらしいね

どっちが親だったんだろう
何となく貫禄を感じたほうかな

彼らは肉食系節足動物
細かく言えば Not 昆虫

生物分類表によれば

ムカデは
「節足動物門−多足亜門−ムカデ綱」 


昆虫は
「節足動物門−汎甲殻亜門−昆虫綱」

って分かれていくんだって!



さらに調べてみれば
肉食系のムカデは
今まで 家の周りで
ゴキちゃんとかをたくさん食べてくれていた筈
そう言う意味では彼らは益虫扱いされる

しかし

彼らそのものが家に入ってきたらアウトなのだ
人間のワガママで申し訳無い

南無三  (−人−)

2017年8月6日日曜日

菌よさらば

暑いので
少し外出するだけで 滝のような汗

特に相方は 一旦外出すると
次に帰って来た時にはTシャツが塩っぽくなって

るだけならまだ良いんだけど

ごっつ臭くなって


そんなTシャツを1/4日でも洗濯カゴに入れておいてごらんよ

エライ事になるよ

(´Д` )


よく洗濯洗剤のCMなどで「ニオイ菌」と言ってるように
臭いの原因は「汗」そのものではなく「菌」
ついでに「菌の存在そのもの」ではなく「菌が出す代謝産物」

代謝産物は、いわゆる「老廃物」というイメージで
とりあえずは良いんじゃないかな

(  ´ω`)

菌のお名前は「モラクセラ」
いつも人間と共存している菌の一種
いわゆる常在菌

この菌のゴハンが
「衣類についてる人間の皮脂とか水分」で
それが豊富だと 当然どんどん数を増やす

という事で
人間がめっちゃ汗をかく夏は
モラクセラにとってご馳走三昧の日々

人間だって たくさん食べればたくさん排泄する
菌もそれは同じ
しかも菌の数が増えてくから 排泄量もうなぎのぼり

そんなんだから
時々 増えすぎたモラクセラとオサラバしないとね
寂しいけど(そんな事は無い)

そして取り出しましたるは
長らくお蔵入りしていた 酸素系漂白剤
レッツブリーチ

洗濯にコレを追加すれば
無事にTシャツの臭いは消えて
相方の清潔感も復活

気温が高いのも 菌の増殖スピードを上げるから
暑さがもう少しおさまるまで
時々 レッツブリーチを続けるとしますか

2017年8月4日金曜日

背後から袈裟懸けに斬られた気分だった

ある日
ヘッドリラクゼーションのイベント施術に出かけ

若者がやって来た

ヘイらっしゃい!と椅子に座ってもらい

「特にしんどいトコありますか〜」
「きつかったら遠慮無く言うてくださいね〜」

とか言いながら施術をスタートして数分経過
したところで
若者が徐に口を開いた

若者曰わく、

「僕、仕事中に寝そうになるんですけど
そうならないで済む方法って何ですか」

「えっ」

これは不意打ち☆
背後から袈裟懸けに斬られた気分


だってリラクゼーションの席で聞かれるのって

「眠りが浅くって……」

とか

「リラックスする方法が分からないんですよね」

みたいなのが圧倒的に多いのに

今回の若者の悩みは

「どうやったら起きていられるのか」


うーむ……
ちなみにお仕事は何かな?

「受付的なヤツっす」

って事は動かない?

「カウンターで立ちっぱなしっすね」

お仕事は何時から何時?

「21時から翌朝5時……」

寝ろよ

咄嗟に言いそうになったのをグッとこらえ

うーんそうですねーどうかなー

と冷や汗をかきながら施術の手も止めないようにしながら考えたけど

キミたぶんそのお仕事向いてないよ?
っていうかその時間に眠くなるのは
至極当然な人間のシステムだよ?

副交感神経が優位になって体を休めようとしているところを
強制的に交感神経優位へ持っていけと?

ツッコミしか浮かんで来なかった5分間

お役に立てずに申し訳なかった

(´Д` )

あの様子だと 若者は
日中も何かと頑張ってるのではなかろうか
ヘラヘラ遊んでいるという印象は薄く
寧ろ一生懸命 毎日を頑張っている気がする

ちゃんと睡眠時間確保出来てんのかな

24時間営業の都会サイクルに翻弄されてるんじゃないかと
オバチャンは少々心配なのだよ

2017年8月2日水曜日

筋肉 is NOT ゴム

ときどき筋肉談義になると

筋肉の柔軟性などを「ゴム」に喩えて話しているのだけど

実は イマイチしっくり来てなかったのな


そんな時 ストレッチについての番組で

ストレッチの権威(?)な人が言った一言


「筋肉は鎖なんです」


で あーなるほどなるほどと腑に落ちた


(  ´ω`)


アクチンフィラメントと
ミオシンフィラメント

ちょっと性質の違う二つの筋肉のフィラメントの動きは

そうだ鎖にそっくりだ


よし今夜もストレッチで鎖を鍛えてから
布団に入るようにしよう☆

2017年7月31日月曜日

木造家屋と冷房設定28℃の罠

大阪も
スーパー猛暑日まであと少し
(そんな気温まで行かなくて良い)

ヤバイ暑さだった昨日
完全オフの相方は終日インドアを決め込み

エアコンを入れていたのだけど

夕方には
「何かしんどい……」
と つぶやいていた

ちょうデリケート自律神経の持ち主だし
これだけ湿度も凄けりゃ誰でもしんどいわな

と言う事でスルーしたのだけど


本日もヤバイ暑さだった中
完全オフの私が今度はインドア派

そしてエアコンを入れていたのだけど

14時くらいか

「アカンしんどい」

炎天下を自転車で走って帰宅した相方の腕を触ってみると
そっちのほうがヒンヤリ感じて

汗の冷却効果って凄いな!と感心
(気化熱)


いや待て
感心してる場合ちゃう

これは
屋内に居た私のほうが体内に熱が籠もっちゃってるのでは

と ここへ来てようやく気付いた

エアコンの温度設定は28℃だったけど
気密性の低い木造家屋の しかも2階建ての2階

涼しい空気は あちこちから侵入してくる熱波と闘い続けて

室温は30℃あったとさ

という事で

本日の私も
昨日の相方も

おそらく軽く 屋内熱中症

しかもこのパターンは
間違い無く去年もやらかしている

やらかしてから思い出す
1年前の失態

学習しないねえ(´Д` )

2017年7月29日土曜日

お腹がたぷたぷしてきた人、正直に手を挙げなさい

暑さもひどいが
湿度もひどい

真夏を乗り切る体力が試される期間
それが7月下旬

脱水や それに続くヤバイ不調を警戒する相方は
とにかく水分補給だけは怠らず

ぐびぐび

その内容は

湯冷まし&ペットボトル茶が5割
ペプシコーラが1割
コーヒーが1割
倍に薄めた冷蔵ポカリ的なのが1.5割
残り0.5割はアルコール

結果

「ついにお腹がたぷたぷしてきた……」

氷入りのモノは飲んでないけど
冷たい飲み物が大半

それで この有様

この場合のお腹たぷたぷは 胃袋だね
ビール腹たぷたぷ 下腹ぽっこりは元からだからね

( ´_ゝ`)

分かっちゃいるけど止められない
暑い日の冷たい飲み物

お腹が冷えると 機能低下
胃なら当然 消化力の低下
胃袋たぷたぷは 弱ってる証拠

胴体(体幹)の奥は37℃
冬の寒い時期 手足は冷えても
胴体の奥は37℃
肝臓なんかは38℃とかいう話も

活動に必要な温度なんだろうね
或いは 正常に活動していたら
その温度になるのが普通なんだろうね


飲み物に
氷入れるな
しんどいぞ

温かいうどん・そばなどを食べて
なんだかホッコリ落ち着くのも
こんな時期だったりするモンよ


明日の晩ご飯は にゅうめんでもするか


2017年7月26日水曜日

無事終了(だと思うけど)

ひとまずの放送大学第1学期

本日 試験終了した人間だよ

たぶん「無事」終了だと思うけど
こればかりは結果を見なければ分からない

 ともあれ

 ここから





















ここまで











ワンサイクルやってみて

「学習する」という感覚を思い出し
記憶力の低下を嘆きつつ
それでも

また新しい事が分かる楽しさったらないね!
(´∀`)


とはいえ
テストは「単位を取るため」のテストに過ぎない、というのもあって
到底「今回の学びは完了した」とは言えないのだけど

以前 どこかで見た文言

学んだ事は
人に説明出来るようになって
初めて自分の身についたと言えるんだよ

っていうのを 自分なりに実行していかねば!

とは思ってる


学ぶ権利
学べる自由
学びの楽しさ

ありがたいねえ(  ´ω`)